疲労ちゃんとストレスさん

にしかわたく

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309290591
ISBN 10 : 4309290590
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
144p;21

内容詳細

「不調かな」「うつかな」と悩む前に。「疲れ」が客観的に測れるって知ってました?長年謎だった「疲労のメカニズム」が明らかに!マンガでわかる疲労研究最前線。

目次 : 第1章 はじめまして、疲労ちゃん―「疲労」って何?/ 第2章 疲労ちゃんの身体測定―「疲労」って測れるの?/ 第3章 疲労ちゃんのひみつ 誕生編―疲労が起こる仕組み/ 第4章 情け無用のヘルペスさん―「疲労」とヘルペスウイルス/ 第5章 疲労ちゃんとストレスさん―ストレスと疲労は同じもの?/ 第6章 疲労ちゃんストレスさんの危ないチキンレース―「ストレスは疲労の原因」ってほんと?/ 第7章 疲労ちゃんのひみつ 卒業編―疲労回復の仕組み/ 第8章 疲労ちゃん、ライバル登場―生理的疲労と病的疲労

【著者紹介】
にしかわたく : 1969年長崎県生まれ。東京都国分寺市で育つ。大学在学中に『月刊アフタヌーン』で商業誌デビューする。現在は漫画・イラスト・映画コラムに活動中

近藤一博 : 1958年三重県生まれ。愛知県と大阪府で育つ。大阪大学医学部卒業後、大阪大学附属病院研修医、大阪大学微生物病研究所助手、スタンフォード大学ポストドクトラルフェロー、大阪大学医学部微生物学講座准教授を経て、東京慈恵会医科大学ウイルス学講座教授。同・疲労医科学研究センター教授を兼任。日本ウイルス学会評議員、日本疲労学会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 馨 さん

    お気に入り様のレビューを読み購入。疲労とストレスが別物だったこと、ストレスはないといけないものだなんて驚愕でした。また外国の人たちは休み上手で日本人みたいに疲れていないので疲労の研究は日本で進めないと進展しないこと等驚きでした。唾液の中のヘルペスウイルスの数、私も検査してもらいたいです。ヘルペスには長年悩まされているのですがこのようなヘルペスの解説がある本は初めて読みました。わかりやすくて勉強になり納得出来読んで良かったです。

  • こばゆみ さん

    先に読んだ続編が面白かったのでこちらも。疲労にも寝たり軽い運動で回復する生理的疲労と、うつ病などの症状でなかなか回復しない病的疲労があるとか、ストレスと疲労が極限まで達すると元気そうに見えた人が急に倒れてしまう原因とか、なるほどーと思うことがたくさん。疲労度を測るヘルペスウイルスの検査、もっと安価になって広まると良いな。

  • aoi さん

    漫画。読みやすい。 疲労とストレスは別なんだね。 私はヘルペスどころか口内炎も出来ないし身体的な疲労は少ないのかも。特に最近は体力ついたしなぁ〜〜。 脳が作り出す慢性的な焦燥感疲労感をジャミングしたくて永遠にストレスを掛けて誤魔化してる。 脳が……クゥゥ脳が…(´;ω;`) 弱音を吐いたが結局は何だかんだ元気(?)な気もする。これが私の人生なのかも。

  • かりん さん

    5:《疲労やストレスのメカニズムを知る。》目からウロコとはこのこと…‼ と思い、何度も読み返しています。体の疲れと心の疲れのメカニズム、疲労とストレスの違いや関係といった対処法の手前のところが示されていて、数多見聞きしてきた対処法の意味や正否も見えてきます。研究の紹介という面があるゆえ、提示されている疲労の測定法が「簡単だけど、実際に近所の病院で受けられる体制にない」のが残念ではありますが、それを除いても疲労やストレスとの付き合い方が確実に変わる一冊だと思う。マンガの絵もあまりないタッチで面白かった。N

  • kawasaki さん

    疲労とストレスについての研究を紹介する「解説漫画」。解説そのものは実直で、「これで万事解決!」みたいな健康食品販売的な煽りを入れるわけでもなく、「ここまでわかった」「この先の研究はまだこれから」を紹介していくのだけれど、「ここまでわかるのか」「研究がさらに進んでほしい」と希望がある読後感。監修の先生が漫画執筆もたしなむ方(本作の作画は別の人)で、漫画に対するご理解があるせいか、解説役として登場する監修者本人のキャラに癖があり、漫画として笑えるツボを押さえてくる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品