アーサー・コナン・ドイル

人物・団体ページへ

シャーロック・ホームズ最後の挨拶 シャーロック・ホームズ全集 8 河出文庫

アーサー・コナン・ドイル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309466187
ISBN 10 : 4309466184
フォーマット
出版社
発行年月
2014年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
558p;15

内容詳細

兄マイクロフトの依頼で盗まれた国家機密の行方をさぐる「ブルース‐パティントン設計図」、死病に冒されたというホームズが意外なる解決を導く「瀕死の探偵」、探偵業引退後のホームズを描いた「最後の挨拶」ほか、数奇な発端とあざやかな解決に満ちた第四短編集。コナン・ドイル円熟期の傑作群。

【著者紹介】
アーサー・コナン・ドイル : 1859‐1930年。医師・作家・心霊主義者。スコットランド生まれ。名探偵シャーロック・ホームズの生みの親。1887年に『緋色の習作』を発表して以来、約40年間にわたり60編の『ホームズ物語』を書く

小林司 : 1929年、青森県生まれ。医学博士、作家、シャーロッキアン。ベイカー・ストリート・イレギュラーズ(米国)、ロンドン・シャーロック・ホームズ会その他の会員。2010年没

東山あかね : 1947年、東京都生まれ。フォトジャーナリスト、シャーロッキアン。1977年、夫(小林司)と日本シャーロック・ホームズ・クラブを設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • うみ さん

    何回目かの再読(笑)。『SHERLOCK』シリーズのシーズン4の詳細が発表され、第二話『臥せる探偵』がおそらく原作『瀕死の探偵』にあたるのでは?と思い、もう一度読みたくなった次第。最初に読んだ時は、自分もワトソン同様、ホームズに騙されたな。この河出が出版したホームズシリーズは、「日本シャーロック・ホームズ・クラブ」設立者の小林司・東山あかね夫婦が訳されたもので、前から読んでみたかったのでいい機会でした!注が詳細なのがありがたい。偕成社シリーズで揃えていたので、河出文庫を集め始めようと決心!

  • hydrangea さん

    子供の頃に読んでいた際には、「最後」のあとにも短編集があるなんて思わなかったのですよねw 「最後の挨拶」に代表されるように、第一次大戦の影がチラチラと漂い、「冒険」の頃の雰囲気とまた違う味を楽しめるのではないかと感じます。380頁位の本編に対して、170頁程もある注釈・解説の類というのは、相変わらず長さを感じますがw

  • roughfractus02 さん

    大英帝国は個室に海外からの物と人を出入りさせる。個室の犯罪では探偵はそれら出入の痕跡から仮説、演繹、帰納の推論で事件の瞬間を再現し、筆記者はその動機を付加する。が、暗号にはその解き方を握る何かが関わる。探偵が手こずるのは何かの命令で動くスパイだが、何かは個室の外にいてその痕跡を強調しつつ曖昧に留める。この場合、探偵の実験内容は過去を再現せず、何かの関与で不透明な未知の動きの予測へと変わる。死体を屋根に乗せて走る地下鉄の動きには、後に機械が行うシミュレーションが導入される。読者も探偵の最後の挨拶を予測する。

  • しばっち さん

    第一次世界大戦を目前にした時代のお話。故に初期の物語とは比べものにならないほどの影がつきまとう。それでもホームズの推理は鮮やかで、ワトソンとの友情は厚かった。彼らが嵐の中を生き延びられますように。

  • TomohikoYoshida さん

    どの話も、意外なトリックに翻弄されながら読んだ。「最後の挨拶」はホームズがサセックスに隠居した後、久々にワトスンとのコンビが復活した様子が書かれている。もうそろそろ、ホームズの完全な引退が近づいている。この全集も残すところ、「シャーロック・ホームズの事件簿」を残すのみ。残りの物語もじっくり楽しみたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アーサー・コナン・ドイル

1859年イギリス生まれ。開業医をしていたがはかばかしくなく、生活のために筆をとり、1887年発表の『緋色の研究』で名探偵シャーロック・ホームズを創造。1891年から「ストランド・マガシン」に連載した、ホームズが登場する短編で圧倒的な人気を集め、一躍作家的地位を確立した。1930年没

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品