CD Import

(Cooke)sym.10: Morris / Npo, Sym.8: Flipse / Rotterdam.po

Mahler (1860-1911)

User Review :5.0
★
★
★
★
★
(4)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
SC010
Number of Discs
:
3
Label
:
Format
:
CD

Product Description

以前は第1楽章のアダージョのみの録音が多かったマーラーの交響曲第10番は、ここ数年全曲版の録音が相次いで登場し、多くの謎と未解決の問題を孕むこの未完の大作が広く一般に聴かれるようになってきました。特にサイモン・ラトルがベルリン・フィルを指揮した録音の登場は、この作品が他のマーラーの交響曲と同様に、レパートリーとしての不動の地位を確立したことを強く印象づける画期的な出来事と言えるでしょう。
 最も代表的なデリック・クック(1919〜76)による完成版の他に、カーペンター版やマゼッティ版、最近ナクソスから発売されて話題となったホイーラー版など、マーラーが残したスケッチや資料に基づく独自の分析と研究、それに豊かな想像力を加えた様々なヴァージョンが数多く存在するのもこの作品の特徴であり、ファンにとってはますます興味の尽きない状況となっています。
 マーラーが交響曲第10番に本格的に着手したのは1910年夏のことで、その年のうちに作品の骨格にあたる全5楽章の略式総譜を書き上げ、第1楽章全体と第2楽章、および第3楽章の一部はスケッチの形でオーケストレーションも施されました。
 この年の7月から9月にかけてのマーラーの身辺は波乱に満ちたもので、第10番の作曲に取り掛かった直後の7月に愛妻アルマの不倫が発覚し結婚生活最大の危機を迎え、マーラーは精神的に不安定な状態に陥り、そのため8月末には精神分析の創始者として有名なフロイトを訪ねて診察を受けています。
 また9月にはミュンヘンで交響曲第8番《千人の交響曲》(この作品はアルマに捧げられています)の初演を指揮し、作曲家マーラーとして空前絶後の大成功を収めますが、これが最後の自作の初演となりました。
 このような時期に作曲が進められた第10番は、それまでの作品以上にマーラーの個人的な生活の影響が色濃く反映されているように感じられ、特にアルマへの愛と苦悩が交錯した複雑な感情が大きな影を落としていると言えるでしょう。第10番のスケッチにはアルマに向けられたと思われるマーラーのメッセージが数多く残されている事実でも明らかです。
 1911年5月18日にマーラーはこの世を去り、第10番は未完成のまま残されました。その後多くの作曲家や研究者たちの手によって紆余曲折を経ながら、この作品の補筆完成の試みが続けられ現在に至っているわけですが、今回初CD化となるウィン・モリス指揮ニュー・フィルハーモニア管弦楽団の録音は、デリック・クックの「最終改訂版」(第2稿)による初録音となったものです(この版は彼らによって1972年10月に初演が行われています)。
 LPで国内盤も発売されており、当時は第10番の全曲盤として入手可能なほとんど唯一の録音(輸入盤で第1稿によるオーマンディ盤[CBS]も出ましたが見かける事はありませんでした)で、このモリス盤の登場によって第10番の全貌が一般に初めて明らかにされ、多くのマーラー・ファンにとってこの作品の原体験となった忘れ難い名録音でもあります。
 クック版第2稿は1976年に出版され同年クックも亡くなっているので「最終改訂版」と言われていますが、1989年にクックと共同作業を進めていたマシューズ兄弟が改訂を加えた第3稿が出版されています(ラトル&BPO盤はこの第3稿)。
 モリスと同じ第2稿による演奏がこれまで最も一般的で録音もザンデルリンク、レヴァイン、ラトル&ボーンマス響、シャイーなどがありますが独自の改訂を加えたものが多く、それぞれ同じヴァージョンとは思えないほどの違いがあります。その中でモリスはクックのスコアを最も忠実に再現したと考えられ、マーラーの残したスケッチにより近い距離にある演奏と言えるでしょう。
 ゆったりと気品に満ちた叙情が美しい第1楽章は、クライマックスのカタストローフまで美麗に鳴り渡る耽美的な演奏で、これに慣れてしまうとほかのはどうしてもきつく感じられてしまいます。
 オーケストラがクレンペラー時代のニュー・フィルハーモニアということもあってか、楽器配置はヴァイオリン両翼型であり、それがまた第1楽章をよけいに魅力的なものにしているのも嬉しいところ。
 使用楽器の種類を最小限に抑え鋭角的な表現を避けているため、最近の演奏に比べるとモノトーンでやや地味な印象を受けますが、それがかえって聴き手の想像力に訴えるマーラーらしい響きをもたらしています。全体にゆったりとしたテンポによる重心の低い安定感のあるアプローチで、微妙なニュアンスを大切にした彫りの深い真摯な表現が強い説得力を生み出しており、特に第5楽章は最も美しいマーラー作品と言えるほどの真に迫る感動的な仕上がりとなっています。
 一方、フリプセの第8番は1954年モノラル録音。この作品初のメジャー・レーベル盤で、当時のPHILIPSの録音技術の高さもあって、サウンド・クオリティはモノラルとしては最上の部類に属します。
 演奏も、作品の重みをきちんと打ち出した重厚きわまりないもので、当時まだまだ珍しかったこの作品の演奏にかけるプレイヤーたちの意気込みが伝わってくるような雰囲気の豊かさが大きな魅力となっています。

