アントニーとクレオパトラ 新潮文庫

ウィリアム・シェイクスピア

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784102020104
ISBN 10 : 4102020101
フォーマット
出版社
発行年月
2005年03月
日本
追加情報
:
16cm,238p

内容詳細

シーザー亡き後、ローマ帝国独裁の野望を秘めるアントニーはエジプトの女王クレオパトラと恋におちる。妖女の意のままになったアントニーはオクテイヴィアスとの大海戦に敗れ、クレオパトラ自殺の虚報を信じて自殺する…。多様な事件と頻繁な場面転換を用い、陰謀渦巻くローマ帝国を舞台に、アントニーとクレオパトラの情熱と欲情を描いて四大悲劇と並び称される名作である。

【著者紹介】
ウィリアム・シェイクスピア : 1564‐1616。ストラトフォード・オン・エイヴォンに生る。20歳頃出郷、初めロンドンで役者、後に座付作者として活躍。本編はじめ約37編の史劇・悲劇・喜劇を創作。詩作にも秀で、エリザベス朝ルネサンス文学の巨星となる。47歳で突如隠退、余生を故郷で送った

福田恒存 : 1912‐1994。東京生れ。東大英文科卒。評論・翻訳・劇作・演出の各分野で精力的に活躍。芸術院会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    シェイクスピアの4大悲劇などとはいくぶん趣きを異にする。つまり、作家の創作に関わる部分が少ないようなのだ。その意味では確かに「史劇」とする見解はもっともだ。基本的には『プルターク英雄伝』に基づくらしいが、例えば塩野七生の『ローマ人の物語』(史書ではないが)で描かれるアントニーもやはりこのような人物像だ。すなわち、「カエサルの後継者たる器量を持たない男」との評価である。劇の頂点は意見が分かれそうだが、私はクレオパトラの船が敗走を始めた時点にあると見る。なお、クレオパトラはもう少し妖艶でもよかったのでは。

  • ヴェルナーの日記 さん

    シェークスピア作品で、凡そ『ジュリアス・シーザー』が悲劇時代の始まりであり、本作『アントニーとクレオパトラ』は、ほぼ同時代の最後に位置づけられる。有名な悲劇『ロミオとジュリエット』は、若き青春の熱く迸る情熱的な悲恋を描いたのに対し、本作では成熟した大人の濃厚な愛の駆け引きを描いたといえよう。『ジュリアス・シーザー』においてアントニーは、民衆を我が身に惹きつけること成功し、一躍英雄に登りつめるが、クレオパトラとの恋によってシーザーと同じく凋落していく。この視点から観る時、クレオパトラは男どもを凋落する悪女?

  • 優希 さん

    『ジュリアス・シーザー』の続編とも言えると思います。シーザー亡き後、アントニーとクレオパトラは恋に落ちてしまう。その恋は濃密であり、且つクレオパトラの手の平で転がされているような印象すら感じます。クレオパトラの意のままに動いたと思えば、彼女の自殺の虚報を聞いて自殺する。まさに情熱と欲情のままに動かされた悲恋の主人公がアントニーと言えるような気がします。恋は堕落へと突き落とす恐ろしい政治的要素になり得ることを感じました。

  • イプシロン さん

    瑞々しい二人の恋愛悲劇を謳った『ロミオとジュリエット』とは対極にある、爛熟の恋愛劇がこの『アントニーとクレオパトラ』だろう。権威権勢、酸いも甘いも吸い尽くした二人にあったのは空虚と倦怠。そうした生から抜け出す術は、死への陶酔だっただろう。この世に生きて、仮に悟りに達してしまったなら、この世は退屈以外のなんでもないのだから。しこうして、彼らはこの世で味わえない死の世界への誘惑に駆りたてられ、死を選んだのだろう。だから、本作は悲劇臭が薄い。死は新たな生への旅立ちというシェイクスピアの観点が秘されているのかと。

  • fseigojp さん

    まさに傾国の美女 シェクスピアのマクベス夫人とクレオパトラは不世出の女形を念頭においた作劇だったと言われる たしかに

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品