MARILYN MANSONのあの日、あの時9

2012年7月27日 (金)


『MECHANICAL ANIMALS』とは実はこういう作品…
文●有島博志(GrindHouse)

 絶版で極めて入手困難ゆえ、こう書いてもなんの参考にもならないかもしれない。下記に紹介する『MECHANICAL ANIMALS』('98年)からの2ndシングル『I DON’T LIKE THE DRUG(BUT THE DRUGS LIKE ME)』2種それぞれのBサイドには、タイトル曲のエレクトロ・リミックスが計4パターンも収められている。当時マンソンがインダストリアル・ミュージックの、ある意味さらなる進化・成長・発展形とも言えるエレクトリック・ミュージックに傾倒していたことが窺える。うち1曲は、当時飛ぶ鳥を落とすかのような勢いを放っていた元BLACK GRAPEで、プロデューサー、リミキサーとしてケタ違いのセンスのよさを発揮しまくっていたダニー・セイバー・リミックスだ。

MANSON'S SINGLE COVER GALLERY

「I DON’T LIKE THE DRUG(BUT THE DRUGS LIKE ME)」 (1998)
『MECHANICAL ANIMALS』からの2ndシングル2種。赤文字がパート1、黒文字がパート2で同日発売だった。前シングルと同方向のアート調のジャケ。表題曲はけっこうショッキングなタイトル、歌詞の内容ながら曲調はめちゃキャッチーで、さらなる世界的大ヒットに貢献した。絶版。

 で、実は『MECHANICAL ANIMALS』は、大御所エレクトロ・グループ、THE CHEMICAL BROTHERSの前身DUST BROTHERSと結託し、曲作りを行い、制作も一緒にやり、数曲作業も終えた、と報道もされた。が、しかし、それらは結局世に出ることはなかった。なんらかの理由で、両者の関係が途中でとん挫してしまったのだ。よって今作はRED HOT CHILI PEPPERSSOUNDGARDENHOLEほかとの仕事で高名なマイケル・ベインホーン、NINE INCH NAILS人脈に名を連ねるショーン・ビーヴァン、そしてマンソンの3者共同プロデュース作となった。THE SMASHING PUMPKINSのビリー・コーガン(vo,g)が音楽的方向性について数多くの助言をした作品とも言われている。また、ジム・ザムの後任に迎えられたジョン5(本名:ジョン・ロウリー)のMARILYN MANSONの一員としてのデビュー作にもあたる。ジョンは実はマンソンのオーディションを受けるまでは、JUDAS PRIESTロブ・ハルフォード(vo)が一時的にやっていたリーダー・バンド、2wo(twoと読む)の構成員だった。

 ご存知のとおり、今作は連載前回にも書いたように“3部作”の第二部だ。全体を織りなすストーリーは発売順とは逆の、続く第三部『HOLY WOOD(IN THE SHADOW OF THE VALLEY OF DEATH)』(2000年)から始まり、今作、そして前作『ANTICHRIST SUPERSTAR』('96年)で締めくくられるという一風変わったものだ。この頃バンド名は、“MAR1LYN MAN5ON”と英文字アルファベットに数字を組み入れたもので表記された。

 今作は、明らかに前作とは音楽的方向性も作風も異なる。託され、デフォルメされた世界観も180度違う。前作は痛み、苦しみ、怒りなどの“負の感情”を攻撃性をむき出しにしたアプローチに乗せて炸裂させたけど、今作にその攻撃性はない。宗教的なテーマを持たせた歌詞も姿を消している。初期DAVID BOWIEROXY MUSICからマンソンが浴びた70’sグラム・ロックの影響を素直にあらわにし、どこかロック・オペラっぽくもあるのが今作で、当時のロックの音作りのトレンドの、一歩、イヤ一歩半先に進んだ、実にモダンでややフューチャリスティックな内容だ。そこに、ひとつの“美学”すら感じられる。個人的には、前作と肩を並べるくらいのフェイバリット作。発売当初、正直連日/連夜聴いていたほど。「The Dope Show」「I Don’t Like The Drugs(But The Drugs Like Me)」「Rock Is Dead」といったわりとノリのいい楽曲がシングル・カットされ、ヒットしたけど、自分はむしろそれらとは趣の違う、スロー、もしくはミッドテンポめでダークでメランコリックな「Great Big White World」「Mechanical Animals」「Disassociative」「Fundamentally Loathsome」「Coma White」が好きだ。意外かもしれないけど、1番好きなのは物悲しい“半”アコースティック・チューン「The Speed Of Pain」だったりする。連載前回に書いた対面取材で、マンソンは今作についてこう語っている。

「新作の音楽は、これまでよりもっと周囲から攻撃を受けるようなものだと思う。音楽的にも歌詞の面でも。孤独の寂しさを表現しているんだ。言うなれば空虚感を表しているっていうかね。前作が自分にとっての、天国から追放されたルシファーのように、神の恩恵からの追放を意味するものだとしたら、今作はいま地球で起こっていることを示すもの。社会に適合させようと人間は無感覚にされる。人間にはさまざまな感情があるのに、社会が人間を麻痺させようとしている。オレはそれに立ち向かっているんだよ」

 マンソンが創造上のキャラクターを二役担っているのも、今作の特徴だ。ひとつはマンソン自身を反映させたアルファ。もうひとつは、グラム・ロッカーで両性具有のエイリアン、オメガ(今作のジャケをよく見るとわかるけど6本指)。全14曲中7曲はオメガと彼が率いるTHE MECHANICAL ANIMALSの視点で歌われ、あとの7曲はアルファの視点で歌われる。そういったことから、CDブックレットにはオメガの楽曲の歌詞と、アルファの楽曲の歌詞がわけて掲載されている。