・マーラー:交響曲第10番(クック全曲版)
 ウィン・モリス指揮ニュー・フィルハーモニア管弦楽団
録音:1972年

・マーラー:交響曲第8番《千人の交響曲》
 エドゥアルド・フリプセ指揮ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団、ほか
録音:1954年(モノラル)

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
クック版第三稿による。テンポが遅いが、ま...

投稿日:2009/12/26 (土)

クック版第三稿による。テンポが遅いが、まことに情感豊かで、引き込まれる。スケルツォなど、メリハリが効きいており、他の演奏では聞けない独特のものである。フィナーレの冒頭を飾る大太鼓は、大変シャープで、初めて聞くと、ちょっとびっくりする。録音はよいが、レベルが高く、強奏部でやや音が割れる箇所があるのが残念だが、鑑賞に妨げになるほどではなく、この曲を代表する名盤としての価値は不動である。オマケは、どうせなら、同じモリスの5番にしてくれればよかったけれど、フリプセによる8番も、録音はモノラルながら、演奏自体は決して悪くなく、録音もクリアで、これはこれで良いと思う。

七海耀 さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
This 10th is the greatest along with Jam...

投稿日:2007/08/03 (金)

This 10th is the greatest along with James Levine/Philadelphia and perhaps Kurt Sanderling/Berlin SO. And all three happen to be Deryck Cooke version.

samuel さん | California | 不明

0
★
★
★
★
★
10番全曲は、LP時代はではこれしかなかっ...

投稿日:2005/11/22 (火)

10番全曲は、LP時代はではこれしかなかったもんナー 擦り切れるくらい良く聴きました。ついにCD化おめでとうございます。しかしモリスはこれだけでパットしないなーマーラーメダルもらってる一人なのに、、、、

guinness さん | yokohama | 不明

0

Symphonies Items Information

  • (LP) Bernstein & NYP's SYM.7 of Shostakovich Memorial year of cond. Leonard Bernstein! 100th anniversary!! Vinyl Passion release SYM.7 of Shostakovich. 2LP. HMV&BOOKS online|2018/06/12
  • Furtwangler / Bayreuth 1951 German Edition. In 1951 Wilhelm Furtwangler twice demonstrated his inspired approach to Beethoven’s Ninth Symphony within... HMV&BOOKS online|2008/02/01

Recommend Items

HMV&BOOKS online Recommend