サミュエル・ベケット

人物・団体ページへ

モロイ

サミュエル・ベケット

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309207698
ISBN 10 : 4309207693
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
316p;20

内容詳細

世界現代文学における不朽の名作「小説三部作」はここから始まった―ベケット没後50年個人訳刊行第1弾。

【著者紹介】
サミュエル・ベケット : 1906‐1989。アイルランド出身の小説家・劇作家。1927年、ダブリン・トリニティ・カレッジを首席で卒業。28年、パリ高等師範学校に英語教師として赴任し、ジェイムズ・ジョイスと知り合う。30年、トリニティ・カレッジの講師職を得てアイルランドに戻るも翌年末に職を離れ、その後パリに舞い戻る。33年末から35年末にかけて鬱病の治療を受けにロンドンで暮らし、一時は精神分析を受ける。その後ダブリンやドイツ各地を経て37年末再びパリへ。38年、路上で見知らぬポン引きに刺される。39年夏に一時ダブリンに戻るも、フランスがドイツと交戦状態に入ってまもなくパリへ戻る。戦中はフランスのレジスタンス運動に参加。秘密警察を逃れ、南仏ヴォークリューズ県ルシヨン村に潜伏、終戦を迎えた。46年頃から本格的にフランス語で小説を書きはじめる。69年、ノーベル文学賞を受賞。映像作品を含む劇作や短い散文の執筆を、フランス語と英語で晩年まで続けた

宇野邦一 : 1948年生まれ。哲学・フランス文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 南雲吾朗 さん

    正直に言って感想を書くのが非常に難しい。読了後、まだ頭の整理ができない。書くべき要素が多すぎる。この本が非常に良い本だと言う事をうまく伝えられない。確かに読書中は思考、感情の混乱が激しく読むのを中断することもあったが、そうすると、またどうしても本を開きたくなる中毒性なものがこの本にはある。ベケットの文章は本当に不思議だ。訳者があとがきで書いている「ベケットの言葉に固有の毒性、腐食の作用いったものに私は気づきはじめた。」

  • erierif さん

    ベケットの作品で大事なのは「わからない」ということだと思うんです。「わからない」けどすごく好きになる人がいる。(保坂和志 文藝 2019秋号より)最初の数ページで「わからない」となってこの一文に励まされ最後まで読んだ。わからなくていいんだなって肩の力が抜け文章の流れに乗ってみたら、読んでいていつのまにか違う場面になって全然違う展開に流れてしまったりどうしてそうなった???と飽きれるばかり。また実験的とか不条理とか技巧に走った冷たさがなく魔法や不思議の国にいるような楽しさ面白みがあって読んでいる間(続

  • ぽち さん

    待望の新約復刻!第一章は詳細不明の男モロイの、第二章ではモロイを捜索する私立探偵?モランの、それぞれの彷徨が描かれます。描かれる、とは言っても場面、空間の描写は2割ほど、圧倒的分量はモロイとモランの独白、思考で占められます。繰り返される認識と否定は消滅に向かう内的混沌のようでいて、もしかしたらはじめから消滅しているのかも、という幻想も立ち上がってくる。難解な現代文学の極北と喧伝されていますが、意外にすんなり読めました。高沸していた既存の翻訳数種もだいぶ落ち着いたようなので順次手に入れたいです。

  • ハルマッチ・ハセ さん

    強烈で強力な本。冒頭で既に死んでいる母親を捜しにさまようモロイ。それって彼岸への旅なのかい?論理的に捜索なんてもんでなく、どこに向かっているのか、行動よりも思考がぐるんぐるん回転している。そもそも生きるのに、偶然?母親に出逢うのに、ビジョンや方向性は必要なのか?あれ、読んでる側の思考すら腐敗に向かってゆくのか。謎の2章はモランと言う男が何故か歯が生え変わる月齢の息子を連れてモロイを捜しにいく。最初から捜す気が見当たらない行動(息子が運転する自転車に2人乗り)にこっちも負けない位狂っていて、また偶然を捜す。

  • 織沢実 さん

    難しかった。読むたび眠気に襲われ、読み終えるのに一月近く掛かってしまった。時間を掛けた割りに内容を理解出来たかといえば出来ていないし...また挑戦する必要がありそう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

サミュエル・ベケット

1906‐1989。アイルランド出身の小説家・劇作家。1927年、ダブリン・トリニティ・カレッジを首席で卒業。28年、パリ高等師範学校に英語教師として赴任し、ジェイムズ・ジョイスと知り合う。30年、トリニティ・カレッジの講師職を得てアイルランドに戻るも翌年末に職を離れ、その後パリに舞い戻る。33年末

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品