CD Import

Complere Symphonies : Ivor Bolton / Salzburg Mozarteum Orchestra (9CD)

Bruckner (1824-1896)

User Review :5.0
★
★
★
★
★
(2)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
OC031
Number of Discs
:
9
Label
:
Format
:
CD
Other
:
Import

Product Description


ブルックナー:交響曲全集(9CD)
アイヴァー・ボルトン&ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団


スクロヴァチェフスキ、ヤングに次ぐ「OEHMSレーベル ブルックナー・ツィクルス」の第3集はイギリスの指揮者アイヴァー・ボルトンが指揮したザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団の演奏。1982年からグラインドボーン音楽祭の指揮者を務めるとともに、1984年からはピリオド楽器を使用したセント・ジェイムズ・バロック・プレイヤーズを結成したボルトン。現代から古楽まで幅広いレパートリーを有しており、このブルックナーの演奏も、ピリオド奏法を取り入れた軽やかで透明感ある響きが特徴的。従来のような重厚な響きを重んじる聴き手の耳にも新鮮な風を送り込んだことで知られる演奏です。(輸入元情報)

【収録情報】
ブルックナー:交響曲全集(第1番〜第9番)


Disc1
● 交響曲第1番ハ短調 WAB101(リンツ版 1865/66)

 録音時期:2013年10月11-13日

Disc2
● 交響曲第2番ハ短調 WAB102(1872年版)

 録音時期:2015年10月2-4日

Disc3
● 交響曲第3番ニ短調 WAB103(ノヴァーク版 1889)

 録音時期:2007年10月25日

Disc4
● 交響曲第4番変ホ長調 WAB104『ロマンティック』(ノヴァーク版)

 録音時期:2008年4月25,26日

Disc5
● 交響曲第5番変ロ長調 WAB105(ノヴァーク版)

 録音時期:2004年5月4-6日

Disc6
● 交響曲第6番イ長調 WAB106(ノヴァーク版)

 録音時期:2010年10月23,25日

Disc7
● 交響曲第7番ホ長調 WAB107(ノヴァーク版)

 録音時期:2006年2月7日

Disc8
● 交響曲第8番ハ短調 WAB108(ノヴァーク版)

 録音時期:2009年4月15,16日

Disc9
● 交響曲第9番ニ短調 WAB109(1894年初稿・コールス版)

 録音時期:2005年11月10,11日

 ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団
 アイヴァー・ボルトン(指揮)

 録音場所:ザルツブルク祝祭大劇場
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
まだすべてを聴いたわけではないが、大きな...

投稿日:2018/05/22 (火)

まだすべてを聴いたわけではないが、大きなインパクトを受けた。かつてネヴィル・マリナーの登場時に受けたインパクトのような、と言ってみる。英国人らしいという形容はあまりに陳腐かもしれないけれど、あえて言ってみたいと思わせる。慎ましく、紳士的なブルックナーである。これほどスコアの隅々までクリアに聴こえるブルックナーの演奏に、これまで出会ったことは無かった。クリアで美しい響きが一貫して奏でられる、耳の大掃除が出来るブルックナーで、存在価値は大きいと思われる。ただ、その反面、やはりネヴィル・マリナーにも感じた壁のようなものを、この演奏から感じてしまうことも事実。あまりに慎重で、緻密な音量バランスの設計は、時に脆弱さや物足りなさを覚えてしまうことは仕方あるまい。多様な芸術を味わいたい。

林檎太郎 さん | 長野県 | 不明

0
★
★
★
★
★
掘り出し物のセットである。まだ全部聞いた...

投稿日:2017/09/15 (金)

掘り出し物のセットである。まだ全部聞いたわけではないが、快適なテンポでサクサク進む。最悪のダレ感は一切なく早すぎることもなく、リズム感の良い大変ノリの良いブルックナーだ。どのナンバーも特にスケルツォが踊りたくなるほど楽しい。当該楽章だけを繰り返し聴いてしまうのは滅多にあることではない。また、編成のせいか個々の楽器のメロディラインが聞き取りやすく、特に木管楽器の美しさは特筆していいだろう。何より嬉しいのは、全曲どこを、たとえ大音量で聴いても決してうるさくならないところだ。逆にいうと音圧的迫力はないのだが、私のようなやかましいブルックナーが苦手な者には最適だ。無論、小音量でもブルックナーが十分楽しめることこそ、この演奏の本領か。録音も上等だ。毎日のお供にしたいブルックナーである。

ゆりぞう さん | 兵庫県 | 不明

5

Symphonies Items Information

  • Furtwangler / Bayreuth 1951 German Edition. In 1951 Wilhelm Furtwangler twice demonstrated his inspired approach to Beethoven’s Ninth Symphony within... HMV&BOOKS online|2008/02/01

Recommend Items