アーノルド ローベル

人物・団体ページへ

とうさんおはなしして

アーノルド ローベル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784579402496
ISBN 10 : 4579402499
フォーマット
出版社
発行年月
1973年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,61p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • masa@レビューお休み中 さん

    なんだろう、この奇妙な既視感は…。読み終わった後にどこかで同じものに触れた感覚が湧き起こるんです。懐かしいでもなく、忘れていたでもなく、なんとなく触れたという感覚。もしかしたら、幼いときにどこかで読み聞かされたのかもしれない。それとも、眠りにつくときに母親が読んでくれたのだろうか…。父さんねずみには7匹の子どもがいます。ねずみの男の子たちはベッドで横になりながら、お父さんにお話をしてとねだります。父さんはお話をするのですが、これがまた不可思議なお話なのです。読んだ瞬間に忘却の彼方へと消えてしまうような…。

  • chiaki さん

    とても優しい一冊でした。眠りにつこうとする7匹の我が子のために、1人1話ずつのおはなしをしてあげる父さんねずみ。どのおはなしも可愛らしくて面白くて。『のっぽくん ちびくん』のほっこりするラスト、『ねずみと かぜ』の意外な住人、『ズボンつり』の奥さんの台詞がよかったです♪

  • 花ママ さん

    ねずみが出てくる絵本が好きです。ある冬の夜、ねずみのとうさんが、お話が終わってすぐ寝るなら、7匹の子どもたち1人に1話、一度に7つのお話をしてあげると言います。なんと太っ腹❗7つのお話は、どれもユニークで面白いのですが、中でも〈のっぽくんちびくん〉〈ねずみとかぜ〉〈だいりょこう〉が好きです。ねずみのとうさん最高です。

  • ツバメマン★こち亀読破中 さん

    アーノルド・ローベルの絵本。ねずみのお父さんが、7人の子供を寝かし付けるためにした7つのお話し。子供が小さいときに読んであげたかったなあ。

  • 花林糖 さん

    (図書館本)お父さんネズミが作った短篇7話。お気に入りは「のっぽくん ちびくん」「ねずみと かぜ」。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アーノルド ローベル

1933年生まれ。フラット・インスティテュート卒業。1962年『マスターさんとどうぶつえん』でデビュー。1970年にスタートした『がまくんとかえるくん』シリーズは、世界的なロングセラー。1981年『ローベルおじさんのどうぶつものがたり』でコールデコット賞受賞。1987年死去

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド