エリザベス・キューブラー・ロス

人物・団体ページへ

死ぬ瞬間 死とその過程について 中公文庫

エリザベス・キューブラー・ロス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784122068285
ISBN 10 : 4122068282
フォーマット
出版社
発行年月
2020年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
467p;16

内容詳細

死とは、長い過程であって特定の瞬間ではない。人生の最終段階までに現れる、否認と孤立・怒り・取り引き・抑鬱・受容、そして希望―。二百人に及ぶ末期患者への直接面接取材で、死に至る人間の心の動きをさぐり、家族、病院関係者が、患者の暗黙の訴えと向き合うきっかけとなった、画期的名著。

目次 : 死の恐怖について/ 死とその過程に対するさまざまな姿勢/ 第一段階/否認と孤立/ 第二段階/怒り/ 第三段階/取り引き/ 第四段階/抑鬱/ 第五段階/受容/ 希望/ 患者の家族/ 末期患者へのインタビュー/ 死とその過程に関するセミナーへの反応/ 末期患者の精神療法

【著者紹介】
エリザベス・キューブラー・ロス : 精神科医。1926年、スイスのチューリヒに生まれる。チューリヒ大学に学び、1957年学位取得。その後渡米し、ニューヨークのマンハッタン州立病院、コロラド大学病院などをへて、1965年シカゴ大学ビリングズ病院で「死とその過程」に関するセミナーをはじめる。1969年、『死ぬ瞬間』を出版して国際的に有名になる。著書多数。2004年、死去

鈴木晶 : 1952年、東京生まれ。東京大学文学部ロシア文学科卒業、同大学院人文科学研究科博士課程満期修了。現在、法政大学名誉教授、早稲田大学大学院客員教授。専攻は文学批評、精神分析学、舞踏史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ホシ さん

    ターミナルケアの礎を築き「死の5段階説」を提唱して現代精神医学の発展に多大な貢献を果たしたキューブラー・ロスの代表作。「多くの患者が恐れているものは死そのものではなく、死の過程に付随する絶望感・孤独感・無力感である」という女史の慧眼さに唸りました。仏教かぶれの私は常々「死は怖くない」と思ってはいましたが、自分で空威張りしているような気持ちもありました。私の感情はキューブラー・ロスが指摘するものなのでしょうね。当時の医療の様子も分かって興味深った。医療従事者には「聖書」とも言われる本。必読の一冊です。

  • 読書熊 さん

    有名な「死を受容するまでの5段階」が学べました。末期患者や家族とのインタビューが豊富に収録されていて、物語・語りの面白さも感じられました。

  • おんぼーだー さん

    死の過程は確かにこの本の通りかもなあと感じた。臨死患者との会話は臨場感があった。みんな話したいし、役に立ちたい。それは死が迫ってない人でも同じだと思う。 自分も死に向かって生きているし、また少しこの本のおかげで、死が身近になったと思う。

  • りこ さん

    末期患者が死に瀕した時にどのような心的過程をたどるかについて書かれている。多くのインタビューが掲載されており,医者や宗教者と患者間の生のやりとりを知ることができた。死に瀕した患者に対して「そのことについてどう思うか」などとても訊きにくいと思ってしまうが,患者の多くはそれを話したがっているという。家族や医療従事者が,死が迫っていることを隠したり,無理やりポジティブに捉えようとさせたりするのは誰にとっても良くないとのこと。祖父が亡くなったことがきっかけで読み始めたが,どう考えても亡くなる前に読むべきだった。

  • rista99 さん

    2009年7月、大学4年生の時に購入(2001年刊行版の第3刷)。死の病に冒された末期患者における「否認と孤立」に始まり「受容」に至る死の受容過程5段階説を提唱し、終末期医療(ターミナルケア)への関心を高めたことで有名な本。延命治療が最優先され、機械につながれて話すこともできず、手術や投薬で患者に負担をかけ続けていた1969年当時のアメリカで、「患者の尊厳」という観点から異議を唱えたという面で 著者の功績は大きいと思う。尊厳ある死とはどのようなものか、死と向き合い、いかに生きるべきか、深く考えさせられる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品