ロミオとジュリエット

ウィリアム・シェイクスピア

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784102020012
ISBN 10 : 4102020012
フォーマット
出版社
発行年月
2010年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,303p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    他のシェークスピア作品よりも、悲劇としてのインパクトにはやや欠けるようだ。モンタギューとキャピュレットの対立の構図が劇の基軸になっているのだが、その構造が強固過ぎるために、ドラマとしての緊張を生みだして行かないからである。また、主人公2人の悲劇を決定するのが両者の葛藤によるのではなく、手紙が届かなかったという偶然によったことも、劇の立体化を妨げている。もっとも、この劇はむしろ隠喩と諧謔と詩情に溢れたセリフをこそ味わうものであって、もともと劇的構造には力点が置かれていなかったのかも知れないのだが。

  • 紅はこべ さん

    ロミオの親友マキューシオとジュリエットの求婚者パリスが太守の親族ということは、モンタギューとキャプレット両家の確執には、この2人の太守の後継者争いが絡んでいたりして。マキューシオは何かロミオに気がありそう。太守とキャプレットは後継者を失い、若者世代で残ったのはモンタギュー家のベンヴォーリオだけ。モンタギューの一人勝ちか。

  • かみぶくろ さん

    おいおいちょっと落ち着けよと、幾度となくツッコミを入れたくなるロミオとジュリエット。二人の野放図な情熱と一直線ぶりは、この物語が、二人が出会ってからわずか数日で幕を閉じることからも示される。ただ、論理や利害に脇目も振らず、内的な衝動に突き動かされて行動する二人は、陶酔型のお手本としてある意味美しいのではないかと思った。近代が置いてきたものを見せてもらえた感がある。60年以上昔の訳はさすがに読みづらい部分もあるが、なんだか人間的で味わい深かった。

  • ふうらいぼう さん

    夏のキャンペーン限定のピンク色のカヴァーにひかれて購入。 何度も映画や舞台になった言わずと知れた名作。もって回ったような古めかしい言い回しが全体的に多い。古典なんだから当然なんだけど。そういう雰囲気を楽しめる人には最良の本なんだろう。格調高く味わい深い文章は私にとっては新鮮だった。

  • ゴンゾウ さん

    オリビア・ハッセイの映画で有名な作品。戯曲だからか実際に読んでみると悲劇の割にはライトな感じがした。おしとやかなイメージだったジュリエットが意外と強かった。シェイクスピアの四大悲劇には入っていないんですね。【新潮文庫の100冊 2017】

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品