シューベルト(1797-1828)

人物・団体ページへ

CD

交響曲第9番『グレート』、他 ケンペ&ミュンヘン・フィル 

シューベルト(1797-1828)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICC57
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

シューベルト:交響曲第9番《グレート》、他
ケンペ&ミュンヘン・フィル

1968年5月ステレオ録音。左右いっぱいに広がるステレオ空間に余裕を持って定位する各楽器の音色がほどよい明るさを伴って美しく収録されており、第2ヴァイオリン右側の楽器配置も非常に効果的です。
 演奏は全体に非常に精力的なもので、速めのテンポと豪快な表情付けによるノリノリの音楽が、作品本来の無窮動的な性格に合致してたまらない快感を呼び起こします。
 組み合わせの《メタモルフォーゼン》は、一転して歌にあふれた演奏で、つややかで美しいサウンドと豊かな抑揚を伴った芳醇なアプローチが、たとえばクレンペラーのような禁欲的な《メタモルフォーゼン》とは正反対の印象を与えてくれます。
 この作品のレコーディングは、さまざまな演奏家によっておこなわれてきましたが、ここまで感覚的な美しさを志向した演奏は聴いたことがありません。あるいは23楽器すべてに配慮するとこうなるということなのでしょうが、このパート・バランスはある意味で非常に魅力的です。
 スコアを常に想起させながら、しかも常に推進力に富み、おまけに響きは美しいという、まさに稀有な演奏の嬉しいCD化です。

シューベルト:交響曲第9番『グレート』
R.シュトラウス:『メタモルフォーゼン』
ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
ルドルフ・ケンペ(指揮)

内容詳細

ミュンヘン・フィルの音楽監督就任直後にケンペが独CBSに残した録音の内でも白眉。チェリビダッケとは神経質な程の緊迫感を奏でていた同じオーケストラから、彼らの本質である、肩の力の抜けて明るい楽想あふれる演奏を引き出したケンペの実力に喝采。(田)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
15
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
さあ、「グレート」を聴こう、という時、ケ...

投稿日:2012/02/04 (土)

さあ、「グレート」を聴こう、という時、ケンペのこの純ドイツ風演奏か、ジュリーニ&CSOの個性的演奏かでいつも迷います。が、併録の「メタモルフォーゼン」がサー・ジョン・バルビローリ盤と並んであまりに素晴らしいので、ケンペ盤を聴くことが多いかなあ。ドイツ人の尊敬を集め、ドイツ人にいや世界中の愛好家から愛されていたケンペ。ミュンヘン五輪テロの追悼式で、「英雄」の第2楽章を指揮していたのは、ケンペではなかったかしら(違っていたら訂正を)。「メタモルフォーゼン」の主題引用のところにさしかかると、いつも思い出します。一転「グレート」では、冒頭のホルンから聴き手を引き付け一気に終楽章まで誘ってくれます。出会えてよかった名演です。

淳メーカー さん | 愛知県 | 不明

1
★
★
★
★
★
SACDは知りませんが、CDと比べてずつと素晴...

投稿日:2011/09/18 (日)

SACDは知りませんが、CDと比べてずつと素晴らしくなつたと思ひます。広がりと奥行き、低音、分離がよくなつて、豊かさ美しさがずつと増しました。以前のCDが平面的で、高音がキンキンし・・と聞えてきました。「グレート」はご多分に漏れずフルトヴェングラーで聴くことが多く、ベーム、ジュリーニその他を聴いてもそれほどピンとは来ず、ケンぺを聴いたとき初めて、この作曲家の湧き立つ歓喜(度を越した?)が感じられました。Blue-specのおかげでそれがハツキリ分かりました。ほかの作品からは、どうしても別れとか、死とかを感じてしまひ、未完成ではスゴイと思へたフルトヴェングラーでも、この曲を全曲通しては、圧倒はされても、本当にはよくわかつてゐなかつたのです。ケンぺのおかげで、ワルターもまた聴き直してみよう、と思ふやうにもなりました。録音がかうして変化して、曲が違つて聞えてくるのは、嬉しいことではありますが、いままで何を聴いてきたのか?といふ疑問を持たされることにもなり、たぶん多くの人の経験なのでは。(しかし新たな改善盤が、どれもが必ずよくなつてゐるのとは違ふ経験も、かなりしてゐます。どうなつてゐるのだらう。)

JCS さん | 神奈川県 | 不明

1
★
★
★
★
★
本盤におさめられたシューベルトの交響曲第...

投稿日:2011/07/09 (土)

本盤におさめられたシューベルトの交響曲第9番「ザ・グレイト」とR・シュトラウスのメタモルフォーゼンは、ケンペによる最晩年の演奏である。ケンペの演奏の特徴を一言で言えば、質実剛健ということになるのではないだろうか。ケンペの演奏には楽曲を華麗に描き出したり、はたまた艶やかに磨き抜いたりするということはいささかもなく、全体の造型をいささかも弛緩させることなく、楽想を剛毅かつ重厚に描き出して行くというものであると言える。したがって、演奏にはおよそエンターテインメント的な要素など薬にもしたくもなく、華やかさなどとも無縁であるが、一聴すると武骨にさえ感じさせる各フレーズには奥深い情感が込められており、ある意味では噛めば噛むほどに味が出てくるような含蓄のある演奏とも言えるのではないかと考えられる。とりわけ、晩年にミュンヘン・フィルとともに行った演奏において、かかる奥行きの深さが顕著にあらわれているところである。そのようなケンペも、まだまだこれからという1970年に鬼籍に入ってしまったというのは極めて残念ではあるが、それだけに本盤の演奏を含め、ミュンヘン・フィルと行った数々の晩年の演奏は、今後とも決してその存在価値を失うことがない素晴らしい名演揃いであると言っても過言ではあるまい。シューベルトの交響曲第9番「ザ・グレイト」の演奏はきわめて難しいと言えるが、ケンペは造型の堅固さと、彫の深さによって、ベートーヴェンの偉大な交響曲にも比肩し得るような立派な大交響曲に仕立て上げていると言える。それでいて、テンポは若干早めであるとともに、トゥッティに向けて畳み掛けていくような気迫、そしてトゥッティにおける豪快さなど、強靱な迫力においてもいささかも不足はないと言えるところだ。正に本演奏は、ケンペの質実剛健とも言うべき芸風が最大限に発揮された素晴らしい名演と高く評価したい。他方、R・シュトラウスのメタモルフォーゼンは、シューベルトとは異なり、豊かな歌心に満ち溢れた美しい響きが支配しており、ケンペとしては珍しいタイプの演奏とも言えるだろう。しかしながら、豊穣な弦楽合奏の端々から漂ってくる奥深い情感には人生の諦観を感じさせるような枯れた味わいがあると言えるところであり、これは、ケンペとしても最晩年になって漸く到達し得た清澄な境地と言えるのではないだろうか。いずれにしても、本演奏は最晩年のケンペだけが描出し得た至高・至純の高みに聳え立つ超名演と評価したいと考える。音質は従来盤でも十分に満足し得る高音質であったが、数年前に発売されたBlu-spec-CD盤がよりベターな音質であったと言える。しかしながら、先日、本盤におさめられた両曲のうち、シューベルトの交響曲第9番「ザ・グレイト」について、ESOTERICがSACD化を行ったところであり、これによって見違えるような鮮明な高音質に生まれ変わったところである。今後は、メタモルフォーゼンについても、ESOTERICでもソニークラシカルでもいいので、是非ともSACD化をしていただくことを大いに要望しておきたいと考える。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

1

シューベルト(1797-1828)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド