ショスタコーヴィチ(1906-1975)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Sym.10: K.sanderling / Berlin.so

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BC90182
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
美しい演奏です。感銘を受けます。

投稿日:2013/10/14 (月)

美しい演奏です。感銘を受けます。

カズニン さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
ザンデルリングはドイツ人だが、ユダヤ系で...

投稿日:2011/09/21 (水)

ザンデルリングはドイツ人だが、ユダヤ系でもあり、ソ連に身を移したら、スターリンが居た。この暴君体制のの時代を、ショスタコーヴィッチとともに、経験し、研鑽を積んだザンデルリング。東独時代もドイツ・シャルプラッテンの数多くの録音で虚心坦懐、骨太の演奏を聴かせ、西側でも名をはせ、東独崩壊後は、名実ともに巨匠となって各オーケストラで名演を聴かせてくれた。東独時代の名刺代わりになるこの名演奏、カラヤン盤と双璧。時代の音がこちらには、濃厚に込められている。冥福を祈ります。彼の残してくれた演奏を、聴き続ける。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

「わたしの交響曲は墓碑である」という“証言”の中の言葉によって象徴されるショスタコーヴィチの音楽と生涯への価値観の変質は、今もって盛んな議論と研究、演奏解釈によって再認識過程の最中にあるとも言えますが、作品によってはすでに演奏年数も75年に及び、伝統と新たな解釈の対照がごく自然におこなわれてきているとも言えそうです。 圧政と戦争の象徴でもあったソビエト共産主義社会の中に生き、そして逝ったショスタコ

プロフィール詳細へ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品