DVD Import

Winterreise : Dietrich Fischer-Dieskau(Br)Alfred Brendel(P)(1979)

Schubert (1797-1828)

User Review :5.0
★
★
★
★
★
(3)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
109317
Number of Discs
:
1
Format
:
DVD
Other
:
Import

Product Description


シューベルト:『冬の旅』(1979年ライヴ)
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ、アルフレート・ブレンデル


フィッシャー=ディースカウ&ブレンデルの『冬の旅』のDVDが復活。映像によるフィッシャー=ディースカウの『冬の旅』は1990年にペライアと収録(CDと同じ演奏)したLDとVHSがリリースされていましたが、DVDは現在このブレンデル盤のみとなります。

膨大なレパートリーを持ち、そのすべてを解釈し尽くし克明に歌いあげたフィッシャー=ディースカウは、ドイツ歌曲史上に大きな足跡を残した歌い手として有名な存在。精力的におこなわれたリサイタルのほか、大量のレコーディングも残しており、さらに声楽大作やオペラ、古楽でも大活躍し、一時は指揮までおこなっていたというのですから、その才能は偉大というほかありません。

『冬の旅』についても、これまで各社から録音と映像がリリース、その演奏は13種類に達しています。

【フィッシャー=ディースカウの冬の旅】
1948 77:05 クラウス・ビリング Audite(Live)
1952 75:23 ヘルマン・ロイター Audite(放送)
1953 71:31 ヘルタ・クルスト Archipel(Live)
1955 74:36 ジェラルド・ムーア EMI
1955     ジェラルド・ムーア INA(Live)
1962 71:28 ジェラルド・ムーア EMI
1965 71:24 イェルク・デームス DG
1972 71:41 ジェラルド・ムーア DG
1976 72:15 マウリツィオ・ポリーニ ORFEO D'OR
1979 73:08 ダニエル・バレンボイム DG
1979     アルフレート・ブレンデル ARTHAUS
1985 69:37 アルフレート・ブレンデル PHILIPS
1990 71:22 マレイ・ペライア SONY

このDVDに収録された映像は、1979年1月にベルリンのジーメンスヴィラで自由ベルリン放送により撮影されたもので、ピアノ伴奏はシューベルトの権威でもあるアルフレート・ブレンデルが受け持っています。同じ1979年1月、フィッシャー=ディースカウはベルリンのランクヴィッツ・スタジオでバレンボイムと『冬の旅』をセッション録音しており、73分かけてピアノともどもじっくりと細部まで掘り起こした演奏をおこなっていました。ブレンデルとの映像では、それよりはやや速めのテンポで自然な印象のものとなっており、リハーサルも含めた見どころの多い内容となっています。(HMV)


【収録情報】
● シューベルト:歌曲集『冬の旅』


 ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)
 アルフレート・ブレンデル(ピアノ)

 収録時期:1979年
 収録場所:ベルリン、ジーメンスヴィラ(ライヴ)

● 特典映像『フィッシャー=ディースカウとブレンデル、演奏会前のリハーサル風景』

 収録時間:本編73分、特典56分
 画面:カラー、4:3
 音声:PCMステレオ
 歌唱:ドイツ語
 字幕:英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語
 NTSC
 Region All

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
既に昨年、発売されていたディスクだが、こ...

投稿日:2012/09/13 (木)

既に昨年、発売されていたディスクだが、この不世出の名歌手の追悼のために真夏に正座して見た。1979年1月と言えば、フィッシャー=ディースカウの7種の正規録音の中でも1)声のコンディションの良さ、2)解釈の深化、3)ピアニストの優秀さ、以上の3条件を兼ね備え断然、トップに位置すると考えられるバレンボイムとのDG録音が行われたのと同じ月だ。ピアニストが変わったことによって、どのくらい違いが出たかがとても興味深い。結論から言えば、二つの演奏はテンポの配分、細部の表情づけなど、双子のようにそっくりだ。しかし、違いは全くないかと言われれば、やはりある。バレンボイム盤は特に前半は比較的クリアに、淡々と進行し、後半になってから解剖学的とも言える細密描写で勝負をかけてくるのに対し、この録画は前半の方がむしろ熱く、後半では諦念が支配的だ。全24曲が通して録画されたわけでないのは明らかだが(前半最後の「孤独」では汗をしたたらせている歌手は、「郵便馬車」になるとすっかりリフレッシュしている)、それでも正装してカメラの前で歌うという状況が、実際にはお客はいなくても演奏会的なライヴ感を高めているのだろう。かなり直接音の多い音の録り方(映像では歌手の1メートルほど前にマイクが置かれているのが見える)も多少の粗さは辞さない、熱い印象を助長している。だから印象の違いは、ピアニストの違いよりも収録状況の差に由来するように思われるが、ブレンデルのクリスタルな美音ももちろん十分に魅力的だ。 ボーナスの56分に及ぶリハーサル映像は字幕なし(聞き取れない言葉が多いため、字幕は断念せざるをえなかったとの断りがリーフレットにある)。アルトハウス社のドイツ人スタッフが聞き取れぬ言葉がわれわれに聞き取れるはずもないが、全体の雰囲気は良く伝わる。80年代にはしばしば共演を重ねる二人だが、この時点では明らかに歌手の方に主導権があることが分かる。後のクヴァストホフ/バレンボイムの同種のリハーサル映像と比べてみると面白い。ともあれ、この絶頂期のフィッシャー=ディースカウの『冬の旅』が見られるようになったことには、ただただ感謝あるのみ。

村井 翔 さん | 愛知県 | 不明

1
★
★
★
★
★
フィッシャー=ディースカウの「冬の旅」は...

投稿日:2010/07/10 (土)

フィッシャー=ディースカウの「冬の旅」はCDで何種も聴いてきたが、映像は初めて見たが、その素晴らしさに感動しまくりだ。それに、特典のリハーサルが実に見応えがあった。ブレンデルとのやりとりが実に面白かった。この映像によって、「冬の旅」というシューベルトの最高傑作の凄さを改めて思い知らされた。いい買物をした、という満足感で胸がいっぱいだ。

カバポチ さん | 神奈川県 | 不明

2
★
★
★
★
★
F=ディースカウの冬の旅は1)48年ピリ...

投稿日:2009/08/04 (火)

F=ディースカウの冬の旅は1)48年ピリング。 2)52年ロイター。3)53年クルスト。4)5)55年ムーア2種。 6)61年ムーア。7)65年デムス。8)72年ムーア。9) 78年ポリーニ。10)79年バレンボイム。11)79年ブレンデル(映像)。12)85年ブレンデル。13)90年ペライア(映像盤は廃盤CDのみ入手可)。以上13種が存在しますが、映像は当盤のみなので貴重な記録です。音楽の真髄は見ながら聴く事だと思います。当盤は声の状態も悪くなく是非手元に置いてほしい1枚です。

まさやん さん | 大阪府 | 不明

3

Choral and Vocal Items Information

  • Damrau / Schubertiade 2006 German Edition. It seems that no rung is too high on Diana Damrau‘s career ladder: after being made a Bavarian Kammersangerin... HMV&BOOKS online|2008/01/29

Recommend Items