サン=サーンス (1835-1921)

人物・団体ページへ

SACD 輸入盤

交響曲第3番『オルガン付き』、他 エッシェンバッハ&フィラデルフィア管、ラトリー

サン=サーンス (1835-1921)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ODE1094
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

エッシェンバッハ&フィラデルフィア/『オルガン付き』

2006年5月、フィラデルフィア、ヴェリゾン・ホールでの収録。このアルバムでは、同ホールに据え付けられた6938本のパイプを備えた巨大オルガンが活躍するサン=サーンスのオルガン交響曲と、プーランクのオルガン協奏曲、それにバーバーの作曲したオルガンと管弦楽のための祝祭トッカータという3つの作品を楽しむことができます。
 オルガニストは、ノートルダム大聖堂のオリヴィエ・ラトリーで、ドイツ・グラモフォンでもおなじみの名手による華麗な演奏への期待が高まります。
 エッシェンバッハは1987年にバンベルク交響楽団にエドガー・クラップという組み合わせで『オルガン付き』を録音していましたが、今回はサウンドの傾向としては対照的なだけに、かなり違った雰囲気になるものと思われます。

 このアルバムには、通常CDのステレオ音声のほか、SACDステレオ音声(2.0)、SACDマルチチャンネル音声(5.0)という3つの音声が収録されています。
 直接音の切れ味、楽器の音の細密な描写を味わうのであれば2チャンネル・ステレオが、ホールに響く全体の雰囲気を味わうにはマルチチャンネルが適しているとよくいわれますが、それらを聴き較べて楽しむのもハイブリッドSACDならではの楽しみと言えるでしょう。

【収録情報】
・サン=サーンス:交響曲第3番ハ短調 op.78『オルガン付き』
・プーランク:オルガン協奏曲ト短調
・バーバー:祝祭トッカータ
 オリヴィエ・ラトリー(org:フレッド・J.クーパー記念オルガン使用)
 フィラデルフィア管弦楽団
 クリストフ・エッシェンバッハ(指揮)
 録音:2006年5月、フィラデルフィア、ヴェリゾン・ホール(ライヴ)

 エグゼクティヴ・プロデューサー:ケヴィン・クラインマン
 プロデューサー:マーサ・デ・フランシスコ
 エンジニア:エヴェレット・ポーター、チャールズ・ギャニオン
 SACD Hybrid
 CD 2.0ch./ SACD 2.0ch./ SACD 5.0ch.

収録曲   

  • 01. TOCCATA FESTIVA Op.36 For organ and orchestra 15:42
  • 02. Concerto in G minor for Organ , Strings, and Timpani Andante 3:35
  • 03. Allegro giocoso 2:05
  • 04. Subito andante moderato 8:25
  • 05. Tempo allegro, molto agitato 2:37
  • 06. Tres calme . Lent 3:08
  • 07. Tempo de l’allegro initial 1:48
  • 08. Tempo introduction. Largo 3:29
  • 09. Camille Saint-Saens:Symphony No.3 in C minor Op.78 “Organ” T.Adagio- Allegro moderato
  • 10. Poco adagio 10:39
  • 11. Allegro moderato –Presto-Allegro moderato 6:56
  • 12. Maestoso –Allegro-Molto allegro –Pesante 8:56

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
「オルガンつき」は、軽快だが細部が粗雑な...

投稿日:2011/04/12 (火)

「オルガンつき」は、軽快だが細部が粗雑なデュトワ&モントリオール響、重過ぎて凭れるミュンシュ&ボストン響に落胆していましたが、この盤は、第2楽章第2部のテンポがやや遅めなものの(最後は加速)、ライブとは思えないほどバランスよく仕上がっています。SACD用の装置は持っていませんが、CD層はホールの残響が短く感じられ、音の分離が良く、作曲者が「すべてをつぎ込んだ」と言うほどの手の込んだ楽器法を十分に堪能できます。プーランクも、初期のドタバタした作品に比べて、後年のこのような“まじめな”作品は苦手だったのですが、プレートル&パリ音楽院や上記デュトワ盤に比べてオルガンが突出せず、弦楽とのバランスが取れているので聴きやすいです。バーバーは、1つの基本主題に基づいて展開される曲で、初めて聴きましたがわかりやすい内容。どの曲も、ファーストチョイスとして最適かと思います。会場で直接聴けた人たちが何とうらやましいこと!

のろま さん | 東京都 | 不明

3
★
★
★
★
★
このCDの聞き所はバーバーのToccata Festiv...

投稿日:2010/08/28 (土)

このCDの聞き所はバーバーのToccata Festiva。 プーランクの短い7曲はどこが切れ目なのかよくわかりませんけれどこれも面白い。 現代曲はめったに聴かないのですが、続けて何度も聴いてしまいました。 エッシェンバッハ+フィラデルフィアのサンサーンスも秀逸です。 ライブ録音でわーっと拍手ですが、私もその場にいたらわーっと拍手したと思います。 金田式DCアンプ+AXIOM80で聴いていますが録音も優秀。

かたばみ さん | 東京都 | 不明

2
★
★
☆
☆
☆
話題作になっていたので購入してみたが、正...

投稿日:2010/08/18 (水)

話題作になっていたので購入してみたが、正直、がっかりした。第1楽章第1部はとてもスローなテンポで異様な緊張感に包まれた演奏をしているかと思えば、第2楽章第1部ではアップテンポで曲調が極端に変わってしまう。それが良いという人もいるかと思うが、あまりに曲の統一感がなさすぎる。演奏が良いことと音が良いことは別物である。

MAAZEL さん | 京都府 | 不明

3

サン=サーンス (1835-1921)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品