公女マーラヴィカーとアグニミトラ王 他一篇

カーリダーサ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784003206423
ISBN 10 : 4003206428
フォーマット
出版社
発行年月
1989年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
230p;15X11

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • YO))) さん

    表題作は筋書きとしてはまんまご都合主義ラブコメで、ヒロインの踊子をはじめとして、お妃、愛人、尼さん、侍女などなど、魅力的な女性キャラが多数登場するので、ラノベ/アニメ化イケると思います。

  • echelon さん

    おもしろかった。

  • 綾野理瀬(Ayano Lise) さん

    表題作ともう一作収録。「マーラヴィカー」は、明るい恋愛喜劇で、「シャクンタラー」以上に道化が大活躍。往年の名幇間の「幇間は馬鹿では務まらない」という言葉があるが、道化も馬鹿では務まらない。馬鹿を装った知恵者である。読後感はすっきりだが、浮気っぽい王にはげんなり。正妃も大変だ。「ウルヴァシー」は、少し悲劇が入るが、滅入るほどのものではない。いずれも王道、安心して読める。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

カーリダーサ

古代インドの詩人・劇作家。5世紀頃グプタ朝時代の人物とされる。叙事詩『ラグヴァンサ』、抒情詩『雲の使い』などはサンスクリット文学の最高傑作と讃えられる

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品