【全曲解説】BAND-MAID『Just Bring It』

2017年01月16日 (月) 16:38

|

ローチケHMV - 邦楽・K-POP

[GENRE : LOUDROCK, HARD ROCK]
待望のアルバムが完成。
BAND-MAIDらしさをぶち壊す最強の“かかってこいや!”

1曲目からシンガロング・パートが盛り込まれていて、テクニカルに聴かせるだけでなく、ライヴを主軸にしたボルテージの高い、高揚感のある曲も並ぶ。2016年は国内や海外でのツアーを行い、その現場で体感した高い熱量を、曲作りの段階から活かしたのが今作だ。80年代ハード・ロック的な骨太さと煌びやかさを持ったギター・サウンドを軸に、ヘヴィなラウドロックから展開も多彩なオルタナティヴ・ロック、彩姫のパンチあるヴォーカルが冴える曲など、“Just Bring It=かかってこい!”の気迫が形になった。
吉羽 さおり【ライター推薦】

ご購入はこちら

Just Bring It

CDNovelty

Just Bring It

BAND-MAID

Price (tax incl.): ¥3,700

Release Date: 11 Jan 2017

コメント動画


全曲解説テキスト by KANAMI(Gt/Cho)

1. Don't you tell ME

Words:Miku Kobato, Saiki/Music:BAND-MAID/Arrangement:BAND-MAID

頭の中でループしていたメロディを形にしたいと思って作った曲です。メロディに中毒性があるので、歌詞も耳に残るように同じ言葉を繰り返しています。楽器隊はメロディを重視させるために詰めすぎないようになるべくシンプルを意識しています。また、ミュージック・ビデオでは BAND-MAID では、今までになかったものになりました! 5人のキャラクターがとてもわかるメイドの日常が見られます。


2. Puzzle

Words:Miku Kobato/Music:BAND-MAID/Arrangement:BAND-MAID, TIENOWA

ストーリーがあって、展開のある曲を意識して作りました。この曲は制作中、彩姫から構成や楽器隊の雰囲気について、独特な意見や指示が多く大変でした(笑)。歌詞は求めてはいけないとわかっていてもそばにいたい、そんな心情のイメージになっています。

3. モラトリアム

Words:Miku Kobato/Music:BAND-MAID/Arrangement:BAND-MAID

いつも曲はメロディ先行で考えるのですが、この曲だけ先にサウンドを先行して作り、あとからメロディをつけました。ギターは鼻歌からできたイメージでリフを考えましたが、実際にギターで聴いてみると結構トリッキーな感じになってしまい、結構練習しました(笑)。お給仕(ライヴ)でもみんなで歌える曲にしたいと思い、シンガロングを入れました。お給仕でご主人様・お嬢様と一緒に盛り上がりましょう!

4. YOLO

Words:小鳩ミク/Music:BAND-MAID/Arrangement:BAND-MAID

メジャー1stシングルとしてリリースした『YOLO』のリード曲です。私がシンガー・ソングライター時代に制作した曲を BAND-MAID 風にアレンジしたものです。ミュージック・ビデオは、照明を駆使して“光と影”を演出したクールな映像に仕上がっています。歌詞は言葉数が多く、セリフのような語り掛ける歌詞を意識しました。光と闇を迷いながら前に進んでいくイメージを書きました。


5. CROSS

Words:NORA, Miku Kobato/Music:NORA/Arrangement:MIRAISONIC

歌詞は作曲家さんが書いたデモの段階のものがとてもしっくりきていて、共作という形にさせてもらいました。作家さんが書いていた1番の歌詞に合うイメージで2番からの歌詞を小鳩が書きました。弱さと強さが入り混じっていて、どこにも行き場のない叫びを表しているところから“CROSS”というタイトルをつけました。

6. OOPARTS

Words:endcape/Music:NORA/Arrangement:spinstealthspike

明るく爽やかなナンバーになっています。今作は新しさだけではなく、初期の BAND-MAID サウンドも入れたいという話になり、この曲を取り入れました。最初のころは今くらいハードな楽曲ではなく、ポップ・ロックに近かったんです。昔の私たちがいたからこそ、今の私たちがいるので、そのときのことも忘れずにこれからも幅広く BAND-MAID を創っていければと思い収録しています。

