トップ > 映像DVD・BD > 商品・チケット情報 > 邦画 > 『あがた森魚ややデラックス』 あがた森魚インタビュー 2

『あがた森魚ややデラックス』 あがた森魚インタビュー 2

2009年11月25日 (水)

interview
あがた森魚


いよいよ東京での劇場上映は11月13日(金)までとなった、『あがた森魚ややデラックス』。第1弾としてお送りした竹藤佳世監督インタビューに続き、第2弾は本作の主役、あがた森魚さんをお迎えしました。わたしがあがたさんを知るきっかけとなったのは、元THE YELLOW MONKEYで現在はソロで活躍されている吉井和哉さん。2001年5月23日にリリースされたあがたさんのベスト版『20世紀漂流記』には「マイ・ベスト・あがた森魚」とタイトルされ、”吉井和哉が思う あがた森魚”についてが愛を多分に含み、綴られていた。そして、2007年12月19日にリリースされた吉井さんのシングル「バッカ」のPVにはあがたさんが出演されていたり・・・と昔から親交のあるお2人ですが、そこからさらに進展が。THE YELLOW MONKEY 20周年企画として、12月9日にリリースされる『THIS IS FOR YOU 〜 THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM』であがたさんは「4000粒の恋の唄」を唄われることになった。そんなお2人の”こぼれ話”も本インタビュー中にあるのですが・・・自分が影響を受け続けているアーティストが愛するアーティスト。そのアーティストが「”本物”の表現者だった」と強く感じることが出来たのが本作で、そのことが本当に、何よりもうれしかった。あがたさんのように60歳の還暦を迎えてもなお、新しい試みにもチャレンジし続け、唄い続けられているお姿に触れていたら、気付けば涙が溢れていた。「生きるって自分で何か発見することじゃないかなあ」と本インタビュー中でも語って下さったあがたさんですが、お話しながら、ここ東京が北海道は小樽の街のような錯覚に陥り、あがたさんの口から発せられる言葉という”音魂”にうっとりと夢を見そうになったのです、うっとりと。この映画を観終わった後、「あがたさんのライブにぜひ、足をお運び頂きたい」という想いを最後に込めつつ・・・。INTERVIEW and TEXT and PHOTO: 長澤玲美

これはすごい難しい言い方だけれども、やっぱり、「生きるって自分で何か発見することじゃないかなあ」って思うので、なるべくいろいろ遊んで発見して欲しいなとは思うよね。


--- 今回の映画のスタッフは、若い世代の方だったとのことですね。

そうだね。基本的にたのしかったですよ。あんまり喧嘩もしなかったしね。もっと喧嘩するっていうか「議論してもよかったかなあ」って思ったけど、やっぱり約半年のツアーだったので、なるべくあんまり波風を立てないようにやろう(笑)っていうのが僕の意識としてはあったんだよね。それなりに結構いろんなこともあったし大変だったけど、まあ、ともあれ、この映画が出来たっていうことがすごいよね。でも、竹藤監督はこれからたのしみだよねえ。いい感性を持ってると思いますよ。

--- 若松孝ニ監督と河P直美監督の現場を経験された方だそうですしね。改めて、今年たくさんの本数ライブをされましたが、される前と後では、お気持ちに変化などはありますか?

まあ、2月22日のあのライブをやったっていうのは、1つのカタルシスっていうかね。「やってよかったなあ」っていう思いはすごいありますね。

--- その土地その土地に行かれて、いろいろなところの方がライブに来て下さるのはうれしいですよね。

素晴らしいことだね。もう、例えば普通のホールでやるとしますよね?そうすると、ライブが終わった後、楽屋口に入って、「おつかれさま」って帰って行くじゃない?でも、普通のライブハウスだと、歌い終わって玄関まで見送ってもらってさ、手を振ったり、サインしたりして(笑)、それで「おつかれさま」でしょ?そしたらその間に彼らと会話が生じるよね。それが贅沢だったね、僕としてはね。いろんなタイプのいろんな考え方の人がいて、それを全部に満たすことは出来なかったと思うけど、でもやっぱりすごい幸せだったよね。

