奥華子 商品ユーザーレビュー

奥華子 | 商品ユーザーレビュー | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV ONLINE】では、2,500円以上(税込)で送料無料!(一部商品を除く) 【エルパカBOOKS】では、本・雑誌・コミックなどを取り扱い、1000円以上(税込)のご購入で送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

%%header%%閉じる

%%message%%

奥華子

登録

登録

奥華子の商品ユーザーレビュー一覧

こちらは奥華子の商品ユーザーレビュー一覧です。

奥華子の商品ユーザーレビューをメディアで探す

検索結果:34件中1件から20件まで表示

  • DVD バンドライブツアー'11“シンデレラ”/CONCERT TOUR'12 弾き語り〜5th Letter〜バンドライブツアー'11“シンデレラ”/CONCERT TOUR'12 弾き語り〜5th Letter〜

    ★★★★★ 

    黒メガネで挑んだ、シンデレラツアー!オールスタンディングで珍しい映像と、44ヵ所、45公演の規模で行った5thLetterファイナルの映像です。行かれたかたは、勿論、参加できなかったかたも必見の映像です。ファンは勿論、全ての方に観ていただきたい!華ちゃんがファンを大切に思う気持ちと、ファンと一緒になってライブを作り上げていく感覚が凄くよくわかります。ファンのために書いたという、”元気でいてね”のアカペラVerや、東日本大震災の影響を受けた少女からのメールをもとに作った”悲しみだけで生きないで”は本当に心ふるえます。★5つでは足りないくらい、素晴らしい映像です。購入間違いなし! さらに現在編集作業に入ってるスタッフのツイッターで ”毎日毎日、DVD用のトラックダウンに明け暮れる。それにしても、あの日の奥華子の悲しみだけで生きないでは凄かった。終わった後、会場の全員が拍手していいのか解らない沈黙の5秒間は、後にも先にもこの時だけ”という映像絶対楽しみです。*商品を持っていますか?の質問で持ってないと答えたのはまだ、発売前だからです。もちろん予約しています。
  • CD good-byegood-bye

    ★★★★★ 

    今までのアルバムに続き素晴らしいです。奥華子の声は、一回好きになると中毒性があります。自分は、母音ののばし方が大好きで、それが聞きたいがために聞き続けてます。今まで奥華子をあまり知らなくて興味を持った人は、VOL.BESTから順番に聞くと、この歌い方の曲が好きとか、この声の出し方が好きなど、いろいろ感じさせてくれるアーティストです。最近少なくなってきた、アルバムでこそのアーティストなのでお勧めです。
  • CD 奥華子BEST -My Letters-奥華子BEST -My Letters-

    ★★★★★ 

    アニメ映画「時をかける少女」の主題歌「ガーネット」を目当てで買って聴いたけど、他の曲も素敵な曲が多いですね。すっかりハマっちゃいました。優しいボーカルとメロディは、とても心が癒されます。他のオリジナル・アルバムも聴いてみたくなりました。
  • CD good-byegood-bye

