地べたを旅立つ 掃除機探偵の推理と冒険

そえだ信

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784152099853
ISBN 10 : 4152099852
フォーマット
出版社
発行年月
2020年11月
日本
追加情報
:
290p;19

内容詳細

札幌方面西方警察署刑事課勤務の鈴木勢太は小樽市で交通事故に遭い、目覚めると――ロボット掃除機となっていた。こんな姿になっても義父からDVを受けて勢太が保護していた姪を護らなければいけない! 卓抜な着想で選考委員達を驚嘆させた掃除機ミステリ。

【著者紹介】
そえだ信 : 2020年に『地べたを旅立つ』で第10回アガサ・クリスティー賞大賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みっちゃん さん

    暴走車にはねられ、意識を取り戻したら自分は高性能の掃除機になっていた…あり得な〜い!しかも目の前には謎の死体が。このとんでもない事態にも半狂乱にならず(なっても仕方ないが)回りの状況を把握しつつ、打開策を探るあたり、さすが警察官よ。大事な姪を救う為、札幌から小樽までの30キロの大いなる旅に出る。壁、ドア、段差!行く手を阻む困難を高機能の身体を駆使して突破、突破!「出来すぎやろ」と思いながらも、充電の電源を借りるのさえ、罪悪感を感じる誠実な人柄にいつしか声援を送る自分がいた。面白かった。楽しめたよ。

  • オーウェン さん

    多分だろうけど史上初の掃除機探偵が登場する。 意識を失い掃除機の方へとなってしまった刑事の勢太。 1人娘のため何とか30キロ離れた小樽に移動しないといけないが、掃除機の機能を駆使して奮闘する。 形状から見てもルンバであることは明白で、ネットに繋げたり情報を喋れたりという、SIRIのような機能を兼ね備えている。 この移動と同時に、密室の部屋の中で死体の謎を解かなければならない。 最終的になぜルンバなのかという点を生かす推理を含めて、アイデア勝負の作品。 だから細かい粗は無視して勢いで読む作品かな。

  • kou さん

    事故に遭った刑事が目覚めたら「スマートスピーカー機能付きロボット掃除機」になっており、そこから娘の危機を救う為、30キロ離れた小樽まで旅に出る。あらすじを読んだ率直な感想としては、この題材でアガサ・クリスティー賞に挑んだ著者の挑戦に凄いを通り越して恐怖すら憶えた!!しかし、読み始めると先が気になって読むのが止められなかった。何故なら、先の展開が予測不能だから(笑)。突っ込み所は満載だったが、色んな意味で面白い一冊だった。

  • ツン さん

    凄すぎる。。交通事故にあった警察官がAndroidルンバに憑依しちゃうなんていう設定、どうやったら思いつくんでしょう。。そして、娘を守るために旅に出るなんて。設定もすごいけど、ストーリーもおもしろい、アガサ・クリスティー賞大賞受賞もわかります。

  • pohcho さん

    第10回アガサ・クリスティ賞大賞作品。交通事故に巻き込まれ意識不明の重体になった刑事が目覚めると、何故かルンバのような掃除機になっていた!?愛する姪を守るために札幌から小樽まで、ロボット掃除機が旅をしていろんな事件に遭遇する物語。段差はNG、でもスマート機能搭載だからネットやメールが使えて、マジックハンドで軽いモノなら持ち上げられる。限られた機能をいかに工夫して事件を解決に導くのか、とてもワクワクしながら読んだ。老夫婦との出会いがよかったし、姪とのエピソードも心温まる。面白かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

そえだ信

2020年に『地べたを旅立つ』で第10回アガサ・クリスティー賞大賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品