オスカー・ワイルド

人物・団体ページへ

ドリアン・グレイの肖像 新潮文庫

オスカー・ワイルド

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784102081013
ISBN 10 : 4102081011
フォーマット
出版社
発行年月
2004年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,428p

内容詳細

舞台はロンドンのサロンと阿片窟。美貌の青年モデル、ドリアンは快楽主義者ヘンリー卿の感化で背徳の生活を享楽するが、彼の重ねる罪悪はすべてその肖像に現われ、いつしか醜い姿に変り果て、慚愧と焦燥に耐えかねた彼は自分の肖像にナイフを突き刺す…。快楽主義を実践し、堕落と悪行の末に破滅する美青年とその画像との二重生活が奏でる耽美と異端の一大交響楽。

【著者紹介】
オスカー・ワイルド : 1854‐1900。ダブリンに生れ、同地の大学を経てオクスフォード大学に学ぶ。「芸術のための芸術」を唱えて唯美主義、芸術至上主義に基づく活動を展開し、フランスやアメリカにまで名を知られた。小説『ドリアン・グレイの肖像』や『ウィンダミア卿夫人の扇』など一連の喜劇作品、世紀末文学の代表とされる悲劇『サロメ』などで文名高く時代の寵児となるも、男色罪による獄中生活の後は不遇な晩年を送った

福田恒存 : 1912‐1994。東京生れ。東大英文科卒。評論・翻訳・劇作・演出の各分野で精力的に活躍。芸術院会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
若さはいやが上にも常に失われゆくもの。保...

投稿日:2012/02/02 (木)

若さはいやが上にも常に失われゆくもの。保てないが為に美しく、焦がれる。それを永遠に手に入れた時、人は果たして幸福になれるのだろうか。若さと美しさを持つ者と、美しさを持たない美を崇める者。人生が進むにつれ前者から後者に移り変わる誰もが、ドリアンでありバジルでありうる。時代を選ばない名作。

伊湖 さん | 不明 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    19世紀末イギリスの正統派耽美小説というべきか。優雅な住まいに、美と芸術的享楽に耽溺する高踏的な生活。中心にいるのは希代の美青年ドリアン。そして、ヘンリー卿と画家のバジル。もちろん、そこには馥郁たるゲイの香りが立ち込める。ドリアンはシビルと婚約していたって?彼が愛したのは芸術家としてのシビルであって、女性としての彼女ではない。だからこそ、いとも簡単に破棄できるのだ。彼が愛するのは美―しかも自身の美だけなのだから。したがって彼の恐れるのは美のゲシュタルト崩壊のみ。彼はいわばそれに殉じたのだ。⇒

  • 遥かなる想い さん

    1891年に書かれたこの本、 なぜか三島由紀夫を感じた のは、気のせいだろうか。 美貌の青年ドリアンを めぐる人間関係の構図は、 古典的で懐かしい。 快楽主義のヘンリー卿の 影響を受け、悪行を 重ね、若さを浪費する ドリアンの風景はひどく 演劇的で、舞台で 台詞を語り続ける役者の よう…老いと若さ、 汚れゆく魂…著者が この全く魅力的のない 「ドリアン」を通して、 描きたかったものは 何だったのか?ヘンリー卿 の立ち位置だけが、 面白く感じる、そんな物語だった。

  • YuriL さん

    私の中では、オスカー・ワイルドの小説と言えばこの「ドリアン・グレイの肖像」と「幸福の王子」というくらいには気に入って何度も読んでいる作品。ドリアン・グレイにはワイルドが関係を持ち、破滅の原因となったボジー、つまりアルフレッド・ダグラス卿の姿が、そしてドリアンが“悪徳”の道を辿る原因となったヘンリー卿には、ワイルド自身の姿が重なってみえるような気がする。実際にはボジーの奔放な気性に振り回わされ、破滅への道を辿る結果になったのはワイルド自身だったわけだけれども。ワイルドの逆説的な美意識がよく反映された名作。

  • teru さん

    読み始めてすぐ、まさかのBL物と気が付いたが、それ以上にハリーの悪魔っぷりに虫唾が走る。ドリアンの中にある凶暴性を見抜き、十分に引き出した後はハリーは物語の中心から遠ざかってしまう。悪い時期に魂を売ってしまったドリアンもまた被害者。話自体は難しくなく結末も予想範囲内だったが、この物語は彼ら19世紀末の思想を別の角度から言い当てた皮肉をお腹一杯楽しむところにある。このままドリアンを生かしておけなかったところは真っ当に落ち着いた感じ。理屈っぽい作風は三島由紀夫にも似ていると思う。

  • おんたま さん

    それこそ一枚の絵画を見るように楽しめば良いのだろう。ヘンリー卿はグレイを見た瞬間からからの美しさの中に、悪徳と破滅を見ていたのだろう。なによりも自分の悪徳を絵画に閉じ込めたドリアン・グレイは、まさに逆立ちしたキリストに他ならない。当時の人間に背徳的な作品として写ったのは、そういう理由かなと思った。ワイルドらしい逆説が作品に散りばめられており、つまみ読みでも、がっつり読んでも面白い作品。反道徳的な人間こそ、最も道徳的な人間であるという、かの有名な言葉を思い出した。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

オスカー・ワイルド

イギリスの詩人、小説家、劇作家。19世紀末の唯美主義文学の代表者。オックスフォード大学在学中に、W.H.ペーターの唯美主義やJ.ラスキンの美術感に強く影響を受け、卒業後、芸術至上主義を身を持って実践する。1854年アイルランドのダブリンに生まれ、1900年パリで死亡

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品