Tags related to this item

More +

CD Import

Das Lied Von Der Erde: Walter / Vpo, Ferrier(A)patzak(T)+ruckert Lieder

Mahler (1860-1911)

User Review :4.5
★
★
★
★
★

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
4665762
Number of Discs
:
1
Label
:
Format
:
CD
Other
:
Import

Product Description

When the contralto Kathleen Ferrier first sang Gustav Mahler's 'Das Lied von der Erde' with Bruno Walter in 1947, she was in tears towards the end and omitted the final "ewig." When she apologized to Walter, he simply replied: "My dear Miss Ferrier, if we were all such artists as you, we would all have been in tears." Coming from Walter, who was not only one of the greatest conductors of all time but also Mahler's close friend and faithful interpreter, this was highest of praise. And it was accurate. Ferrier was one of those rare individuals endowed with both a gorgeous voice and intelligent, deeply felt musicianship.
Hearing her sing on this present recording, which is without question one of the greatest recordings ever made, one, like Ferrier, cannot help from being moved to tears. She was only months away from her untimely death to cancer, which robbed the world of an incomparable artist at the height of her powers. As Gramophone observed, she "pours forth glorious tone...and makes the 'Farewell' [movement] almost intolerably moving."

Track List   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Gustav Mahler (1860 - 1911)
    Das Lied von der Erde
    Performer :
    Ferrier, Kathleen (Alto), Patzak, Julius (Tenor)
    Conductor :
    Walter, Bruno
    Ensemble  :
    Vienna Philharmonic Orchestra
    • Period : Romantic
    • Style : Song Cycle / Symphony
    • Composed in : 1908-1909, Vienna, Austria
    • Language : German
    • Time : 60:22
    • Recorded on : 05/1952, Great Hall, Musikverein, Vienna, Austria [Studio]
  • Gustav Mahler (1860 - 1911)
    Ruckert Lieder (5): no 3, Ich bin der Welt abhanden gekommen
    Performer :

    Conductor :

    Ensemble  :

    • Period : Romantic
    • Style : Lied / Song
    • Composed in : 1901, Vienna, Austria
    • Language : German
    • Time : 5:35
    • Recorded on : 05/1952, Great Hall, Musikverein, Vienna, Austria [Studio]

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
13
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
今の私には、フェリアーの独特の歌声と発音...

投稿日:2013/06/30 (日)

今の私には、フェリアーの独特の歌声と発音の癖が気になるが、これは私がフェリアーを聴きこんでいないためであろう。実は、同じワルター指揮で、後年のステレオ盤の女声を担当するミルドレッド・ミラーの素直な歌声をこよなく愛する私である。でも奇数楽章を歌うパツァークのほうは、一聴して、乏しい歌声に聴こえなくもないが、何度も聴いていると、この曲の奇数楽章にあらわれる退廃的な曲想にぴったりであると思われてくる。そして、ワルターの指揮も、特に第6楽章の中間部がそうであるが、えぐるような深さがある。前述のステレオ盤も私は愛するが、やや平面的なきらいがあると思う。対して、本盤はモノラルでありながらも立体的、そして厳しい。バーンスタインがウィーンフィルを指揮し、女声のパートをバリトンのディートリッヒ・フィッシャー・ディスカウ、テノールをジェイムス・キングが歌った盤とともに、私が愛する「大地の歌」のCDである。

ミュンシュ さん | 神奈川県 | 不明

1
★
★
★
★
★
ラジオをつけたら流れていたので、CDを探し...

投稿日:2012/11/11 (日)

ラジオをつけたら流れていたので、CDを探し出してついまた全曲聴いてしまった。ワルターの大地の歌はライヴも含めて数種類あるが、高名な評論家U氏が強く推すのがこれ。昔、GRシリーズの1936年ライヴや1961年のCBSによるステレオ盤とともにLPをよく聴いていた。ほかのNYPなどとのライヴ盤も含めて独唱は一番これが優れているし、演奏も端正でウイーンフィルの枯れたようなラウンドが味わい深いが、モノラル時代のDeccaの音質が残念だ。モノクロ写真のような味わいはあるが、1936年のSP盤の方が切迫した激しさがあり、ステレオ盤も音質のメリットが大きい。

eroicka さん | 不明 | 不明

0
★
★
★
★
★
長年、国内初期盤(西ドイツプレス)で聴い...

投稿日:2011/10/23 (日)

長年、国内初期盤(西ドイツプレス)で聴いてきたが、震災を期に、あまりにも神経を苛んでくる音楽の力に辟易して売り飛ばしてしまった。ジ・オリジナル盤(リュッケルトから3曲抜粋が入っている)で久しぶりに聴いた。50年代のウィーンフィルの合奏力とワルターの絶妙な指揮、歌手の絶唱にやっぱり圧倒された。何よりも『告別』の後に流れだした『リュッケルト』、『真夜中に』の音楽と歌詞に、心を救われた感がある。暗闇の中から転じて光に向かおうとする人の力を信じよう、と思った。『大地の歌』の後に聴く『リュッケルト』を聴くことで、名盤をまた聴き返すことができた。マーラーは、なんて凄い音楽を作ったんだろう!

としちゃん さん | 宮城県 | 不明

0

Introduction Individuals/organizations

Individuals/organizations Page

Mahler (1860-1911)

Gustav Mahler (1860-1911) was a composer and conductor of the late 19th and early 20th centuries whose career was centered largely in Vienna. A youthful supporter of Wagner and Bruckner, he absorbed aspects of their music in his semi-autobiographical works, adopting their adventurous harmonies and large-scale forms. Mahler's style is notable for its extreme emotions, from triumphant and joyous to

See More Detailed Profile

Symphonies Items / Tickets Information

  • Edo de Waart / Mahler: Symphony No. 1 Gustav Mahler came of age in the late 1880s as the long and storied tradition of Austro German Romanticism reached its peak. ローチケHMV|2013/01/09
  • Furtwangler / Bayreuth 1951 German Edition. In 1951 Wilhelm Furtwangler twice demonstrated his inspired approach to Beethoven’s Ninth Symphony within... ローチケHMV|2008/02/01

Recommend Items