オリバー・バターワース

人物・団体ページへ

大きなたまご 岩波少年文庫

オリバー・バターワース

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784001142266
ISBN 10 : 4001142260
フォーマット
出版社
発行年月
2015年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
295p;18

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たつや さん

    うわー面白かったです。のび太の恐竜と、かぶりましたが、こちらはもし、実際に生きた恐竜がいたらこうなるだろうと言う、現実的なお話しに、んなりますが、法律で得たいの知れない動物は飼ってはいけないとか、大人は勝手だなと子供の頃に読んでたら思ったに違いない!

  • はる さん

    図書館本。【勝手にせっせと岩波少年文庫を読む年】ああ〜っ!また表紙絵の大事なところにバーコードを貼っちまって、なんてこった(怒)!という気分が、あっという間に幸せな楽しい気持ちに変わってしまった。「ありえへ〜ん」けれど、あるかも知れないこんな楽しい騒動。ニワトリの卵から恐竜が!良かったねネイト君、草食の子で。物語りとイラストが1956年!?なぜ今まで出会わなかったんだろ。

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    12月予定の4・6年生のブックトーク授業【テーマ 冬休みに読んでみよう】用に選書。ネイトの家のにわとりが、とんでもなく大きい卵を産んでしまい、温めることができないので、ネイトが代わりに温めることに…。

  • metrodoggie_Jpn さん

    傑作だあ。岩波少年文庫のなかでも五本の指に入るくらい好き。こんないい本、大人だって読みたいよね。岩波少年文庫なるべくKindle化してくれないかな、忙しい大人がいつでも持ち運べどこでも読めるように。

  • ピンヒール さん

    最近ずっと本が一冊読み通せなくてモヤモヤしてたので、リハビリに子供の頃の選書に戻ってみようと岩波少年文庫から。 久しぶりに集中して読め、やっぱり本は面白いとあらためて思えた。 誰に対しても友好的でフラットな態度のチーマー先生が素敵だな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品