ショスタコーヴィチ(1906-1975)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲第11、12番、他 ヤルヴィ&エーテボリ交響楽団

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
459415
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD

商品説明

ネーメ・ヤルヴィ/ショスタコーヴィチ:交響曲第11番、第12番他

CD1:
ショスタコーヴィチ:
・交響曲第11番ト短調Op.103『1905年』
・交響詩『10月革命』Op.131
・ロシアとキルギスの民謡の主題による序曲Op.115

CD2:
・交響曲第12番ニ短調oP.112『1917年』
・組曲『ハムレット』Op.32a
・バレエ『黄金時代』組曲Op.22a

 エーテボリ交響楽団
 ネーメ・ヤルヴィ(指揮)
 録音:1989年(デジタル)

収録曲   

  • 01. Symphony No 11 - 1. The Peace Square
  • 02. Ninth Of January
  • 03. In Memoriam
  • 04. Toscin
  • 05. October, Op. 131
  • 06. Overture On Russian And Kirghiz Folk Themes, Op. 115
  • 07. Symphony No 12 Op 112 -the Year 1917-, I Revolutionary Petrograd
  • 08. Symphony No 12 Op 112 -the Year 1917-, Ii Razliv
  • 09. Symphony No 12 Op 112 -the Year 1917-, Iii Aurora
  • 10. Symphony No 12 Op 112 -the Year 1917-, Iv The Dawn Of Humanity
  • 11. Hamlet (suite) Op 32a, I Introduction And Night Patrol
  • 12. Hamlet (suite) Op 32a, Ii Funeral March
  • 13. Hamlet (suite) Op 32a, Iii Flourish And Dance Music
  • 14. Hamlet (suite) Op 32a, Iv The Hunt
  • 15. Hamlet (suite) Op 32a, V Pantomine Of The Actors
  • 16. Hamlet (suite) Op 32a, Vi Procession
  • 17. Hamlet (suite) Op 32a, Vii Musical Pantomine
  • 18. Hamlet (suite) Op 32a, Viii Banquet
  • 19. Hamlet (suite) Op 32a, Ix Ophelia's Song
  • 20. Hamlet (suite) Op 32a, X Cradle Song
  • 21. Hamlet (suite) Op 32a, Xi Requiem
  • 22. Hamlet (suite) Op 32a, Xii Tournament
  • 23. Hamlet (suite) Op 32a, Xiii Fortinbras's March
  • 24. Age Of Gold (suite) Op 22a, I Introduction
  • 25. Age Of Gold (suite) Op 22a, Ii Adagio
  • 26. Age Of Gold (suite) Op 22a, Iii Polka
  • 27. Age Of Gold (suite) Op 22a, Iv Dance

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
明快で分かり易い演奏です。録音もいい。

投稿日:2013/05/16 (木)

明快で分かり易い演奏です。録音もいい。

カズニン さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
11番・12番とも良いと思う。 ヤルヴィ...

投稿日:2011/04/10 (日)

11番・12番とも良いと思う。 ヤルヴィならではのスピードのある キレの鋭い演奏だ。 惜しむらくは、エーテボリ響すべての演奏に いえるのだが、残響が大きすぎて 音像がはっきりしない部分もある。 2・3番同様優秀な演奏だ。

abbadondon さん | 栃木県 | 不明

0
★
★
★
★
★
2010年5月の朝日新聞群馬版で群馬交響楽団(...

投稿日:2010/12/26 (日)

2010年5月の朝日新聞群馬版で群馬交響楽団(群響)の新しい主席指揮者兼芸術アドバイザー並びにコンサートマスターが就任し、そのお披露目コンサートで演奏するショスタコーヴィッチの交響曲第12番を高く評価している記事を読みました。 ショスタコーヴィッチの交響曲はハイティンクの指揮で全曲持っているつもりだったのですが、第12番は持っていませんでした。ハイティンクの指揮の盤を買うことも考えましたが、ハイティンクがショスタコーヴィッチの交響曲で組んでいるコンセルトヘボウ管とロンドン・フィルの音はあまり肌に合いません。 ヤルヴィ&エーテボリ交響楽団 のこのCDをみつけてボロディンの交響曲第2番の素晴らしい演奏が耳によみがえってきました。ショスタコーヴィッチでもきっといい演奏をしてくれるに違いないと思い購入しました。そして期待は裏切られませんでした。分厚い弦楽器群と管楽器のうまさがいいです。 ソ連の歴史といちいちつきあわせることはないですが、第4楽章を「人類の夜明け」と名付けたショスタコーヴィッチがソ連の崩壊とその後の旧ソ連諸国の姿を見ずに生涯を終えられてよかったですね、とは言いたい。

ガメラ さん | 群馬県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

「わたしの交響曲は墓碑である」という“証言”の中の言葉によって象徴されるショスタコーヴィチの音楽と生涯への価値観の変質は、今もって盛んな議論と研究、演奏解釈によって再認識過程の最中にあるとも言えますが、作品によってはすでに演奏年数も75年に及び、伝統と新たな解釈の対照がごく自然におこなわれてきているとも言えそうです。 圧政と戦争の象徴でもあったソビエト共産主義社会の中に生き、そして逝ったショスタコ

プロフィール詳細へ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品