--- ライブ以外でもファンの方との交流があったんですね。

ファンっていうとファンなんだけれども、それよりはむしろ、何となく「あがた森魚知ってるぞ」と。「もう60になったのか。じゃあ、1回くらい聴いとこうか」ぐらいの人が来て、集ってるようなバーとかで、僕と同じくらいの世代の人が普通に来てくれてるのが一番うれしい。もちろんファンの人はありがたいし、ファンの人あってのですけれども、「あがたさんを1回くらい観ておこうか」とか「昔聴いたな」とかそれぐらいの他愛ない理由で唄を聴いてくれるのがうれしいなあ。全国いろんなところを回るとだいたい、お客さんは30〜40人とかね、そんな感じですよね?ただその中に1人でも2人でも3人でも、そういう人がいてくれたら、「ここに来た甲斐があったなあ」っていう気がするね。で、そんなに大きい場所じゃないから客席が見えるわけじゃない?そういうものを分かち合うことの喜び、スキンシップ出来てるみたいなところがすごくうれしかったね。

--- 60周年でたくさんライブをされた後も、少しお休みされることもなく、コンスタントにライブを続けられていますよね。

もうね、「ライブやるしかないんじゃないかなあ」っていう感じよね。例えばね、ライブで全国細々したところでも回って、何とか生計が成り立ったら、「やってよかったなあっていう気はするかなあ」って思うんですけどね。


あがた森魚ややデラックス


--- わたしがあがたさんを初めて知るきっかけになったのは、吉井和哉さんなんですけど・・・。

イエモン

--- ええ。イエモン20周年企画として12月9日にリリースされる『THIS IS FOR YOU 〜 THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM』には、「4000粒の恋の唄」をあがたさんが唄われますよね?

そうなの。「4000粒の恋の唄」はいい唄だよねえ。あれさ、オリジナルもめちゃくちゃいいんだけど、こないだ一応レコーディングしたんですよ。唄はまだ仮唄で仕上がってないんだけど、かなりいいかなあ。

--- すっごくたのしみなんです、聴くのが。

吉井(和哉)くんが何て言うか(笑)。唄が出来上がってから聴いてもらった方がいいかなって思って、まだ聴いてもらってないんだよねえ。

--- あがたさんは吉井さんの『バッカ』のPVにも出演されていましたよね?

出たねえ(笑)。

--- 以前から交流がおありなんですよね?

彼とは古いよ。ブレイクしたかしないかくらいの頃から、交流があったかな。前はほら、La.mamaでライブやってたでしょ?La.mamaでイエモン聴いたことある?

--- ないんですよねえ。

ないなあ、さすがにねえ。La.mamaでやってた頃って、80年代の終わりくらい?ひょっとしたら。

--- 89年から90年くらいですよね。わたしはその時まだ、10歳とかです(笑)。

そうかあ(笑)。その頃ね、ちょこちょこは交流あり、1度、吉井くんと新宿の路上でばったり会ったんだよ。

--- 路上で(笑)。

うん。「じゃあ、飲みに行こうか」っていうことになって飲みに行って、泊めてもらったよ、その日は(笑)。

--- へえええー(笑)。あがたさんはミュージシャンの仲間だけではなくて、いろんなジャンルの表現者の方々とも面識がありますよね?

そうだね。だから、いろいろな表現をね、いろんな人達とやることはたのしいことだよね。これからもそうして行きたいけどね。

--- 音楽以外にもご自身で映像を撮られたり、文章を書かれたりもされていますが、「何かを残す」ということにお気持ちが向かいますか?

そうねえ。結局、欲張ってるのね。欲張りなことやってるんですねえ。


あがた森魚ややデラックス


--- 残念なのですが、そろそろお時間とのことですので、『あがた森魚ややデラックス』をこれからご覧になる方に最後に一言頂けますか?

