黒い林檎

たくきよしみつ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309014210
ISBN 10 : 4309014216
フォーマット
出版社
発行年月
2001年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
322p;19

内容詳細

新宿歌舞伎町を舞台に、針灸・気功の達人嵯峨野と、愛弟子・創司が奮闘する。「フゲンβ」と呼ばれる謎の媚薬に秘められた驚愕の真実とは。驚異のミステリー・エンターテインメントノベルついに刊行。

【著者紹介】
鐸木能光著 : 1955年、福島県福島市生まれ。『マリアの父親』で第四回小説すばる新人賞受賞。『G線上の悪魔』『カムナの調合』など小説作品の他、『デジタルストレス』『ワードを捨ててエディタを使おう』など、電脳社会をテーマにした著作も多い。文芸ネット発起人。著作権証明準備機構世話人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 朱音 さん

    ある種の「選民思想」または「科学のためなら多少の犠牲はやむを得ない!」という考え方。何度も否定されつつもなお現在もどこかにあるのではないでしょうか。特にSFやホラーなどの分野では敵役としてのそんな「マッドサイエンティスト」の活躍(?)が期待されます(笑)この話もそういった分野に入るのでは。ニュアンスとしてエンターティンメント要素が濃い。(つまり大人向き“お色気”シーンがたっぷり)話が広がってゆくその広がり方に比べて収束に向かうとちょっとあっけない部分もあるけれど。結構楽しめます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

たくきよしみつ

鐸木能光。1955年、福島市生まれ。原子力政策の闇をテーマにした「マリアの父親」で第4回小説すばる新人賞(1991年)。作曲、小説、デジタル文化論、狛犬研究など幅広い分野で活動。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品