シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Also Sprach Zarathustra, Ein Heldenleben: Reiner / Cso

シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9026614942
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

収録曲   

  • 01. Also Sprach Zarathustra, Op. 30: Dance Song and Night Song
  • 02. Ein Heldenleben, Op. 40: The Hero's Retreat from the World and Fulfillment
  • 03. Also Sprach Zarathustra, Op. 30: Dirge
  • 04. Ein Heldenleben, Op. 40: The Hero's Adversaries

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
15
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
XRCDやESOTERICなどで超高音質なCDをプロデュ...

投稿日:2013/01/25 (金)

XRCDやESOTERICなどで超高音質なCDをプロデュースしている杉本一家をして、屈指の名録音と言わしめた、ステレオ最初期の名盤。これが1954年の収録とは驚くほかない。ステレオ録音は、登場とともに完成されていたのかもしれないとさえ思わせる。演奏も、ライナーならではの歯切れの良いもので、リヒャルトを得意とした彼の面目躍如たるものだ。

遊悠音詩人 さん | 埼玉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
1954年録音とは全く信じられない。レン...

投稿日:2011/11/10 (木)

1954年録音とは全く信じられない。レンジは広く、部屋の端から端までまんべんなく音楽が溢れ出てくる。演奏は男性的で豪快だ。ツァラトゥストラはカラヤンとの比較だが、カラヤンよりも芯が強い。しかし、歌うところはカラヤンの方が美しい。しかし、この素晴らしい音がSACDのお陰なら、昔買ったミュンシュの普通CDの名盤をどう扱ったら良いのだろう?

顕 さん | 岐阜県 | 不明

0
★
★
★
★
★
リビングステレオシリーズの録音の良さは、...

投稿日:2011/06/18 (土)

リビングステレオシリーズの録音の良さは、各評価本、雑誌などで話題になっており以前から一度聴かねばと思っていた。1950年代の録音でしょ、普通は音質が悪いのが当たり前。下手したらAMラジオを下回る音質の盤も出かねない時代の録音。ごめんなさい、なめてました。本当に本当に、素晴らしい。突き抜ける音質、音量。オケの録音ものは、コンサートで聴く音質・音状を再現することが非常に困難。にもかかわらずこの録音は本当に目の前で本物のオーケストラが自分だけのために演奏してくれている、そう思わせます。演奏も最高品質、音質も最高品質。生きていて良かった。クラシックが好きで良かった。そう思わせてくれる真の名盤。

I love Bach さん | 新潟県 | 不明

4

シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品