ガブリエル・ヴァンサン

人物・団体ページへ

ヴァイオリニスト

ガブリエル・ヴァンサン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784892387869
ISBN 10 : 489238786X
フォーマット
出版社
発行年月
2001年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
29cm,115p

内容詳細

父親の期待を受け、コンクールに入賞を目指し幾度となく挑戦する青年。結果を出せぬまま、やがて…。オリジナル絵本第2作。小学校上級向。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Hideto-S@仮想本屋【おとなの絵本屋 月舟書房】 さん

    父の呪縛に苦しむヴァイオリニスト。コンクールや名声を期待する父は、彼のことを「見掛け倒し」と詰る。いたたまれない気持ちに苛まれながら部屋で楽器を奏でるが、その音色は外を歩く人々の足を止め、笑顔にしてくれた……。必要最小限に抑えられた言葉。嘆き、怒り、哀しみ、驚き、喜び……モノクロームの線が人間の感情を見事に描き留める。2001年1月初版。前年の9月に作者は死去している。日本版オリジナルで出版されたガブリエル・バンサン晩年の名作。

  • Natsuki さん

    父親の期待に応えられず苦悩する若き「ヴァイオリニスト」。そんな彼のヴァイオリンを窓辺から見つめる少年、そして街の人たち。一見ラフなデッサンのようでいて、その表情に宿る感情まで見えてくる緻密さ。切なくもあり、温かくもあり、読み手の感情を揺さぶるガブリエル・バンサンの絵に魅せられました(*´ω`*)

  • s-kozy さん

    これは絵の力だ。素晴らしい絵本。これがうちの本棚にあったことが感激。絵の力。言語で表現できることは限られている。絵の力。

  • greenish 🌿 さん

    【児童書・絵本で寄付しましょう♪】【砂漠でみつけた一冊の絵本より】ある青年ヴァイオリニスト。父の過度な期待、父との確執に心を閉ざす。そんな時、窓の外には1人の少年がいて・・・  ---鉛筆或いは木炭で描かれる、ガブリエル・バンサンの心打つデッサン絵本。 承認欲求・自己肯定感。人間にとって大切なこれら尊厳を、父親によって打ち砕かれた青年ヴァイオリニスト。それでも窓の外の観衆に支えられ、少年に寄り添い・寄り添われることで自立の道を歩み出す・・・。切ないけれど、これも1つの「人生の答え」の出し方なのですね。

  • さくらうさぎ さん

    楽器の中では、歌うような音色を出すヴァイオリンが好きだ。譜面の見える窓に惹かれて手に取った。 絵はシンプルで力強く、モノローグは不要と思えるほど雄弁に心の動きを伝える。歌(音楽)は心、歌は生活。歌は交感。創造するという行為はそれ自体がかけがえのない精神活動であろうけれど、受け取ってくれる存在があってこそ輝くものなのだと思った。言い換えれば受け入れてもらえないことは、とてもとても、苦しい。 

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品