 ジャケや歌詞の内容に不適切な表現がある、という理由から、アメリカ三大小売店であるK-Mart、Wal-Mart、Targetは、今作の店頭販売はしないことを発売1ヵ月前の時点ですでにNothing RecordsとInterscope Recordsに通達していた。それでも、今作は発売初週で23万枚弱を売り、USチャート初登場1位を奪取した。ここに、当時のMAR1LYN MAN5ONの人気のすごさと、期待のデカさがもろに出ている。本国以外で初登場トップ10圏内に飛び込んだのはイギリス、オーストラリアを含む9ヵ国で、日本はオリコン総合チャートで25位だった。

 ジンジャー・フィッシュ(ds)が単核白血球増加症を発症したため開始が当初の予定より遅れたものの、今作発売に伴うヘッドライン・ツアー、Mechanical Animals Tourは’98年10月25日のUS中西部カンザス州ローレンスよりスタートした。同月31日のミネソタ州セント・ポール公演を観るべく、再びマンソンに対面取材するべく日本から現地に飛んだ。そこでは思わぬハプニングが待ち構えていた…。



MARILYN MANSON 関連タイトル!

KILLING JOKE / 『PANDEMONIUM』('97年)
今年5月開催予定だったイベント、MOTORAMA01参戦で4度目の来日をする予定だったけど、直前に来日キャンセルをしたKILLING JOKE。’80年に『KILLING JOKE』でデビュー。“ポスト・パンク・ロック旋風の旗頭”として頭角を現し、後のゴシック・ロック、パンク・ロック、メタル、インダストリアル・ミュージックなどに絶大な影響を及ぼした、まさに“重鎮”だ。長いキャリアにおいて何度か活動休止、または解散を繰り返してきた彼らだけど、今作は’90年からの4年もの活動休止を経て発売された通算10枚目だ。音楽性がそれまでとは打って変わってグッとエレクトロに傾斜し、ケヴィン・“ジョーディー”・ウォーカーのギターに初めてメタル的エッジとヘヴィネスが伴った作品で、発売時かなり話題になった。インダストリアル・メタルに近いヴァイブ、テイストを濃厚に放ち、そのファン層に特に愛聴された。タイトル曲をはじめ「Exorcism」「Millennium」、テクノ×メタル的チューン「White Out」とカッコいいチューンも多い。今作もまた、彼らの“名作”の1枚だと思う。聴くべし聴くべし!
文●有島博志(GrindHouse)

MARILYN MANSON 最新作ニュース

■■■ 有島博志プロフィール ■■■

 80年代中盤よりフリーランスのロックジャーナリストとして活動。積極的な海外での取材や体験をもとにメタル、グランジ/オルタナティヴ・ロック、メロディック・パンク・ロックなどをいち早く日本に紹介した、いわゆるモダン/ラウドロック・シーンの立役者のひとり。
 2000年にGrindHouseを立ち上げ、ロック誌GrindHouse magazineを筆頭にラジオ、USEN、TVとさまざまなメディアを用い、今もっとも熱い音楽を発信し続けている。
※ ※ ※ ※ ※

アーティスト情報メール登録で、MARILYN MANSONのリリース情報をいち早くゲット!

HMV/エルパカ メールマガジン 洋楽版も毎週配信中!


※ 購読お申し込みには会員登録が必要です。
※ アーティストメール/メールマガジンは購読無料です。
※ 配信メールのタイプはHTML形式とテキスト形式がございます。
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

3部作の第二弾

Mechanical Animals

SHM-CD

Mechanical Animals

Marilyn Manson

ユーザー評価 : 4.5点 (62件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥1,851
会員価格(税込) : ¥1,703
まとめ買い価格(税込) : ¥1,518

発売日:2011年10月12日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

最新作!(輸入盤/国内盤)

  • Born Villain

    CD 輸入盤

    Born Villain

    Marilyn Manson

    ユーザー評価 : 3.5点 (3件のレビュー)
    ★★★★☆

    価格(税込) : ¥1,771
    会員価格(税込) : ¥1,423
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,063

    発売日:2012年04月30日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Born Villain

    CD

    Born Villain

    Marilyn Manson

    ユーザー評価 : 3.5点 (3件のレビュー)
    ★★★★☆

    価格(税込) : ¥2,700
    会員価格(税込) : ¥2,484
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,214

    発売日:2012年04月25日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

12/17(日)まで!輸入盤CDどれでも5点以上で40%オフ このアイコンの商品は、 12/17(日)まで!輸入盤CDどれでも5点以上で40%オフ 対象商品です
12/17(日)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ このアイコンの商品は、 12/17(日)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ 対象商品です

3部作の第一弾と第三弾

関連タイトル

Pandemonium

CD 輸入盤

Pandemonium

Killing Joke

ユーザー評価 : 4.5点 (3件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥2,057
会員価格(税込) : ¥1,791
まとめ買い価格(税込) : ¥1,234

発売日:2005年06月13日

%%header%%閉じる

%%message%%

GrindHouse Magazine最新号

Grindhouse Magazine Vol.72

本

Grindhouse Magazine Vol.72

Grindhouse Magazine

価格(税込) : ¥823

発行年月:2012年06月

  • 品切れ

%%header%%閉じる

%%message%%