だるまのしゅぎょう

ませぎりえこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784033321004
ISBN 10 : 4033321004
フォーマット
出版社
発行年月
2013年02月
日本
追加情報
:
28

内容詳細

みんなのねがいをかなえてくれるだるまさん。じつはね、しらないところでこーんなしゅぎょうをしているんだって。4歳から。

【著者紹介】
ませぎりえこ : 柵木理恵子。1971年、名古屋生まれ。子育てするなかで絵本に興味をもち、絵本研究をおこなうサークルに参加。青木正夫氏に師事し、作品制作を続ける。絵本『だるまのしゅぎょう』がデビュー作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Kawai Hideki さん

    娘の「だるまの絵本が読みたい」に応えて。喧嘩をしていた女の子二人が、祭りの縁日で買っただるまに導かれて、「だるまの修行」の旅に出るお話。修行のカリキュラムは、「七転び八起き」「がまん強いこと」「だるま落とし」にちなんだ内容。最後は仲直りできて良かった、良かった。500円が200円に値下がりしても、小学生がだるまなんて欲しがるかなあとか、売りに出ていただるま達は、修行をクリアしてきてなかったのかなとか、だるまの修行をクリアした女の子達はだるまになってしまわないかとか、細かいところが気になるが、まあ、いいか。

  • mincharos さん

    すごく楽しいお話だった!前日に喧嘩してしまった二人の女の子が、だるままつりでだるまを購入したら、だるまの世界に紛れ込み、だるまの修行に強制参加させられて、、、3つの心得を身に付けるべく修行に励む沢山のだるまたち。高畠さんの「だるまだ!」でも沢山のだるまが出てきたけど、こっちはだるまの表情が全て違って、とてつもなくユーモラスで面白い!子供たちと「これ変な顔ー!」「こっちも変だよー!」「これは可愛い〜」と盛り上がった。最後はちゃんと二人の願いも叶って、ハッピーエンド!

  • いろ さん

    喧嘩していた2女児が,だるままつりで不思議なだるまの修行世界に紛れ込んで…というお話。お正月に読んだ絵本の中で,8歳男児トップレベルのお気に入り。内容より途中の「こちょこちょすごろく」で遊ぶのが大大大好きなんだけど^^; そのページにたどり着くと,もしくは,絵本を読み終わったらすぐに,自作のサイコロ代わりの紙切れ3枚(投げて出た数字の合計数だけ目を進める)をおもむろに出して「しよう♪」こちょこちょされて大はしゃぎ。大量のダルマの絵は,わやわやとユルイ表情が豊かで何とも愛嬌たっぷり,見ているだけで楽しい。

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    事業所で読み聞かせしました。

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    ケンカしたどうしで出かけただるま市で、さくらちゃんとるりちゃんが入り込んだだるまの世界。だるまの世界も大変だと思いつつ、大人の私もだるまの心得には感心しました。 お詣りで買ってきただるまさんは、単なるお飾りではないことを、心に命じながら、絵本としては楽しめるお話しでした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ませぎりえこ

柵木理恵子。1971年名古屋生まれ。絵本作品多数。幼児雑誌などで作品を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品