オリヴァー・サックス

人物・団体ページへ

心の視力 脳神経科医と失われた知覚の世界

オリヴァー・サックス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784152092557
ISBN 10 : 4152092556
フォーマット
出版社
発行年月
2011年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
294p;20

内容詳細

見えなくなったとき、言葉をなくしたとき、脳と心、そして想像力は、どう働くのか―― 自身も片目の視力を失ったサックス先生が 患者への温かなまなざしで描く傑作医学エッセイ

視力を失う。失語症や知覚失認をわずらう……。知覚に障害を負ったとき、脳と心はどのように対応していくのだろうか。

サックスの患者となった、楽譜を読めなくなったピアニストは、やがて文字や日常のさまざまなものも識別できなくなっていくが、音楽の助けにより穏やかな日常をいとなんでいる。脳卒中で失読症になった作家は、苦労はあったものの自らの体験をもとにしたミステリを執筆するまでになる。
そして、サックス自身、生まれつき人の顔が見わけられない「相貌失認」をわずらっていたが、さらに癌により右目の視力を失い、適応を迫られることになる。
視覚に問題はないのにまわりのものが認識できないことがある一方で、両目の視力を失っても心に豊かな視覚世界を築く人もいる。
目と脳の奇妙で驚くべき働きを卓越した洞察力と患者への温かな視線で描き出した傑作医学エッセイ集。


【著者紹介】
オリヴァー・サックス : 開業医として活躍するかたわら、これまでに10冊の著書をもつ作家。コロンビア大学メディカルセンター神経学・精神医学教授であり、コロンビア大学の学生、教職員をアートに親しませることを目的に設けられた「コロンビア大学アーティスト」にも任命されている。2008年には大英帝国勲章を授与された

大田直子 : 翻訳家。東京大学文学部社会心理学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • だろうぇい さん

    成人してから、両眼視・立体視が全くできていないと検査で指摘された。本書の事例の女性も語っているが、矯正レンズを使い始めてから暫く、近いものが自分に迫ってくるように見える衝撃、物の凹凸が「直感的に」分かる驚きで、世界が新鮮で美しく見えたことを思い出した。なぜか色彩もそれまでより鮮やかに感じられるようになった。楽譜が読めなくなり、後に物が識別できなくなっていく音楽家の事例が印象的で、「世界を知覚するとはどういうことなのか」考えてしまう。

  • REI さん

    図書館本。いつもながら、サックス先生の患者を診る目が優しさに満ちている。それから、自身の体験談が印象深い。眼科に勤めていたことがあるので、いろいろな患者の訴えを思い出した。視野が欠けていく不安。失明への恐怖。また、主観的な見え方は他人のそれとは普通比較できないということ。検査をして初めて異常と知り、驚く患者もかなりいた。自分の当たり前の世界が、他人とは違っている可能性の方が高いということを改めて考える。特に、感じ方の程度の差については。こういうことを心に留めて、様々な人への接し方も考えていきたい。

  • 橘 さん

    病気や症例の報告が、その人となりを紹介する伝記を思わせる。人間と向き合うサックス医師の温かい眼差しと、最新であろうとする医学の融合。

  • 北条ひかり さん

    5時間50分(名古屋ライトハウス名古屋盲人情報文化センターと音訳者さんに感謝) 視覚障害者であるにもかかわらず、この分野の本を全く読まなかったことを深く後悔している。失われた視覚の補完として、従来の視覚的認識を用いるのか、今後は主に聴覚など他の手法を用いるのか、暗中模索でやってきた。もっと早くこの本を読んでいれば、僕には僕なりの手法を採用してよかったことを自信を持って選択できたのに。幸い、音訳者さんがたくさんの視覚障害と認知に関する本を音訳してくれている。僕は無我夢中で学び、自分なりの手法を確立したい。

  • tom さん

    サックス博士の初読み。面白そう、面白いだろうなと思いながら、どういうわけか完読経験がなかった。結果としてとても面白いし、読みやすい本だった。この本は、いろいろな理由から視力に障害を負った人たちの「見え方」についてのレポート。見ることを代替したり補完するための大脳の働きはすごい。他人の顔を見るという当たり前のことについても、人によって見ているものが違うことなどなど、新鮮な驚きがたくさんある。良書。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

  • 【特集】読んで学ぶ・知る「新型コロナウイルス」「感染症」 今読まれている、新型コロナウイルス・感染症関する本。ベストセラー/医学系専門書/文芸・新書などをご紹介。 |2020年05月11日 (月) 11:30
    【特集】読んで学ぶ・知る「新型コロナウイルス」「感染症」
  • 【特集】医学・看護・薬学専門書籍 イヤー・ノート、クエバン、今日の治療薬など、医学・薬学・看護系を目指すのに欠かせない、医学・医療系専門書をご紹介。 |2020年04月09日 (木) 00:00
    【特集】医学・看護・薬学専門書籍
  • BLSヘルスケアプロバイダーコースの本 病院の内外で実践できる,個人およびチームのBLSスキルを指導する『BLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアル』のほ... |2016年02月10日 (水) 16:45
    BLSヘルスケアプロバイダーコースの本
  • 神経学を学ぶ学生必携の書 画像検査から緩和ケアまで、最新の内容を盛り込み、神経学の教科書として時代に即した内容が自慢の『臨床神経内科学』。本改... |2016年02月10日 (水) 16:33
    神経学を学ぶ学生必携の書
  • 内科、外科1700疾患を1冊に凝縮 多くの病棟で常備され,看護師をはじめ,様々な医療従事者に利用されている『イヤーノート 2017 内科・外科編』。認定... |2016年02月10日 (水) 16:23
    内科、外科1700疾患を1冊に凝縮
  • 3種類から選べる『理科年表』 自然科学を全分野にわたって集約した「自然界の辞典」ともいえる『理科年表 平成28年』。通常版のほかに、文字が大きく読... |2016年01月13日 (水) 17:16
    3種類から選べる『理科年表』

おすすめの商品