どんな小さなものでもみつめていると宇宙につながっている 詩人まど・みちお100歳の言葉

まどみちお

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784104641024
ISBN 10 : 4104641022
フォーマット
出版社
発行年月
2010年12月
日本
追加情報
:
19cm,127p

内容詳細

童謡「ぞうさん」の詩人が、雑誌などのインタビューで語った談話の中から、心に響く言葉を掬い上げて紹介。100歳を越えてなお、日々みずみずしい言葉を芽吹かせつづけている詩人が語る、ことばの果実。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 新地学@児童書病発動中 さん

    100歳の時のまどさんの言葉。まどさんの優しさが心に沁みて、じーんと感動した。世界の文学者の中で、最も優しい人だったのではないかと思う。この地球上のどんな物も生き物もかけがえのない存在なのに、「人間は、ほかの存在を脅かすことばかりやっています」だから「ぼくが ここに」(私が一番好きなまどさんの詩)という詩を書かずにはいられなかった、という本文中の言葉が本当に嬉しい。まどさんは蚊のような小さな生き物を詩にするが、蚊を通して宇宙につながっていたことが分かった。まどさんに出会えて良かったと改めて思う。

  • 千穂 さん

    ほかの人にとっての常識が、私にとっては、はっとするような発見なのです。目の上のイボさえも世界の見え方のバリエーションが増える楽しくてうれしいのと。好意的に捉えるこの考え方が素晴らしい。

  • TANGO さん

    図書館で立ち読み。まどさんの、そのままの言葉がつまった1冊。宇宙人で、詩人。泣きたくなるとき、大先輩の言葉は、心身に沁みわたる。

  • kimi さん

    こんなに大事に想う本に出会えると思っていませんでした。という位、自分にとってものすごく大事な本です。

  • とよぽん さん

    人間という生きものの存在が、いかに小さいものか。詩人まど・みちおさんは謙虚に語る。宇宙のあらゆる生きもの、物質に生かされているから、「人権」ではなく「生命権」を大切に。「人間は、一生のうち、どの部分をとっても、全部が貴重なんですよ。」と。100歳になって、「これから新しいことができるんじゃないかと思う。」とも。本当に、偉大な詩人。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

まどみちお

1909年山口県生まれ。1968年に出版された詩集『てんぷらぴりぴり』(大日本図書)が野間児童文芸賞を受けた。作品集、詩集、曲集など数多くある。2003年には、長年の詩と童謡創作の業績により日本芸術院賞を受賞。2014年逝去。1994年国際アンデルセン賞作家賞を受ける

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品