万華鏡の女 女優ひし美ゆり子

ひし美ゆり子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480873651
ISBN 10 : 4480873651
フォーマット
出版社
発行年月
2011年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
272

内容詳細

「ウルトラセブン」のアンヌ隊員からセクシー映画女優、そしてネットアイドルへ。1960年代から現在まで、映像メディアの変遷に流され、たゆたい、輝き続けた比類なき女優・ひし美ゆり子の全貌を探る。

【著者紹介】
ひし美ゆり子 : 1947年生まれ。高校2年の時に東宝にスカウトされ、数々の映画、テレビ作品に出演。「ウルトラセブン」の友里アンヌ隊員は当たり役となる。72年、フリーとなり、邦画各社の作品で活躍

樋口尚文 : 1962年生まれ。映画批評家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
昭和日本の特撮ファンにとって、「ひし美ゆ...

投稿日:2011/07/15 (金)

昭和日本の特撮ファンにとって、「ひし美ゆり子」さんという存在がいてくれたことは僥倖というべき事件だったと思います。(対象年齢を高く想定していたとはいえ)子供向け番組だったウルトラセブンに登場した国籍不明(?)のアンヌ隊員の(子供ごころにも)素敵にセクシーだった姿。当方が、成長し、高校から大学に入る頃、あの憧れのアンヌ隊員が披露してくれた輝くばかりに美しいヌード。その後、アンヌ隊員とは真逆なセクシー路線に進出しながらも、結局、永遠のアイドルであるアンヌ隊員に戻っても違和感がない。DVDでは、清楚な(キャラクタの中にお色気がかくせない)アンヌ隊員や、全裸で刀をふりまわす悪女や、明るいセクシーな保険調査員まどがいつでも楽しめるという、ある意味、元祖オタク世代にとって、まさに「女神」。もう二度とこんな女優さんは現れないと思います。

nasso さん | 岩手県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まさやん80 さん

    樋口尚文さんが敬愛するひし美ゆり子さんをインタビューした本。東宝俳優養成所時代から始まり、映画の端役時代、テレビの進出、そして「ウルトラセブン」、そしてセクシー女優へと流れに任せるように過ぎてきたひし美ゆり子の生き方が、豊富なエピソードで語られる。中でも「ウルトラセブン」時代の逸話は聞き手の樋口さんの知識が豊富なので、次から次へと紡ぎ出されて圧巻。ひし美さんのからっとした姉御肌の魅力もよく出ている。

  • まんだよつお さん

    まだ子供だった僕は、ポルノ映画は良い子が見てはいけない映画、ハダカになるのは売れなくなった女優さんだと誤解していた。だから、かつてのアンヌ隊員がヌードになってポルノに出てことを知ったときにはショックを受けた記憶がある。まあ、これもひとえに親や教師、マスコミなど「良識派」からの刷り込みのせいだったが……。女優さんの本は、自筆(?)による稚拙な内容が多くがっかりさせられることが多いが、インタビューと評論部分で構成された本書は楽しめた。DVDを大人買いして、もう一度「ウルトラセブン」を見直したくなった。

  • kobaatsu さん

    各所に配されたスチールが問答無用の美しさなのは当然として、樋口氏によって各出演作品が当時の映画史に丁寧に位置付けられる試みがなされていてすごく楽しんで読んだ。ひとつの映画史料として(キリッなどいいつつ実はやっぱり若き日のアンヌさんを愛でる愛でる

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ひし美ゆり子

1947年生まれ。1964年高校2年生の時に東宝にスカウトされ、1966年デビュー。以後、映画、テレビ作品に出演する。1967年10月放送開始の『ウルトラセブン』のウルトラ警備隊アンヌ隊員は当たり役となり、今も根強いファンを持つ。1972年東宝を離れフリーとなり、邦画各社の作品に出演する

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド