大司教に死来る 須賀敦子の本棚

ウィラ・キャザー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309619927
ISBN 10 : 4309619924
フォーマット
出版社
発行年月
2018年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
285p;20

内容詳細

いま再評価の声高い20世紀米作家の記念碑的名作を、若き日の須賀敦子の瑞々しい新訳で。過酷ながらも美しいニューメキシコの大自然。広大な砂漠や危険な山岳地帯をラバで旅する二人のフランス人神父―19世紀半ば、彼らはその布教の地で、古代そのままに営まれる先住民族の文化に触れ衝撃を受けつつ、真の魂の豊かさを学んでゆく。ピュリツァー賞作家代表作。

【著者紹介】
ウィラ・キャザー : 1873‐1947。アメリカ、ヴァージニア州ウィンチェスターに生まれる。9歳のときに一家でネブラスカ州に移住、大平原を開拓するヨーロッパ各地からの移民の中で育つ。1895年にネブラスカ大学卒業後は、編集者、記者、教師などの職に就きながら創作活動を行う。1923年『われらの一人』(1922)でピュリツァー賞受賞

須賀敦子 : 1929年兵庫県生まれ。聖心女子大学卒業。53年よりパリ、ローマに留学、その後ミラノに在住。71年帰国後、慶應義塾大学で文学博士号取得、上智大学比較文化学部教授を務める。91年『ミラノ霧の風景』で講談社エッセイ賞、女流文学賞を受賞。98年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • syaori さん

    舞台は合衆国に併合されたばかりのニュー・メキシコ。米国人、メキシコ人、インディアン。様々な人々が暮らす地に赴任したフランス人司教の半生が描かれます。それは、入植初期のスペイン人宣教師たちの布教の歴史やインディアンと白人の対立と友諠、インディアンの信仰や生活などと混然と溶け合っていて、その中では悩みも苦しみも静謐で穏やかな色を纏っているよう。そんな、遠い聖人伝を思わせる物語が胸に迫るのは、訳者も言うとおりこの描写のなかに「真実」が、苦悩や悲嘆を昇華した後に残る純度の高い何か”があるからなのだと思います。

  • ヘラジカ さん

    辺境地に派遣された司教と神父の活動を描いた作品。二人は過酷な大地で過酷な生活を送りながらも、現地人とその風土文化に純粋な気持ちで触れていく。大自然と異種族を受け入れ融合していく二人の様々な物語は読んでいて心が浄化されるようだった。お気に入りはVI章の「ドーニャ・イサベラ」と、勿論VIII章「パイクス・ピークの黄金」。最終盤の涙が手紙の上に滴るシーンでは思わずこちらも目頭が熱くなった。最初は風景描写ばかりでもどかしく思っていたけれど、まさか最後には読み終えるのが惜しくなるとは。終わり方もとても美しい。名作。

  • けいこ さん

    19世紀後半のアメリカ・ニューメキシコ。まだインディアンが沢山いた時代。インディアンを酷使して、誤ってインディアンを殺してしまい、反乱を受けてしまった神父の話などが印象に残りました。純粋にキリスト教の教えを広げようとする者、自分が威張りたいから司教になる者。いろいろな司教がいたんですね。沢山の人達が登場して、少しずつ歳月が流れていく。そのゆったりとした歳月の進み方が良かったです。

  • いやしの本棚 さん

    須賀敦子が若かりし頃に訳したものであるということ、司教たちが布教への情熱を燃やした若き日を何度も回想する構成であることから、青春の物語でもあると感じた。ごく読みやすく、清らかで、美しい一冊。それにしてもラトゥール神父とヴァイヨン神父の友情が尊すぎた(他にもいろいろ感想はあるのだが)。

  • なおこっか さん

    学生だった須賀敦子さんが読後翻訳を熱望し、当時貧相だった日本語におけるカトリックの表現を模索しながら通訳した、その熱意にまず打たれる。そしてニューメキシコがアメリカに併合される時代、岩と砂の大地を旅してゆく神父たちの姿は、旅する人の感動に充ちている。彼らはカトリックの教義を持ちながら、かつてスペイン人に教えられ土地に馴染んだ独自の信仰を持つメキシコ人や、思想の異なるインディアンたちとも相互に尊重しあう。現実的には然程に融和は簡単な話ではなかったろう。だがこの物語を読みつつ、かくあれかしと願う気持ちが募る。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品