アーノルド ローベル

人物・団体ページへ

ルシールはうま ミセスこどもの本

アーノルド ローベル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784579402427
ISBN 10 : 4579402421
フォーマット
出版社
発行年月
1982年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,64p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 原口 南 さん

    ただの馬じゃ嫌だ、って貴婦人の格好して気取ってみるけれど、だんだん窮屈になってくる。また、自分に戻りたくて、脱いだり走ったりして、やっぱりそのままが一番良いんだね、と落ち着く。人も、『誰か』になろうとして、いろいろ試したり見せかけたりするけれど、そのままの自分を受け入れられるようになったとき、やっとほっとできるんじゃないかな?と思った。

  • pocco@灯れ松明の火 さん

    ローベル、動物絵最高!:馬のルシールは、自分に自信がなく「ぱっとしない」と思ってる。農家の奥様から魅惑の変身〜♪>>>馬に共感してしまう私。 ローベル作品、沢山読みたい!

  • めぐみ さん

    息子とお父さんが図書館に「どろんここぶた」を返しにいったら、本棚においてある「ルシールはうま」を発見。とってもチャーミングなうまのルシール。翻訳もとってもいい。

  • 魚京童! さん

    基本寝ることが重要だよね。

  • 遠い日 さん

    「わたしって、ぱっとしない うまね」というルシールのことばと気持ちはわからないでもない。毎日の生活に飽きることは誰しもあるもの。そんなときに心に忍び込んでくる別世界はよく見えるもの。お百姓の奥さんによくしてもらって、優雅な暮らしをしてはみたものの、身の丈に合わないものは仕方ない。なにが自分にとっていちばんかということが、本当にわかってよかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アーノルド ローベル

1933‐1987。カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。高校卒業後、ニューヨークのプラット・インスティテュートでイラストレーションを学んだ。1962年、『マスターさんとどうぶつえん』でデビューし、1971年『ふたりはともだち』(文化出版局)、1972年『よるのきらいなヒルディリド』(冨山房)でコルデ

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド