開かれた社会とその敵 第1部

カール・ポパー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784624010522
ISBN 10 : 4624010523
フォーマット
出版社
発行年月
1980年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,371,9p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • roughfractus02 さん

    多くの批判者が出たにもかかわらず、著者は『歴史主義の貧困』のコアにあるユートピア社会を目指す閉じられた社会を、哲学王の専制によって実現しようとするプラトン『国家』に見出す。彼のいう最高の知者は師ソクラテスの無知の知からほど遠く、その正義の国家の観念は、まず国家を保守すべきものと考え、民主制や平等主義という考えを生物まで敷延して、能力差を見出し蔑視するとした。このような要約は著者が生きる全体主義の時代もまたプラトンの「呪文」の効果でもあると示唆する。その批判は、本文のみならず大量の注にまで展開されている。

  • d0g_ville さん

    言わずと知れた名著。プラトン、ヘーゲル、マルクスらの思想に潜む全体主義的傾向を読み解く。プラトンが自然主義、実在論主義であり即ち全体主義的であるというのは分かるが、古代の哲学者というのは一部の例外を除けば普遍的にその傾向が認められるわけで、仕方ないといえば仕方ないのでは、と、半ばプラトンの肩を持ちたくなるぐらいに痛烈に彼を批判している。

  • 新垣政人(PN) さん

    第一部となっている本書では、偉大な哲学者の一人プラトンが夢想した理想国家に対する反論という構成になっている。ユートピア工学とピースミール工学の概念を用いて、丁寧にプラトンの主要テーゼである全体主義的な国家を目指すことがなぜいけないのか反駁していく。相手の主張をまず聞いたうえで一つ一つに反証を加えるという手法は有名でありポパーの反証主義を明確に表している。『国家』は確かにプラトンなりの正義を体現する社会のあり方について論じられているものの、現実的には最悪の社会形態を創造することになるということは、歴史が証明

  • 抹茶ケーキ さん

    歴史には一定の法則があり、その法則を見極めることで社会は一気に良くなるという「歴史信仰」を「開かれた社会の敵」とみなし、その信仰の根源がプラトンにあると論じる。このような信仰に対して「ピースミール工学」を対置し、世界を一気に良くすることによってではなく、部分的な修正によって進歩はなされなければならないと主張。はじめて読んだ時からプラトンは好きじゃなかったけど、それがなぜかよくわかった。

  • 飛燕 さん

    プラトン哲学の論理が間違っているとかではなく、プラトンの価値観は間違っている、みたいな。なのであくまで批評的内容。後半で論じられるプラトンの苦悩・肖像が印象深い。プラトンは自由・平等、そして知への愛(真理への愛、批判精神、自己理性の目覚め)に目がくらむほどの魅力を覚えた、しかし、ゆえに彼はそれが危険であることを察知した、現在の社会の混乱はこれらの価値観が普及しつつあるからなのだ、と。そこで彼は、哲学の名のもとにこれらを批判して封じ込め、嘘をついた、「本当の哲学とは真実を知りながら嘘をつくことである」、と。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

その他 に関連する商品情報

  • 池井戸潤、待望の第2弾『下町ロケット2』 その部品があるから救われる命がある。佃製作所の新たな挑戦を描いたヒット作の第2弾、池井戸潤の『下町ロケット2』が入荷... |2016年01月04日 (月) 09:00
    池井戸潤、待望の第2弾『下町ロケット2』
  • 読書グッズなら文具ストア ブックカバー、しおりのほか、拡大鏡やページ戻りを防止するブックスストッパーなど、読書に便利なアイテムが満載。 |2015年12月01日 (火) 20:42
    読書グッズなら文具ストア
  • 新しいタイプの拡大鏡で読書が楽しくなる! 今売れているルーペ『LED拡大鏡Smolia』は全5色。本や新聞などの紙面の上を滑らせて使う拡大鏡。内部にライトを装... |2015年11月04日 (水) 17:11
    新しいタイプの拡大鏡で読書が楽しくなる!
  • 子どもが算数好きになるグッズ サイコロの数字を組み合わせる計算ゲーム『ジャマイカ』は、小学校の授業でも採用されている話題のアイテム。友達同士、親子... |2015年05月08日 (金) 21:39
    子どもが算数好きになるグッズ
  • ふとした瞬間に変装できる「しおり」 本に挟んで使う「しおり」が変装アイテムに!集合写真などで、サッとを取り出し、顔に当てて変装すれば、愉快な写真を撮影す... |2015年02月24日 (火) 16:43
    ふとした瞬間に変装できる「しおり」
  • 文具王が本気で作ったノート 「TVチャンピオン」で優勝した「文具王」高畑正幸がデザインした究極のノート『アクセスノートブック』。細かな工夫が随所... |2014年09月19日 (金) 14:31
    文具王が本気で作ったノート

おすすめの商品