いわむらかずお (岩村和朗)

人物・団体ページへ

うそみーるめがね

いわむらかずお (岩村和朗)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784835454771
ISBN 10 : 4835454774
フォーマット
出版社
発行年月
2017年04月
日本
追加情報
:
32p;25

内容詳細

どんなうそもすぐわかる、うそみーるめがね。きみも、かけてみる?「14ひき」シリーズ、「かんがえるカエルくん」シリーズなどでもおなじみ、いわむらかずおの初期傑作絵本があらたな装いで復刊!

【著者紹介】
いわむらかずお (岩村和朗) : 1939年東京都生まれ。東京芸術大学工芸科卒。1998年栃木県馬頭町(現・那珂川町)に「いわむらかずお絵本の丘美術館」を開館、絵本・自然・子どもをテーマに活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    自分でもセロファンでメガネを作ったことがあるので、色のついた世界の不思議さは懐かしい思い出です。 青い世界、黄色い世界、赤い世界…、と色を掛け合わせた世界。 そんな世界をベースにしたファンタジーですが、嘘を見抜くメガネの完成にはビックリ。 色の不思議さとお話のドキドキ感が楽しめました。

  • あおい さん

    水色のめがねを作った男の子が公園で「いいめがねをかけているね」と猫に声をかけられる。世界中のめがねを集めているという猫に誘われるまま不思議な世界に迷い込んでドキドキの展開に。ラスト唐突に夢からさめた感じ。

  • どあら さん

    図書館で借りて読了。うそを見破った後がちょっとあっけなかったかな…

  • ケニオミ さん

    水色のサングラスを作った男の子。自慢しに空き地に出かけますが、誰にも会えません。そこにいたしゃべる猫に誘われて地下へ行ってみると・・・。最後の方ちょっと怖かったけれど、楽しい冒険でした。ちゃんと帰ることができてよかったね。

  • 遠い日 さん

    初出は1972年。現在の岩村さんの画風とは異なって、かえって新鮮。自分で作ったメガネを巡るファンタジー。ネコのメガネ屋ゴーグルとの出会いで、二人のメガネが合体すると嘘が見えることを発見。逆恨みのキツネに追われて、危機一髪の目にあう。闇の中の光が、現実と切り結ぶ一瞬がすばらしい。ファンタジーの楽しさに満ちたお話。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

いわむらかずお (岩村和朗)

1939年東京都生まれ。東京芸術大学工芸科卒。1998年栃木県馬頭町(現・那珂川町)に「いわむらかずお絵本の丘美術館」を開館、絵本・自然・子どもをテーマに活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品