ねこまつりのしょうたいじょう

いとうみく

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784323073729
ISBN 10 : 4323073720
フォーマット
出版社
発行年月
2016年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
174p;20

内容詳細

小学3年生の耕太は、食べていたアイスの棒に「アタリ」の文字を発見する。よく見ると、棒には『アタリ ネコゾク ネコマツリ ゴショウタイ』とある。「ねこまつり?」あやしみながらも、気になってしかたがない耕太は、宿題そっちのけで会場へと向かう。そこで耕太を待ち受けていたのは、ペットでも、のらねこでもない、「ねこぞく」だった。耕太はねこぞくに見こまれ、ねこまつりの担い手に選ばれるのだが…。3・4年生から。

【著者紹介】
いとうみく : 神奈川県生まれ。『糸子の体重計』(童心社)で第46回日本児童文学者協会新人賞、『空へ』(小峰書店)で第39回日本児童文芸家協会賞を受賞。『二日月』(そうえん社)が第62回青少年読書感想文全国コンクールの課題図書に選定される。全国児童文学同人誌連絡会「季節風」同人

鈴木まもる : 東京都生まれ。画家、絵本作家、鳥の巣研究家。全国各地で鳥の巣の展示をしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • バニラ風味 さん

    ある日、コータがアイスを買って食べると、なんとその棒には「アタリ」の文字が。いやいや、よくみると、アタリだけでなく、ネコゾク ネコマツリ ゴショウタイ」と書かれていました。なんと、魅力的な出だし。ねこまつりとは、何なのか。というワクワク感と、それに続く、猫たちとのやりとりが面白い。なんとなく、続きがありそうな気配も。やんちゃそうなコータと勢いあるねこの絵が、いい感じ。

  • ぱんだむ さん

    アイス棒のアタリから始まる不思議な話。面白かったです。タマジロウとミャーキチも可愛かった(良いコンビ)魚屋さんもナイスでした。

  • みつばちい さん

    夏休みも残すところあと数日という日に、買ったアイスの棒になにやら小さな文字が、、あたり?と思いきや、ねこまつりへの招待状だった。ねこまつりを開催するには、人間の子が3つの供え物を手に入れなくてならなくて、、、 いとうみくさんが好きなので読んだが、鈴木まもるさんのイラストだったし、猫が出てくるからどうしても竹下文子さんの作品かと思ってしまった^_^

  • 杏子 さん

    いとうみくさん新刊というので読みました。 アイスキャンディーの棒にアタリくじなんて懐かしい!!それが、ねこまつりへの招待状なんて心憎い演出です。ねこでもペットでもない、ねこぞくとぼくのチャレンジ!3つの供物を集めるだなんて、ゲーム好きな子の心をくすぐるかも?ファンタジー好きもくすぐられます。読みやすいし、イラストも多用されてるし、子どもたちの人気も出そうです。 ちょっと「どんぐりと山猫」を連想させるところもありましたね。楽しかったです。

  • timeturner さん

    語り口が生き生きしていてスピード感があって、読むのが楽しかった。可愛い見た目とは裏腹に慇懃無礼なタマジロウや幼いミャーキチの使い方も巧い。私もタマばあさんみたいになりたいなあ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

いとうみく

神奈川県に生まれる。『糸子の体重計』(童心社)で第46回日本児童文学者協会新人賞、『空へ』(小峰書店)で第39回日本児童文芸家協会賞を受賞。全国児童文学同人誌連絡会「季節風」同人

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品