Brahms (1833-1897)
New Items Available

Brahms (1833-1897)

Brahms (1833-1897) | Free delivery on orders over 2,500 Yen on "l-tike HMV" (within Japan)! l-tike HMV is a world class entertainment website which provides CD, DVD, Blu-ray, Games and Goods, Books, Comics and Magazines. Ponta Point available for both sites! Special campaigns and limited novelty with multiple payment & delivery options for our customer’s satisfaction!

Brahms (1833-1897) Profile

Johannes Brahms (1833-1897) was a German composer of the Romantic period, revered with Bach and Beethoven as one of the Three Bs. Brahms' adherence to the ideals of the Classical era is evident in all his music, and because his Symphony No. 1 appeared to continue this noble tradition, it was nicknamed Beethoven's Tenth. The violin concerto, the Double Concerto for violin and cello, the two piano c...

Tickets Information of Brahms (1833-1897)

No Tickets available of Brahms (1833-1897) for now. Add Brahms (1833-1897) into
Favorites
and we will send the latest information.

Masterpiece/Best sellers of Brahms (1833-1897)

Product List of Brahms (1833-1897)

Product List

Narrow the Items

Search products of Brahms (1833-1897) with format.

Showing 1 - 10 of 2471 items

See All Items

Related Items to Brahms (1833-1897)

Brahms (1833-1897) Customer Reviews

5151Reviews

Read all customer reviews (5151)

  • ステレオの1番、4番が素晴らしい。フルトヴェングラ...

    Posted Date:2016/05/10

    ステレオの1番、4番が素晴らしい。フルトヴェングラーのような音楽だ。それに比べると協奏曲は相手がいるせいかずっと大人しい演奏となっている。そして気がついたのだが、ミュンシュは交響曲でブラームスでは比較的退屈な第2楽章をものすごく上手に、飽きさせずに聞かせてくれる。緩徐楽章でも両端楽章のような活気という物があるのだ。そこのところはフルトヴェングラーよりもすごいと思う。1番2番がものすごくいいから星5つ。

    顕 . |50year

    0
  • ブラームスの交響曲、協奏曲は色々聴いてきたが、重く...

    Posted Date:2016/04/28

    ブラームスの交響曲、協奏曲は色々聴いてきたが、重く暗い演奏が多く、あまり好きではなかった。この全集は、すっきりした演奏で楽しく飽きなく聴けます。協奏曲のソリストも良い演奏です。

    Nowhere Man . |60year

    1
  • ルドルフ・ケンペとバイエルン放送交響楽団のブラーム...

    Posted Date:2015/10/31

    ルドルフ・ケンペとバイエルン放送交響楽団のブラームス:交響曲第1番。聴き始めてまず、弦楽群の美しい音色にとらわれた。ヴァイオリンの切々とした歌。木管群・金管群も節度ある穏やかな響きで、とにかく弦の歌を前面に立てた演奏である。当然、第2楽章はとても美しく、浪漫あふれる旋律が嫋々と歌われていく。第4楽章の序奏でホルンとフルートが呼び交わすところも、夜明けの朝の光が当たりに充ち満ちてくるような爽やかさである。主部に入ると、一転して快速なテンポで輝かしい凱歌が響き渡る。と言っても、ここでも弦の朗々とした歌が流れる。歌心に満ちた演奏であることに加え、アンサンブルも一糸乱れず、バイエルン放送響のアンサンブルの優秀さも見事。  2曲目のボレロは、モノーラル録音ながら、音質は悪くない。前半に次々と現れる管楽器のソロが、きっちりとメロディーの輪郭線を描いき、時に絶妙なアクセントが入る。カラヤン&ベルリン・フィルのボレロが幻想的で妖艶・絢爛と言うなら、こちらは「スイスの時計」のような精巧なボレロ。・・・・といいことを書いてきたが、真ん中あたりのトロンボーン・ソロでソプラノ・サックスが間違って一緒に入ってしまい、動揺したのかトロンボーンの足取りが危うくなる(間違いに気づいたのか、トロンボーンの音量が「あれ?」という感じでほんの一瞬小さくなるのまで記録されている)。最後、スネアドラムのリズムが崩れて、急転直下、曲が終わる場面で、スネアドラムが本当でずっこけてしまい、5連符で「ダダダダダ・ダン!」と終わるべきところが、6連符で「ダダダダダダ・ダン!」となる。ボレロは難曲として知られるが、ソロが入りを間違えたのとスネアがリズムを本当に崩したのは、ちょっと大きめの事故。まあでも、この演奏がなされた1960年代半ばは、ボレロを演奏する際はこうした事故はつきものだったのかもしれない。  1965年1月収録のブラームスがステレオなのに、同年7月収録のボレロがモノーラルなのは残念。

    Yuniko . |50year

    0

You have already voted

Thankyou.

%%message%%