ジェイムズ,ティプトリー・ジュニア

人物・団体ページへ

星ぼしの荒野から

ジェイムズ,ティプトリー・ジュニア

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150112677
ISBN 10 : 4150112673
フォーマット
出版社
発行年月
1999年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
510p;16

内容詳細

〈受賞情報〉星雲賞海外短篇部門(第31回)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kariya さん

    再読。郷愁と喪失感、感情としては実にありふれているが、ティプトリー作品のほぼ大半に通底しているのは、永遠に辿り着けない/得られないものが対象だから少し話が違う。傑作も多いこの短編集で、挙げるとするなら「たおやかな狂える手に」。生まれつきの容貌から蔑まれてきたヒロインは、切望した星の世界での度重なる乗組員の虐待に狂い、同僚を殺害して船を奪う。幼い頃から励ましてくれた声の住む、”豚の帝国”を1人目指して。狂気と渇望の果ての、苦くはあるが美しい結末までも含めて、いつまでも胸に刻まれる全てにおいて驚くべきSF。

  • 記憶喪失した男 さん

    「ラセンウジバエ解決法」はいろいろなことを連想して面白かった。「天国の門」も良作だが、オチはいまいち。同じ出だしで作りなおす価値のある作品だろう。他の短編は宇宙旅行と宇宙人を扱ったものが多いが、どれもこれだという衝撃はない。

  • ゆう さん

    SFは面白いんだけど、イメージがしやすいものは楽しく読め、しにくいのは難しい。8割くらいは面白く読めたので、良かった。ちなみに短編集です。星ぼしの荒野から、天国のはお気に入りです。たおやかな狂える手に、は読んでいて合わないなって思いました。

  • chloe さん

    30数年から40年も前に書かれた作品群であることにかすかに慄然とする。未だに私はこれらに重いリアリティを感じる世界に生きている。たやすくC.P(但し決して『アウルン』にたどり着くことの無い)の人生に陥る社会に住んでいる。つらさのあまり、一日1ページも読めなかった日もあった。

  • ゲットアップウィズイット さん

    昔読んだ時は読んでも世界や人物が上手く思い描けなくて読めない作品が多かったけど、ほぼ10年ぶりに読み返したらとりあえず全部読めることは読めた。ラセンウジバエ解決法の緊迫感は海外ドラマにしたらハマりそう。われら<夢>を盗みし者、エイリアンの話だけどこれは人類の歴史にも似た例を見つけることが出来ると思う。表題作は確かに今回読んでみてなかなか良いと思ったが、この本のクライマックスはやはりたおやかな狂える手にだと思う。孤独、星、宇宙、愛が巧みに織り込まれた素晴らしい作品。たったひとつの冴えたやり方と同じかそれ以上

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品