シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

管弦楽作品集、協奏曲集、4つの最後の歌、他 カラヤン&ベルリン・フィル、メネセス、トモワ=シントウ、他(5CD)

シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4779814
組み枚数
:
6
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

DG Collectors Edition
リヒャルト・シュトラウス作品集(5CD)
カラヤン&ベルリン・フィル


単売では久々の復活となる『ドン・キホーテ』&『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』と、トモワ=シントウとの『4つの最後の歌』ほかという1980年代なかばの名盤2枚を含むカラヤンのリヒャルト・シュトラウス名演集。
 ほかの収録作品も、『英雄の生涯』が1985年、『ツァラトゥストラ』が1983年、『死と変容』と『ドン・ファン』が1982年、『アルプス交響曲』と『メタモルフォーゼン』が1980年、は1980年と、80年代の名演奏がズラリと揃えられており、これに1973年の『サロメの踊り』とホルン協奏曲第2番、1969年のオーボエ協奏曲が収録されています。
 『英雄の生涯』は、この作品を得意としたカラヤンの結論的名演とされるものですし、また、唯一の録音にして至高の名演となった『アルプス交響曲』はじめ、どれも晩年のカラヤンならではの大らかな味わいが素晴らしい名演となっています。

【ドン・キホーテ】
1986年録音。カラヤンとしてはフルニエ、ロストロポーヴィチに続く3度目の『ドン・キホーテ』、ここでは当時新進だったアントニオ・メネセスをチェロ独奏に迎え、前2回とは異なるコンセプトが話題を呼びました。前2回がいわば大物ソリストとの協奏曲的なやりとりが呼び物だったのに比べ、作品のシンフォニックな側面をより重視する姿勢へと転じ、この作曲家ならではの華麗にして複雑膨大な管弦楽法をことごとく音化しています。
 文豪セルバンテスの名作小説に基づき、騎士ドン・キホーテの奇行の数々を音楽で描くという試みは、前作『ツァラトゥストラはかく語りき』で哲学者ニーチェの世界観を音化したR.シュトラウスにとっても、挑戦しがいのある題材だったのでしょう。実際、ここでは『ツァラトゥストラ』をはるかに上回るという多彩にして緻密な技法が盛り込まれているばかりか、第7変奏「ドン・キホーテの空中騎行」で効果を発揮するウィンドマシーンなど特殊楽器の導入も含め、文字どおりあらゆる手段に訴えて幻想的な小説の世界をみごとに音化しているのですが、その複雑さゆえに演奏は至難とされ、独奏チェロとヴィオラという独自の要素も絡んで、指揮者には格別の実力が要求される作品でもあります。
 こうした難曲だけに、カラヤンにとっても自分の腕前を示すには絶好の作品だったとみえて、3度もレコーディングをするほど同曲はお気に入りだったようです。この作品をレパートリーとして定期的に録音しているほとんど唯一の指揮者がカラヤンであり、そのカラヤン無くしては至難の傑作『ドン・キホーテ』もここまで広く聴かれることもなかったのではないかとさえ思えてきます。このカラヤン3度目の『ドン・キホーテ』では、もはや融通自在といいたいみごとな棒さばきがとにかく秀逸。演奏時間40分を越える巨大な変奏曲である作品の複雑多彩な構成を、自然体でさばいてゆくあたりはやはり別格。録音が優秀であることも含め、カラヤン晩年の至芸を隅々まで味わえる仕上がりとなっています。(HMV)

【収録情報】
CD1
R.シュトラウス:
1. 交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』 Op.30(1983年デジタル録音)
2. 交響詩『ドン・ファン』 Op.20(1982年デジタル録音)
3. オーボエ協奏曲ニ長調(1969年ステレオ録音)

CD2
1. 交響詩『ドン・キホーテ』 Op.35(1986年デジタル録音)
2. 交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』 Op.28(1986年デジタル録音)
3. 『サロメ』〜7つのヴェールの踊り(1973年ステレオ録音)

CD3
1. 交響詩『英雄の生涯』 Op.40(1985年デジタル録音)
2. 交響詩『死と変容』 Op.24(1982年デジタル録音)

CD4
1. アルプス交響曲 Op.64(1980年デジタル録音)
2. ホルン協奏曲第2番変ホ長調(1973年ステレオ録音)

CD5
1. 4つの最後の歌(1985年デジタル録音)
2. 歌曲『東方の聖なる3人の王たち』 op.56-6(1985年デジタル録音)
3. 歌劇『カプリッチョ』 Op.85より『月光の音楽』(1985年デジタル録音)
4. 歌劇『カプリッチョ』 Op.85より『伯爵令嬢のモノローグ』(1985年デジタル録音)
5. メタモルフォーゼン(1980年デジタル録音)

