ロスト・シング

ショーン・タン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309273303
ISBN 10 : 4309273300
フォーマット
出版社
発行年月
2012年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
1冊 32×24cm

内容詳細

ぼくが見つけたのはへんちくりんな迷子。そいつの居場所を探すふしぎな旅が始まった―。

【著者紹介】
ショーン・タン : 『アライバル』で「この絵本が好き!」第一位、アングレーム国際コミック・フェスティバル最優秀作品賞受賞。リンドクレーン記念文学賞受賞。第83回アカデミー賞短編アニメーション部門受賞(原作)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 馨 さん

    なんか相当色々なことを考えさせられました。私も今までの人生で、忘れてしまっているかもしれない記憶の中にこういう経験あったのではないだろうか?なかったことにできることなんて何一つないのに自分の都合の良いように終わらせてきたことはないだろうか?1つ1つの経験に、出会いにもっと深く真剣に向き合いたいと思いました。

  • KAZOO さん

    やはりショーン・タンの絵本というのはいくつか読んでいるのですが、いつも楽しくなります。若干不気味さもあったりするのですが、なんかこっけいさも感じたりします。特に色調が茶系統で落ち着くような気がします。また日本語もうまく訳されていて絵になじんでいます。

  • 積読亭くま吉(●´(エ)`●) さん

    ★★★★あの日見つけたソレを思い出すことで、何かをなくした事に気が付いた。なくした物が何だったのか、今でもよく分かってはいない。大切なものだったのか、愛しい何かだったのか…ただ、とてもとても楽しかった事だけは覚えているんだ。あの日見つけたソレは、最後まで何なのかさっぱり分からなかったけれど、どうやら私は、何かをなくしたらしい。やっぱりそれがどんな物だったのか、ちっとも分からないんだけれど…楽しかった事だけは忘れられないんだ。どんなに何かをなくしても、楽しかった事だけは決してわすれられないんだ。

  • どんぐり さん

    ショーン・タンの風変わりな絵本。海辺で迷子になっているティポットにタコ足が出たヤドカリ姿の不思議な生き物。ピート少年が迷子を家に連れて帰り、翌朝、迷子の居場所探しに市電に乗って街へ繰り出す。記号を追って辿り着いたのは名もない路地の奥。扉があり、開くと迷子が嬉しそうな鳴き声を上げる。どこがいいのかよくわからないまま読み終える。エドワード・ホッパーの『日曜日の早朝』のパロディ絵があり、見比べた。ショーン・タンの絵はシュールだわ。

  • ♪みどりpiyopiyo♪ さん

    ぼくが見つけたのはへんちくりんな迷子。そいつの居場所を探すふしぎな旅が始まった―。■サイバーパンク?な絵本を読みました。少年が海辺で出会ったのは、機械だか生きものかわからないような 意思のありそな大きな何か。仲良くなってみたけれど、あれ?もしかして… ■シュールリアリズムのダリやクレーの絵を思わせる幻想的な絵と、物理や数学の切り貼りが不思議な世界を醸す中でのハートウォーミングなお話。迷子ちゃん、良かったね♪ アカデミー賞受賞映画の原作絵本です。(2000年)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品