土曜の夜と日曜の朝

アラン・シリトー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784102068021
ISBN 10 : 4102068023
フォーマット
出版社
発行年月
1979年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
310p;15

内容詳細

「人生はきびしい、へこたれるもんか」―自転車工場の若い工員アーサーは、父親から上司、政治家に至るまで権力と名が付くものが大嫌い。浴びるように酒を飲み、人妻を誘惑し、気に入らないヤツに喧嘩を売る日々を送っている。悪漢物語の形式を借りて労働者の青春を生き生きと描き、第二次大戦後のイギリス文学界にショックを与えたシリトーのデビュー作。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    デイリー・ミラー(大衆紙「ザ・サン」の創刊はもっと後)を読み、酒場ではもっぱら地元サッカーチームの勝ち負けを話題にし、土曜の夜はビールとジン(ウイスキーではない)を浴びるほどに飲む。気分はいささかアウトローだが、仕事にはそれなりに精を出し、相応の週給を手に入れる。そして、人妻相手のラヴ・アフェアー。イングランド中部の典型的なワーキングクラス・ヒーロー、アーサーの物語。ノッティンガム独特のグース・フェアを登場させるなど、リ−ジョナルでありながらも、それ故にこそ普遍性を獲得した、これは失われた郷愁の物語だ。

  • Hideto-S@仮想本屋【おとなの絵本屋 月舟書房】 さん

    へこたれさえしなければ、このくだらない世界も悪くない。週末は酒と女性に溺れて厳しい人生に立ち向かうのさ……。自動車工場で働く24歳のアーサーの日常を【ピカレスク】の形式で描いた物語。職場の上司や政治家、父親と権威と名の付く全てに対する憤怒でひたすら尖っている『土曜の夜』。【生活】を受け入れどこか諦念を漂わせながらも、できる限りしたたかに生きようとする『日曜の朝』。1958年に発表された【怒れる作家】アラン・シリトーのデビュー作。大学生の頃に読み「へこたれるもんか!」という台詞に共感した。リアルな青春小説。

  • ケイ さん

    男達は工場で毎日働き、週末給料を手にしたらビールを飲みに行く。喧嘩をする。人妻と浮気をする若者に、酔うと妻を殴る夫。中絶騒ぎ。ありふれた労働者たちの日常と彼らの食卓から感じ取れる暖かさ。日曜の朝、亭主が留守の間に浮気相手が焼いてくれたベーコンの肉汁。浮気がばれて殴られても、枕元に母親が運んでくれる紅茶とクリィムビスケット。働いて、飲んで、食べて、女と遊ぶ。お金が入れば親戚の子供たちにお小遣いをあげる24歳のアーサーは、喧嘩で負けても決して謝らない気概持ち。強い男はハードボイルドなんて鼻で笑うだろう。

  • KAZOO さん

    イギリスの労働者階級の若者の週末をえがいている物語です。当時のイギリスの状況などとくに風俗や労働者の生活がきめ細かに描かれていて読みでがありました。十代に近い青年がどのような感じで大人になっていくのかなあと感じさせる小説です。映画化されたということですが私は見ていません。見たい気がします。

  • masa さん

    土曜の夜は最高さ。予感に満ちているから。世界の善し悪しですら、僕ら次第でいくらでも変わる気がするだろう。本当はとっくに手遅れだとしても。時間だけは平等だから、僕は贅沢に今夜を無駄遣いするんだよ。タバコで煙に巻いたつもりでも、隠し切れない不満が爆発寸前だろう。賑やかにやろう。酒と女と喧嘩で奏でる出まかせの唄は、終わりなきパンクさ。やがて、日曜の朝を迎える。二日酔いの痛みは、目覚めの虚しさを警告するようだ。物思いに沈む祭りのあと。僕らを栽培する社会で、終身刑みたいに繰り返す仕事をやり過ごすんだ。次の土曜まで。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アラン・シリトー

1928‐2010。イギリスの作家。労働者の息子としてノッティンガムに生れる。19歳で空軍の無線技手となるが、肺結核にかかり療養中に創作を開始。1958年、労働者階級の生活を内側から描いた『土曜の夜と日曜の朝』で一躍有名になる

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品