7. Take me higher!!

Words:Miku Kobato, Saiki/Music:BAND-MAID/Arrangement:BAND-MAID, TIENOWA

王道ロックを1曲入れたくて制作しました。どストレート100%で伝わる、キャッチーなイントロ・リフにこだわりました。歌詞はまっすぐただひたすらに突き進む! そんな今の BAND-MAID 自身の気持ちとリンクするような歌詞になっています。

8. So,What?

Words:Miwa Sasaki/Music & Arrangement:Koji Goto (ck510)

2ndミニ・アルバム『New Beginning』の「REAL EXISTENCE」、3rdミニ・アルバム『Brand New MAID』の「LOOK AT ME」、「Brand-New Road」などを作曲してくださり、インディーズのころからお世話になっている後藤康二さんの楽曲を今回も収録させていただきました。

9. TIME

Words:Miku Kobato/Music:Hitoshi Okamoto/Arrangement:Hitoshi Okamoto

小鳩のメイン・ヴォーカル曲です。曲は提供していただいたものに小鳩が“時間”をテーマに、未来、現在、過去を考える気持ちや覚悟を書いています。シンプルなアレンジなのでポップでかわいらしい雰囲気になりやすいのですが、ドラムは激しさも足したかったので、サビでは頭打ちのアレンジを加えるなどしてロックさが際立つようなフレーズを強調しました。

10. you.

Words:Miku Kobato/Music:BAND-MAID/Arrangement:Toshinari Ohnishi

3rdミニ・アルバム『Brand New MAID』収録「the non-fiction days」の作家 大西俊也さんにどうしても、アレンジを頼みたくて実現した1曲です。デモの時点でもテンポが速かったのですが、さらにアレンジが加わりテクニカルなフレーズが多くなり、楽器隊はレコーディングでかなり苦労しました……。歌詞は“あなたがいなければ生きていけない”ほど、強すぎるくらいの誰かを想う恋心になっています。メンヘラな曲です。ツアー中の機材車の中で考えすぎて、小鳩は少し病みました。

11. Awkward

Words:Miku Kobato/Music:BAND-MAID/Arrangement:BAND-MAID

今回、アルバムを制作していたなかで最初にできた曲が「Awkward」です。私が作ったデモを聴いた MISA(Ba)が気に入り、初めてふたりでアレンジを試みました。その結果、BAND-MAID らしくないミドル・チューンに仕上がりましたが、“フル・アルバムだから出せる「BAND-MAID らしくない」曲も入れたいね”という話が制作開始前にあったため、フル・アルバムに取り入れることになりました!歌詞は切なさを乗り切っていこうとする弱さや強さの感じを込めています。

12. decided by myself

Words:Miku Kobato, Saiki/Music:BAND-MAID/Arrangement:BAND-MAID

粗さと繊細さを大きく表現した曲です。この曲は、最後にできた曲で、アニメのエンディング・テーマ的なイメージで作りました。構成はシンプルですが、曲のストーリーが感じられると思います。

13. secret My lips

Words:Miku Kobato/Music:BAND-MAID/Arrangement:BAND-MAID

この曲はとても展開が多い曲です。特に2番の中盤からは、疾走感の中に楽器隊のユニゾンでヘヴィなフレーズを取り入れ重さを出しつつ、サビは歌詞のニュアンスを捉えてエモーショナルな表現のアレンジにしました。最後のサビではツイン・ヴォーカル感を出したメロディになりました。歌詞は“部屋に閉じ込められていて出たいんだけど、出られない感じ”の世界観になっています。

激ロックxHMV 1月のレコメンド

激ロック×HMV vol.46

1月は、AIR SWELL、BAND-MAID、MUCC をクローズアップ。その他、レコメンド全18タイトルのレビューを公開。

ローチケHMV-邦楽・K-POP|Monday, January 1, 2017 16:38




ライブ情報




%%message%%

アーティスト情報をフォロー

BAND-MAID

メイド服を纏い、“世界征服”を目標に掲げる女性5人組ロック・バンド。2013年7月、秋葉原のメイド喫茶で働...



このニュースが気に入ったらいいね!をしよう!

ローチケHMVは、国内・国外の厳選した音楽、映像、アニメ、ゲームなどの
エンタメ最新情報をお届します!

BAND-MAIDに関するニュース

ローチケHMV最新ニュース

最新ニュース一覧を見る