エレノア・エステス

人物・団体ページへ

百まいのドレス

エレノア・エステス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784001155792
ISBN 10 : 4001155796
フォーマット
出版社
発行年月
2006年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,92p

内容詳細

いつも同じ服を着ている貧しいポーランド移民の女の子ワンダが、「ドレスを100枚持ってる」と言っても誰も信じなかった…。どんなところでも、どんな人にも起こりうる差別の問題を、見事に描いたアメリカの名作。

【著者紹介】
エレナ・エスティス : 1906‐88。アメリカのコネティカット州生まれ。1932‐40年、ニューヨーク公共図書館の児童部で図書館員として働く。『元気なモファットきょうだい』シリーズ、『百まいのドレス』がよく知られている。1962年に、さし絵も自ら手がけた『ジンジャー・パイ』でニューベリー賞を受賞

石井桃子 : 1907年、浦和市生まれ。編集者として「岩波少年文庫」「岩波の子どもの本」の創刊に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぶんこ さん

    著者が経験した辛い体験を物語にした本でした。 子供達は、自分たちと少しでも変わっている子を排除というか、虐める傾向が今でもあるのではないでしょうか。母のいない貧しいワンダは、いつも同じ服を着ているのですが、ドレスを百枚持っていると話した事から虐めが始まりました。虐めの首謀者ともいえるペギーには、虐めているとの認識が無いのも、よくある話だと思いました。 ペギーの親友マデラインには、自分がされたらイヤだとの認識があり罪の意識を拭えません。 謝りたくても物理的に出来なくなった辛さがよく表れていました。

  • tokotoko さん

    ★アメリカ★この本は、逆境でがんばりながらも・・・くじけそうな人に、きっと勇気をくれると思います。楽しくて、面白くて、元気がはじけてて、悩みもどこかへ吹き飛んじゃう!という児童書も多い中、この本は、悩みに思いっきりぶつかり、考え続け、そして進んでいく女の子達が主人公です。言葉が少なく、周りに理解されない子も出てきます。けれど、言葉の代わりにね、ずっとあるものを作り続けてます。それがやがて、一筋の光のように、相手の心に届きます。作り続けるってことが素敵だなぁ、って思います。強くて美しいなぁ、って思います。

  • はる さん

    読友さんの御感想から。少女達の繊細な気持ちが伝わってきます。独特の空気感は今と変わらない。人種差別の愚かさを、小さなドラマを通して描いています。石井桃子さんのあとがきで物語の背景が分かるのも嬉しい。

  • あかは さん

    人種が違ったりちょっとしたきっかけでからかいの対象になってしまったワンダを見ていることしかできなかったマデラインの気持ちの動きがよくかかれています。彼女のように思えれば誰かを集団でからかうなんてことは少なくなるでしょう。本が読めるようになった年頃の子供に是非読んで欲しい本です。

  • hanak さん

    子どもの頃に読んでいる筈なんだけど、内容は全く覚えておらず。教室の壁いっぱいに貼られた、百まいのドレスの絵のシーンだけは記憶に残っていたなぁ。こういうお話だったのか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品