エドゥアール・ロネ

人物・団体ページへ

変な学術研究 2 活魚で窒息、ガムテープぐるぐる巻き死、肛門拳銃自殺 ハヤカワ文庫NF

エドゥアール・ロネ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150503291
ISBN 10 : 415050329X
フォーマット
出版社
発行年月
2007年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,204p

内容詳細

悪ふざけで釣りたてピチピチの魚を飲み込んだらなんと窒息死!ちょっとしたお楽しみのためにガムテープで口をふさいだらそのままご昇天…誰もが平穏な死を迎えるとは限らない殺伐とした現代で、不可思議な死の真相を暴いてくれる法医学者たちの冷静な仕事ぶりに密着。殺人、自殺、病死、事故死などあらゆる死の現場に立ち向かう彼らには涙を流すヒマなどない。めざすはただ真実のみ!超ドまじめサイエンス・コラム集。

目次 : 犬と猟銃/ 飛び降り景勝地/ ハエのように死ぬ/ 推理劇「拳銃はどこだ」/ 切断―チェーンソーの場合/ 掃除機の吸引力/ 機械化農業の落とし穴/ 肛門拳銃自殺/ パイロットの墜落自殺/ 剣の達人〔ほか〕

【著者紹介】
エドゥアール・ロネ : フリーのサイエンス・ジャーナリストを経て、現在はフランスの日刊紙『リベラシオン』の文化欄担当記者を務める

高野優 : 早稲田大学政治経済学部卒、翻訳家

柴田淑子 : 東京教育大学理学部卒、翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • シン さん

    面白い。というか笑えるし興味深いしで。世の中色んなことを研究している人がいるものだ。

  • yos さん

    人がなぜ死んだかを解明する法医学者たちの研究論文の中から、奇妙な事例ばかりを集めた。そもそも、人の死というのは、どの一例をとっても大きな感情の動きを伴う。しかし本書には涙も悲哀もない。どのような状況で死に至ったさえ明らかになれば、必要にして充分。実にドライ。死に至った事例を、フランスらしいエスプリを効かせて紹介する。かなり悪趣味だし、死者に対する冒涜にも思えるが、古今東西の法医学者たちの仕事の成果を眺め、人間がいかに奇想天外な方法で事件や事故に遭うかに思いをはせると、奇妙な可笑しさがこみ上げてくる。

  • 駄々猫 さん

    原題「まぬけな死体」、なので、1巻とはやや趣が異なり、ひたすら法医学系の「おバカな」研究発表を集めた内容。「事実は小説より奇なり」とはよく言ったもので、アンビリーバボーな死に方が沢山出てくる。

  • 亮さん( ̄^ ̄)ゞ さん

    面白いな。相変わらず。でも今回は自殺について特化してる本なので1と同じだと思ったら間違いなので購入するときと気をつけたほうがいいかも。変な学術研究続編があるなら是非見てみたい。

  • 東中亭どテ珍 さん

    原題が『まぬけな死体』ならタイトルもそのままにしておいてほしかった。『変な学術研究1』の続編だと思って読み始めたので、延々様々な自殺の事例しか出てこないのには面食らった。興味深い事例もないことはないけど想像しただけで痛そうだったりであんまり気分のいい読み物ではない

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品