エドマンド・クレヒュー・ベントリ

人物・団体ページへ

トレント最後の事件

エドマンド・クレヒュー・ベントリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087488333
ISBN 10 : 4087488330
フォーマット
発行年月
1999年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
337p;16

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アルパカ さん

    こちらも若竹七海さんの「スクランブル」にタイトルが出てきた本。江戸川乱歩もベストテンに選んでいる、とのこと。ああ、そろそろ終わりね、というところでまさかの真相。「えっ」と思わず小さく驚いてしまいました。この夫人はマンダスンとの最初の結婚をお金に目がくらんだと認めていますが、それでいて夫が死んだらさっさとトレントと結婚し、(笑)ちょっとなんだかなあ、と思ってしまいました。最後の最後に真相がわかり面白いとは思いますが、何と言うか途中恋愛小説のようにも感じ、ミステリーとしては不完全燃焼だと思いました。

  • クロモリ さん

    トレント君は乱歩十選中屈指のうっかり探偵。同じくうっかりなピーター卿みたいに愛嬌があったらなぁ…。そして、現代の日本人女性でヒロインに共感できる人はどれだけいるのでしょうか(笑)推理部分はよくできていて面白かったですし、犯人も意外でした。

  • madhatter さん

    再読。真相は当時は意外だったのだろうが、今となっては斬新ではない。また、三段構成を取る作品なのだが、第二の謎解きでは、語り手の言葉を裏付ける証拠が提示されていない。第三の謎解きでも、犯人を確定する根拠は自白だけだ。謎解き重視の推理小説と言うには少々詰めが甘いかもしれない。だが、これらは推理で辿り着ける真理ではない。推理の限界は、本作以降も推理作家達によって指摘され続ける。三段構成によってトレントという探偵役の敗北を丹念に描き、これを示した点、後世に残るべくして残った作品。なお、個人的にマンダスンが哀れ。

  • 来古 さん

    中盤がダレてしまったが、それ以外はよかった。

  • スズツキ さん

    トリックもロジックもほとんど無いですが、軽いバークリーと捉えるのが吉かな。どちらにしてもベストミステリで挙げられるほどでもないですけど。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品