 アントニオ・メネセス(CD2-1:チェロ)
 アンナ・トモワ=シントウ(CD5-1〜4:ソプラノ)
 ローター・コッホ(CD1-3:オーボエ)
 ノルベルト・ハウプトマン(CD4-2:ホルン)
 トマス・ブランディス(CD1-1:ヴァイオリン)
 レオン・シュピーラー(CD2-1、CD3-1:ヴァイオリン)
 ヴォルフラム・クリスト(CD2-1:ヴィオラ)
 パウル・ヴォルフルム(CD5-4:バス)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Also sprach Zarathustra (Thus Spoke Zoroaster), tone poem for orchestra, Op. 30 (TrV 176): Einleitung
  • 02. Also sprach Zarathustra (Thus Spoke Zoroaster), tone poem for orchestra, Op. 30 (TrV 176): Von den Hinterweltlern
  • 03. Also sprach Zarathustra (Thus Spoke Zoroaster), tone poem for orchestra, Op. 30 (TrV 176): Von der gro゚en Sehnsucht
  • 04. Also sprach Zarathustra (Thus Spoke Zoroaster), tone poem for orchestra, Op. 30 (TrV 176): Von den Freuden und Leidenschaften
  • 05. Also sprach Zarathustra (Thus Spoke Zoroaster), tone poem for orchestra, Op. 30 (TrV 176): Das Grablied
  • 06. Also sprach Zarathustra (Thus Spoke Zoroaster), tone poem for orchestra, Op. 30 (TrV 176): Von der Wissenschaft
  • 07. Also sprach Zarathustra (Thus Spoke Zoroaster), tone poem for orchestra, Op. 30 (TrV 176): Der Genesende
  • 08. Also sprach Zarathustra (Thus Spoke Zoroaster), tone poem for orchestra, Op. 30 (TrV 176): Das Tanzlied
  • 09. Also sprach Zarathustra (Thus Spoke Zoroaster), tone poem for orchestra, Op. 30 (TrV 176): Das Nachtwanderlied
  • 10. Don Juan, tone poem for orchestra, Op. 20 (TrV 156)
  • 11. Oboe Concerto in D major, o.Op. 144 (TrV 292, AV 144): 1. Allegro moderato - Vivace - Tempo primo
  • 12. Oboe Concerto in D major, o.Op. 144 (TrV 292, AV 144): 2. Andante
  • 13. Oboe Concerto in D major, o.Op. 144 (TrV 292, AV 144): 3. Vivace - Allegro - Tempo primo

ディスク   2

  • 01. Don Quixote, fantastic variations for cello & orchestra, Op. 35 (TrV 184): Introduktion. Miges Zeitma - Thema
  • 02. Don Quixote, fantastic variations for cello & orchestra, Op. 35 (TrV 184): Variation 1. Gemchlich
  • 03. Don Quixote, fantastic variations for cello & orchestra, Op. 35 (TrV 184): Variation 2. Kriegerisch
  • 04. Don Quixote, fantastic variations for cello & orchestra, Op. 35 (TrV 184): Variation 3. Miges Zeitma
  • 05. Don Quixote, fantastic variations for cello & orchestra, Op. 35 (TrV 184): Variation 4. Etwas breiter
  • 06. Don Quixote, fantastic variations for cello & orchestra, Op. 35 (TrV 184): Variation 5. Sehr langsam
  • 07. Don Quixote, fantastic variations for cello & orchestra, Op. 35 (TrV 184): Variation 6. Schnell
  • 08. Don Quixote, fantastic variations for cello & orchestra, Op. 35 (TrV 184): Variation 7. Ein weing ruhiger als vorher
  • 09. Don Quixote, fantastic variations for cello & orchestra, Op. 35 (TrV 184): Variation 8. Gemchlich
  • 10. Don Quixote, fantastic variations for cello & orchestra, Op. 35 (TrV 184): Variation 9. Schnell und strmisch
  • 11. Don Quixote, fantastic variations for cello & orchestra, Op. 35 (TrV 184): Variation 10. Viel breiter
  • 12. Don Quixote, fantastic variations for cello & orchestra, Op. 35 (TrV 184): Finale. Sehr ruhig
  • 13. Till Eulenspiegels lustige Streiche (Till Eulenspiegel's Merry Pranks), tone poem for orchestra, Op. 28 (TrV 171)
  • 14. Salome's Dance, for orchestra (from the opera; aka 'Dance of the Seven Veils') (TrV 215a)

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
難解なR.シュトラウスですが、そう思う方は...

投稿日:2018/01/27 (土)

難解なR.シュトラウスですが、そう思う方は「4つの最後の歌」を聴いてください。大変な美しさです。

せごびあ さん | 愛知県 | 不明

1
★
★
★
★
★
晩年のカラヤンらしくスケールの大きいゴー...

投稿日:2013/01/31 (木)

晩年のカラヤンらしくスケールの大きいゴージャスな音楽だ。R.シュトラウスはカラヤンの十八番だけに、カラヤンのオーケストラになってしまったベルリンフィルを思いのまま操る。壮麗な響きは大伽藍のようですらある。「英雄の生涯」は最後の来日公演を思わせるような表現で、トモワ=シントウとの「最後の4つの歌」は、ヤノヴィッツとの演奏に比べ、耽美性が増している。LP時代やCD初期なら、5枚組1万円以上はしたであろうセットが、これだけ安く手に入るのが何より嬉しいことだ。

eroicka さん | 不明 | 不明

2
★
★
★
★
★
とにかくカラヤン大好きです。作為的と言わ...

投稿日:2012/01/26 (木)

とにかくカラヤン大好きです。作為的と言われようがあの指揮姿や美しく豊穣な音響の海に浸ってしまったらもう戻れません。中でもやはり彼が最も共感を持って演奏していたのがリヒャルトシュトラウスではないでしょうか?音楽の運びに迷いがなく,自信に満ちあふれています。特にこのセットは晩年のデジタル録音が中心なので,70年代の物よりもオケを厳格にコントロールしていない(様に聴こえる?)分,良い形で各奏者の自発性の発露があると思います。お勧めです。

4

シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品