そうですねえ。これを観て何を得るかどうかわからないけど、音楽をやるんでも何をやるんでも自由なわけだから、もっとみなさん、「おもしろいものに触れて欲しいし、おもしろいものを作って欲しいな」って。これはすごい難しい言い方だけれども、やっぱり、「生きるって自分で何か発見することじゃないかなあ」って思うので、なるべくいろいろ遊んで発見して欲しいなとは思うよね。

例えば、東京ドームにストーンズを観に5万人の人が集まる。「素晴らしい、わあー」ってみんながこうなるのは素晴らしいことだと思うけど、12〜3人しかいない前でもいい音楽をそこで聴かしてる奴もいると思うし。マスメディアとかカリスマっていうものの持ついろいろな側面があるから、それのみじゃないものをやっぱり、マイブームじゃないけどさ、「俺はこうだから、これがいいと思うんだ」っていうものをみんなが持って欲しいっていうか。たのしんで欲しい。義務とか「そういう方が目立つから」とかじゃなくて、自分の「これがおもしろいんだ」っていうものはそんなにむやみに5万人も10万人もおもしろがれるどうかはわからないものだと思うんですよね、きっとね。だから、そういうものをさりげなく見つけ、さりげなく自分でたのしんで欲しいなって思いますね。

だから僕もこの映画の最後で夜行列車に乗って、北海道に行くんだけれども、今ね、夜行列車って便数どんどん減ってて、これなんかは本当にもったいないというかさ、夜行列車に乗って一人でぼーっと物思いに耽ることの贅沢さっていうかね、いろんなイマジネーションがそこで掻き立てられるっていうかね。そういうことをやっぱり、みんな大事に自分で知って欲しいし、大事にして欲しいなって思うよね。

且つ、この映画を観ておもしろかったら、「ライブもぜひ来て下さい」っていう感じですね。

--- この映画を観て、わたしはあがたさんのライブにすごく行きたくなったので、そういう流れが自然と生まれる気がします。

そうして頂けると非常にうれしいよねえ。

--- 今日はありがとうございました。

こちらこそ、どうもありがとう。



『あがた森魚ややデラックス』 公開&イベント情報!


大阪・第七藝術劇場(11月28日〜12月11日)、北海道 シアターキノ(12月12日〜12月17日)、京都シネマ、広島 横川シネマ、群馬 シネマテークたかさき他順次公開!


詳細は『あがた森魚ややデラックス』 Official Siteで!


監修:森達也 撮影・編集・監督:竹藤佳世

出演:あがた森魚 / 鈴木慶一 / 矢野顕子 / 久保田麻琴 / 緑魔子

プロデューサー:石毛栄典
企画:成浩一 / 倉科杏(Dargelos Pop La)

撮影:佐伯慎亮 / 石垣直哉ほか 整音:有元賢二 絵:奈良美智

製作・配給・宣伝:トランスフォーマー 宣伝協力:太秦

(2009年 / カラー / 90分 / デジタル上映 / アメリカン・ビスタ / ステレオ)

© Transformer,Inc.


『あがた森魚ややデラックス』 あがた森魚さん 直筆サイン入りポスターを抽選で3名様にプレゼント!


※応募締切 2009年11月23日(祝)
※1. 応募には会員登録が必要になります。(新規会員登録は⇒コチラ
※2. 会員登録のお済みの方は、詳細と応募フォームへ

※応募の受付は、終了いたしました。たくさんのご応募、ありがとうございました。

profile

1948年北海道・留萌市生まれ。1972年「赤色エレジー」にてデビュー。20世紀の大衆文化を彷彿とさせる幻想的で架空感に満ちた作品世界を音楽、映画を中心に展開。近作アルバムには『佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど』(01)、『タルホロジー』(07)など。映画監督作品に『僕は天使ぢゃないよ』(74)、『オートバイ少女』(94)、『港のロキシー』(99)の3本がある。俳優出演近作に『人のセックスを笑うな』(08/井口奈己監督)、『ノーボーイズ、ノークライ』(09/キム・ヨンナム監督)など。08年、還暦を迎え、全国60カ所あまりのツアー「惑星漂流60周」を展開、09年2月にはこのツアーのファイナルイベント「あがた森魚とZipang Boyz號の一夜」を九段会館にて敢行。 引き続き全国各地でライブを展開中!映画主題歌の「るるもっぺ べいぶるう」は9月中旬より配信中!また、九段会館のライブ完全収録CD『あがた森魚とzipang Boyz號の一夜』を09年10月10日にリリースした。