シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

人物・団体ページへ

Hi Quality CD

『ツァラトゥストラはかく語りき』『ティル・オイレンシュピーゲル』『ドン・ファン』、他 ヘルベルト・フォン・カラヤン&ウィーン・フィル

シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCD40002
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
Hi Quality CD
その他
:
限定盤

商品説明

ハイレゾCD名盤シリーズ
【MQA-CD】【UHQCD】【グリーン・カラー・レーベルコート】【スリムケース帯】【生産限定盤】

記念すべきカラヤンのデッカへの第1弾録音。カラヤンはウィーン・フィルを指揮した名演をデッカ・レーベルにも数多く遺しました。壮年期のカラヤンの溌剌とした指揮と名門オーケストラのいぶし銀のような演奏が絶妙に絡み合った白熱の演奏です。1959−60年録音/2004年マスター。(メーカー資料より)


★オリジナル・テープから英Classic Soundにて2004年に制作したDSDマスターを352.8 kHz/24bitに変換して収録。
★解説付

リヒャルト・シュトラウス(1864-1949)
1-9 交響詩《ツァラトゥストラはかく語りき》作品30
10 交響詩《ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら》作品28
11 7つのヴェールの踊り(楽劇《サロメ》作品54から)
12 交響詩《ドン・ファン》作品20

 ヴィリー・ボスコフスキー(ソロ・ヴァイオリン)(1-9)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン

 録音:1959年3月9,10日(1-9)、1960年6月22-30日(10,12)、9月(11)ウィーン、ゾフィエンザール

※ハイレゾCD名盤シリーズは、全てのCDプレーヤーで再生可能 (44.1kHz/16bit) な高音質CD (UHQCD)です。
※MQA対応機器を使用すれば、元となっているマスター通りのハイレゾ・クオリティで再生することができます。(メーカー資料より)

※本シリーズは当初、DSDマスターを176.4kHz/24bitに変換して収録する予定で、商品の外装(帯)にもそのように表記していますが、 制作段階において、より音質面でのアドバンテージが認められた、352.8 kHz/24bitでの収録に変更させていただきました。(ユニバーサル ミュージック)

内容詳細

「ツァラトゥストラ」は、デッカへの最初の録音となったもの。ウィーン国立歌劇場の総監督時代で、ウィーン・フィルとの蜜月時代の、最高にかっこ良かったころ。颯爽としたカラヤンの指揮が聴ける。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
素晴らしい演奏と音質です。

投稿日:2014/05/20 (火)

素晴らしい演奏と音質です。

カズニン さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
ツァラトゥストラは、確か、LP時代としては...

投稿日:2013/05/22 (水)

ツァラトゥストラは、確か、LP時代としては初めてカラヤンがウィーンPOと組んで出した録音だと思う。これを聴く度にその初登場に感動したことを思い出す。演奏は後のものより、ストレートな推進力を感じる。若きカラヤンではあるが、彼一流の粘り、盛り上げはすでに十分。壮大で美しいツァラを聴かせてくれる。ティルは一口に言って軽妙洒脱、ドン・ファンは豪華絢爛と言う印象だが、いずれも色彩豊かに感興深く、R・シュトラウスの世界を描き切っている。ただ当CDの飛行士・カラヤンの意匠はいかがなものか。どうも音楽の中身とはそぐわないように思うが・・。

なごやん さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
「ツァラトゥストラはかく語りき」について...

投稿日:2009/06/14 (日)

「ツァラトゥストラはかく語りき」について・・・1968年公開のキューブリック監督映画「2001年宇宙の旅」オープニングとエンディングに印象的に使われたソースと思われる演奏です。私も映画の筋書きは今一分かりませんでしたが鮮やかな音楽にはショッキングでした。さて、演奏は後年2回BPOとDGにカラヤンは収録するのですがBPOのとはその合奏力というかその凄さ・精緻さが増して行った様ですが1959年収録の本盤はオホケストラVPOの美しさがその演奏時間32分余に堪能出来ます。個人的には1973年の方のBPO盤(タイムは若干1分程長くなっています)にシュヴァルベのヴァイオリンも含めてその重厚圧力感が何とも言えず魅力的とは思いますが本盤もカラヤン50才頃の勢いも貴重かと聴いております。

3

シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品