キラキラ フレーベル館復刊絵本セレクション

やなせたかし

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784577040294
ISBN 10 : 4577040298
フォーマット
出版社
発行年月
2012年07月
日本
追加情報
:
1冊 26×21cm

内容詳細

人と人が理解し合うために…永遠のテーマを描く感動作。4才ごろから。

【著者紹介】
やなせたかし : 柳瀬嵩。高知県生まれ。日本漫画家協会理事長。百貨店宣伝部にグラフィックデザイナーとして勤務の後、漫画家・絵本作家として活動を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • どあら さん

    切ないお話なので、子供たちへ読み聞かせた時の反応が気になりますが、チャレンジしてみたいです。(4分40秒、全学年)

  • Maiラピ さん

    キンダーおはなしえほん1975年2月号初出。絵もお話も色あせていません。今も切なくなります。

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    オビエ村に住む、弓の名人キルと棒の名人キリの兄弟。高い山に住むキラキラという怪物を倒すため登ります。自分と異質なものを見た時、人は殆どキル(兄)のような行動をとるでしょう。怪物からみたら自分たちが異質なもの。逆を考えたら怖いですし、怪物だからではなく、人間同士にもあるのではないでしょうか?

  • どあら さん

    今朝、5年生に読み聞かせをしました。子供たちはしっかり聞いていてくれました。

  • カナ さん

    逆にバケモノから人間を見たら人間はバケモノみたいでこわいのだ。相手がどう思っているだろうと想像する力があったら変わっていたかな。恐怖が先立って、冷静さを欠くとありがちなことかも知れない。ちょっと深いな。色々考えさせられる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

やなせたかし

1919年生まれ、高知県出身。百貨店宣伝部にグラフィックデザイナーとして勤務の後、漫画家・絵本作家として活動を始める。絵本作品に『あんぱんまん』(フレーベル館)など多数。2013年永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品