CD 輸入盤

劇音楽『ペレアスとメリザンド』全曲、田園的風景、他 セーゲルスタム&トゥルク・フィル

シベリウス(1865-1957)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8573301
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

シベリウス:『ペレアスとメリザンド』
セーゲルスタム&トゥルク・フィル


1893年にパリで初演されたメーテルランクの戯曲「ペレアスとメリザンド」。その神秘的な雰囲気に多くの作曲家たちが魅せられ、思い思いの曲を書いたことでも知られる名作です。中でも良く知られているのはドビュッシーのオペラであり、シェーンベルクの交響詩でしょう。そして忘れてはいけないのは、フォーレとシベリウスの劇付随音楽です。比較的穏やかなフォーレの作品に比べると、シベリウスの音楽は起伏に富み、コントラストもはっきりしています。シベリウスがこの劇付随音楽を書いたのは1905年のことで、これは戯曲がヘルシンキで上演されることになり、音楽がシベリウスに委嘱されたからです。当時のシベリウスは交響曲第3番を作曲していましたが、これを中断し、1ヶ月あまりでほとんどの曲を書き上げたのです。作品全体に北欧の雰囲気が漲っているところがいかにもシベリウスらしく、中でも第6番の『メリザンドの歌』は様々な編曲を施されて単独で演奏されることも多い名曲です。
 他には、後にピアノ曲(Op.45-2)に編曲された『ある情景のための音楽』、同じく後にピアノ用に編曲した『田園的風景』、その逆にピアノ曲を管弦楽に編曲したワルツ2曲が収録されています。(NAXOS)

【収録情報】
シベリウス:
● 劇付随音楽『ペレアスとメリザンド』 JS147 (1905)

 第1番:第1幕第1場 前奏曲 Grave e largamente
 第2番:第1幕第2場 Andantino con moto
 第3番:第1幕第4場 Adagio
 第4番:第2幕第1場 前奏曲 Comodo
 第5番:第3幕第1場 前奏曲 Conmoto (ma non tanto)
 第6番:第3幕第2場『3人の盲目の姉妹たち』(メリザンドの歌)
 第7番:第3幕第4場 Andantino pastorale
 第8番:第4幕第1場 前奏曲 Allegretto
 第9番:第4幕第2場(速度指定なし)
 第10番:第5幕第2場 前奏曲 Andante

● ある情景のための音楽 (1904)
● 抒情的ワルツ Op.96a (1921)
● 昔々〜田園的風景 Op.96b (1919)
● 騎士風のワルツ Op.96c (1921)
● ジャコブ・ド・ジュラン氏のモチーフによるロマンティックな小品 JS135a (1925)


 ピア・パヤラ(ソプラノ)
 サリ・ノルドクヴィスト(メゾ・ソプラノ)
 トゥルク・フィルハーモニー管弦楽団
 レイフ・セーゲルスタム(指揮)

 録音時期:2014年1月20-24日、9月8-12日
 録音場所:フィンランド、トゥルク・コンサート・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
シベリウスが書いた多くの劇付随音楽の中で...

投稿日:2018/11/16 (金)

シベリウスが書いた多くの劇付随音楽の中で一二を争う傑作”ペレアスとメリザンド” 音楽はどこまでも自然に流れ巧まずおもねず豊かな広がりと優しい情感を湛えている シベリウスの美点だけが随所に結晶していて清々しい  これほど美しい音楽がこの世にあろうか 全てにバランスのとれた音楽を演奏するのは容易いかといえば然にあらず 余計な力を入れれば簡単に歪んでしまう ただ身を任せてしまえば流れに呑まれて自堕落に陥る セーゲルスタムとトゥルクpoはその繊細な秤の上で知情意の均衡を保っている 慎重になりすぎて硬くなることも流れを滞らせることもない清楚で美しい演奏を繰り広げている 余白の小品も魅力に富む  50代のシベリウスが書いたワルツ2曲を中間に女声二重唱を挟んで”3つの小品”とした 最後の長い題名の一曲は第7交響曲を書き終えた後に書かれたピアノ曲集の一曲からの編曲だ これもいい あなたも如何

風信子 さん | 茨城県 | 不明

1

シベリウス(1865-1957)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品