コリン・ウィルソン

人物・団体ページへ

古きものたちの墓 クトゥルフ神話への正体 扶桑社ミステリー

コリン・ウィルソン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594068363
ISBN 10 : 4594068367
フォーマット
出版社
発行年月
2013年07月
日本
追加情報
:
454p;16

内容詳細

超能力美女らを従えて南極探検に挑んだ男が人知を超えた存在と遭遇する、コリン・ウィルソンの小長篇「古きものたちの墓」。漁村で起きているおぞましい事件の真相をブライアン・ラムレイが語る、ショッキングな中篇「けがれ」。さらに、ラムジー・キャンベルが呪われた町ゴーツウッドで発生する奇怪な出来事の数々をつづる「ムーン・レンズ」「湖畔の住人」と、英国の巨匠三人による恐怖と戦慄があふれている、日本初紹介のクトゥルフ神話ばかりを集めた、傑作選第二弾登場!

【著者紹介】
コリン・ウィルソン : イギリスの作家・評論家

ラムジー・キャンベル : イギリスの幻想作家

ブライアン・ラムレイ : イギリスの幻想作家

増田まもる : 翻訳家

尾之上浩司 : 翻訳家・文芸&メディア評論家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Bugsy Malone さん

    以前「クトゥルフ神話への招待」が非常に面白くクトゥルフに興味を持ち「ラヴクラフト全集」を読んでから戻って来ました。全4話どれも面白かった。「ムーンレンズ」「湖畔の住人」ではラヴクラフトの匂いを感じ、「古きものたちの墓」はラヴクラフトの夢と現実を絡めたあたりが上手く、最後の「けがれ」に至ってはその展開といい雰囲気といい文句無しに楽しめました。さあ、次は日本のクトゥルフ神話に挑戦してみよう。

  • すけきよ さん

    日本オリジナルクトゥルフアンソロジー」。お気に入りは、ラムジー・キャンベル「ムーン・レンズ」村の邪神信仰までがちょっと拙速に感じちゃう短い作品だけど、けっこう好き。ヌメヌメ、触手ですよ! 触手!/ブライアン・ラムレイ「けがれ」上手いなぁ、と思ったのは、ちゃんとした食事シーンが、それも何度も出てくること。合間合間に海鮮料理の描写が出てくるんだよね。何でもない描写なのに、ホラー的展開に挟まれて提供されると、それがなんともグロテスク。巻末の森瀬繚氏のエッセイも面白い。

  • hydrangea さん

    表題作はコリン・ウィルソンによる「狂気の山脈」へのオマージュ的作品ですが、長さの割には若干の拍子抜け。クトゥルフとサイキックはあまり相性が良くないのかもしれませんが、初訳作品としてそれなりに楽しめたのかも。帆掛舟マークの「全集」からラヴクラフト作品に触れた身としては、ラムレイの「けがれ」が面白かったです。世の中で初めて読んだHPL作品は、「全集」1巻収録の冒頭話「インスマウスの影」ですから、このオチにはニヤッとしてしまうこと請け合いです。なので、巻末の<エッセイ>には若干の違和感があるかも。

  • sin さん

    クリーチャーを惜しげもなく出しちゃったキャンベル、狂気の山脈を実在させてしまったウィルソン、正統派のクトゥルフ神話書けるんだラムレイ等、実にまっとうなクトゥルフを堪能した後に、この解説はどうよ?「這いニャル」にいたる「クトゥルフTRPG」からのいわゆる日本のトレンドとしてのクトゥルフを見事に解説しきっているが、本文との雰囲気の乖離はク・リトル・リトル世代の僕にとって半端ない。

  • 橘 さん

    クトゥルフの神を題材に、静謐な情景より迫り来る恐怖を描き出す怪奇譚から、超能力を操る美女とともに極地を目指すSF大冒険活劇まで、古きものたちを思う存分表現し尽くした作品集。同じキーワードが、全く別の物語へと君を導く!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

コリン・ウィルソン

1931年、イギリス生まれ。労働者階級の家に生まれ、さまざまな職につきながら独学、作家の道を志す。56年、『アウトサイダー』でデビュー。思想家・小説家の評伝や、性的倒錯、動機なき殺人、神秘主義などの研究、小説の執筆を通して独自の人間観を展開

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品