Howard Jones

Howard Jones

Howard Jones | Free delivery on orders over 2,500 Yen on "l-tike HMV" (within Japan)! l-tike HMV is a world class entertainment website which provides CD, DVD, Blu-ray, Games and Goods, Books, Comics and Magazines. Ponta Point available for both sites! Special campaigns and limited novelty with multiple payment & delivery options for our customer’s satisfaction!

Howard Jones Profile

Howard Jones was one of the defining figures of mid-'80s synth pop. Jones' music merged the technology-intensive sound of new wave with the cheery optimism of hippies and late-'60s pop. Jones racked up a string of hits in the mid- and late '80s before he retreated into being a cult figure in the '90s.

A native of Southampton, England, Jones learned how to play piano at the age of seven. By ...

Tickets Information of Howard Jones

No Tickets available of Howard Jones for now. Add Howard Jones into
Favorites
and we will send the latest information.

Masterpiece/Best sellers of Howard Jones

Product List of Howard Jones

Product List

Narrow the Items

Search products of Howard Jones with format.

Showing 1 - 10 of 40 items

See All Items

Howard Jones Customer Reviews

39Reviews

Read all customer reviews (39)

  • とても臨場感のあるLIVE音源だと思います。ボーカルと...

    Posted Date:2013/01/26

    とても臨場感のあるLIVE音源だと思います。ボーカルとバンド演奏のミックスバランスも良いので聴いていて気持ちいいです。デビューから25年以上たっていますが歌声も変わりなくすごいと思います。個人的な希望としては1st 2ndアルバムを曲順通りに聞いてみたかったです。

    NORIDETH .

    0
  • ナショジオTVをご覧の皆さん、ヘビーローテションの...

    Posted Date:2010/04/28

    ナショジオTVをご覧の皆さん、ヘビーローテションのBUILDING OUR OWN FUTUREを含む新アルバムはコレです。80年代ポップスを愛する人たち必聴!

    ハリアー黒 . |40year

    1
  • 此の度米国盤で再発されることになったらしいこのアル...

    Posted Date:2009/09/06

    此の度米国盤で再発されることになったらしいこのアルバム。コマーシャル盤として再発されるいきさつはもちろん知る由もありませんが、オリジナルのリリース期日は1993年8月27日(HJ氏のHPにて確認)で彼自身のレーベルからの第一弾でした。所謂「インディーズ」です。タイトルがいいですね!シンセサイザー好きだった私は日本の「キーボードマガジン」での通販広告で発売を知り、郵便振替でこのHJ氏のサイン入りCDを手に入れた(表ジャケットには世界に誇るRoland社の名機JD-800の写真が映っています)のでありました。それから早16年…。この前のアルバムはワーナーからの「In The Running」で、確かJ-WAVEでは「Lift Me Up」がよくOAされていた記憶があります。それまでの作品は充分売れていたはずなのに何故ワーナーと決別しなければならなかったのか?今その作品を改めて通して聴いてみましたが、多分「もっと売れ線の曲を」と主張するワーナー側と「今、やりたい事、表現したい事を楽曲に盛り込んで」発表したい彼との隔たりがあったのだろうな、と思います。このアルバムは「ワーナーから発売するために書きためていた曲と彼自身が当時演奏したかったであろうSSW的な少々地味目のテイスト」の楽曲で占められていると思われるのですが、流れにとても統一感のある作品でいわゆる「ヒット曲」的な展開の楽曲は見当たらないものの、胸が締め付けられるようなセンチメンタルな3曲目『Over & Above』を聴いたあたりから最後までとても満足そうにウインクしながら演奏する彼の笑顔が見えるような、とてもアットホームな一枚なのです。ワーナーを卒業した彼のその後はやはり独立レーベルで活躍となったニック・カーショウ氏同様、今もかなり商業的には厳しいと思います。それでも前進し続けるHJ氏は頼もしい。暫くすると55歳を迎える彼、2009年の新作もありますがこの「非商業的アルバム第一弾」も出来ればあわせてご購入をお願い申し上げます。何故なら私だけでなくこの再発盤はHJ好きなあなた様にとって、きっと久々に『心洗われるマイナスイオンに満ちた一枚』であるはずです…。お勧めは前述の3曲目『Over & Above』6曲目『You Can Say It’s All Over』そしてファンキーな10曲目『Let The Spirit Carry Me』です。全11曲50分53秒…日曜日、サザエさんを見終わった後に一杯やりながら、如何ですか?

    microwave2_xtk .

    4

You have already voted

Thankyou.

%%message%%