    ★★★★★ 

    ▲トレードマークであった「赤メガネにパンツスタイル」を「黒メガネにスカート」に変えるというイメージチェンジをしたことで 話題をあつめた 奥華子 待望の 6th アルバム。2012年 2月22日,約1年半ぶりにリリースされた。  ▲前作「うたかた」をひっさげての全国ツアー“4th Letter”の最終公演の直前に東日本大震災があり,その結果,ツアー最終盤で公開され,6月に次のシングルとなる予定であった『シンデレラ』は,「今,歌いたい歌ではない」との奥華子本人の判断により,セレクションアルバムにさしかえられていた。  ▲その後の活動は「スマイルライブ」と称した無料ライブと学園祭への出演が中心になり,『シンデレラ』のシングルとしてのリリースが発表されたのは10月になってから。年末の,奥華子史上初のオールスタンディングによるバンドライブツアーを経て,ようやく,アルバム制作と全国ツアーという活動のローテーションへ復帰することとなった。  ▲本作は,この,2012年 1月11日にシングルとしてリリースされた『シンデレラ』,カップリングの『卒業の時』の弾き語りバージョン,スマイルライブの核として歌われてきた『君の笑顔』の編曲バージョンのほか,2011年末のバンドライブで披露された2曲と,新曲7曲,提供曲のセルフカバー2曲の全14曲からなる。  ▲▲曲調を全体的にみると,奥華子史上,もっとも明るく,豪華な編曲がほどこされたアルバムとなった。『シンデレラ』が島田昌典の編曲で発表されたのも衝撃的だったが,今回のアルバム曲では他に,小林信吾,YANAGIMANという大物アレンジャーを新たに むかえている。また,スマイルライブで弾き語りをつづけてきた『君の笑顔』は『ガーネット』と同じ佐藤準の編曲。多彩なアレンジを楽しむことができる。  ▲さらに特筆すべきは,昨年末のバンドライブツアーのときのバンド編成で演奏された曲たち。『ロスタイム』,『TAKOYAKI』,『GOOD BYE !』に くわえ『愛してた』が それに ふくまれる。ツアーで醸成されたバンドメンバーとの信頼関係によるものだといえよう。  ▲一方で,奥華子がひとりでピアノ・キーボードの演奏をしている曲も4曲ある。この曲数もまた,従来のアルバムと比べて決して少ないほうではない。アルバムの曲順やどの曲をどのようなスタイルで演奏するかの決定は奥華子にまかされてたらしい。かなりの手ごたえが あったのだろう。本人も「満足のいく自信作となった」と かたっている。  ▲▲アルバムタイトルの「good-bye」は,収録曲が13曲まで でそろった段階で,それぞれの曲にある共通点に気がつき,それをタイトルにしたものだという。そして,タイトルをきめたあとで 14曲目の『GOOD BYE!』をつくり,追加した。いわゆる失恋ソングはもちろんのこと,家族や動物との別れ,卒業という人生の節目となる できごとなど,おおくの曲が何らかの別れをテーマにしている。だが,奥華子がこのアルバムで表現したいのは,悲しい別れではなく,別れを経て,あたらしい自分が うまれてくる すがただという。  ▲そのテーマは,震災後,被災地をまわって感じたこと,考えたことでもあり,同時に,奥華子の音楽スタイル自身が,転機をむかえ,本人が自分自身,再度,かわっていきたいと おもうようになったということの あらわれでもある。  ▲インディーズ時代の奥華子はライブハウスを中心に活動していたが,なかなかファンがふえず,のびなやんでいた。そんなときに現在のプロデューサーと であい,「このままで いいのか」と いわれ,歌いかたも,活動スタイルも,服装も,変えた。ノン・ビブラートの歌唱法も,路上で弾き語りをするようになったのも,赤メガネにジャージ,もしくはカーゴパンツというスタイルも,そうして うまれたもで,以後,コンサートツアーのスタイルも ほとんど弾き語りで とおしてきた。  ▲未成年の女性ファンが ふえ,『楔』のような失恋ソングに人気が集まったことから,「究極の失恋ソング」をつくってみようとして できた 10thシングル『初恋』がヒットしたことで,奥華子は いつのまにか「失恋ソングの女王」などと よばれるようになった。かつては社会派の歌,エコロジーをテーマにした歌,人生のさまざまなシーンをテーマにした歌などもおおかったが,期待にこたえようとライブでは『初恋』や『恋』をおおく歌うようになった。  ▲こうして実績をきずいてきた流儀の かずかずが,いつのまにか 「こうでなければならない」という おもいこみに かわってしまっていると感じるようになったのだろう。今回のアルバムが,本人いわく「ふしめとなる,新しい奥華子の出発」だというのは,そうした おもいこみをすて,いま,もっている自分の可能性を最大限に発揮しようとしたからに ちがいない。「いつか やろう」ではなく,「いま,やりたい」と おもうことで,不必要な こだわりは すてなければならないと気がついたのではないだろうか。  ▲奥華子自身は,恋愛において,うじうじするようなタイプではない。むしろ,「ふられたら,次!」というような きりかえをするタイプだという。『初恋』をつくったときも,最後に「悲しいけれど,のりこえて歩きだとう」というような意味の歌詞をつけようとしてみたらしい。そのときは,曲として,それでは徹底しないと判断したとのことだが,奥華子本人の性格と『初恋』の歌詞の世界との間には,ちょっとしたズレがあり,この曲がヒットしてしまったがゆえに,大切な曲だといい,ライブでは必ずといってもいいほど歌うわりには,どこか妙に,うまく歌えなかったこともあった。そう かんがえると,『シンデレラ』は,このギャップを解消するための曲に なっている。本人いわく,「失恋ソングだけど,明るくて前向き」な歌。このコンセプトは,恋愛の領域に とどまらず,喪失→再生という,『君の笑顔』にも つらなる 普遍性をもつ。(考えすぎかもしれないが,わたしは,イメージチェンジにあたって,赤メガネが「黒」になったのは,震災後の情況をうけて喪失のシンボルとしての「黒」を身につけながら,再生の歌を歌うという姿勢をあらわしたものではないかと おもったりもした。)こうした強いメッセージは『GOOD BYE!』の歌詞に はっきりと あらわれているし,「最後にお願い 好きな人の忘れ方を教えて」という『ロスタイム』に はじまり,「今 この胸にあなたが生き続けている … 幸せは なるものじゃなくて きっと心で 気づいてゆくものだから」という『足跡』で おわる,このアルバム全体をとおして きいたときの構成のなかにも 説得力をもって せまってくるものとしてある。  ▲▲魔法が解けたシンデレラは,そこから,自分の ちからで あるきだす。路上で急にCDが3倍うれるようになったという赤メガネは魔法アイテムだった。極端なまでにビブラートも,声色も つけず,感情すら こめないかのような うたいかたも,奥華子最大の武器であることには ちがいないが,それに たよって 売れようとするのであれば,ちょっと ちがうはずだ。そして,ひとりの路上,ひとりのステージ,ひとりの弾き語りというスタイルも,「自分で できることは自分で する」という姿勢としてなら立派だが,なにも楽曲のすべてをひとりでつくること自体に価値があるというふうに かんがえていたのなら,意味あいが ずれてしまっている。「うたかた」で編曲をこころみ,バンドライブツアーでメンバーと場所を共有し,協力して歌をつくり,見せていくことを体験し,おおくのミュージシャンやアーチストと であい,いっしょに作業をするなかで,そのとき,その場所で,その曲をつたえるために,自分が つかうことのできる方法は なんでも つかい,可能性を最大限,実現してみせることに,踏みだした。それは,あともどりでもなく,過去をすてることでもない。自分らしさに こだわっているわけでも,他人の まねをしているわけでもない。ひとりで弾き語りをするスタイルの4曲をふくめ,さまざまな曲のジャンル,歌詞の内容,演奏スタイル,曲によって選択できる歌唱法に開花したニュー華子の はじまりであると とらえたい。 (人名敬称略)
  • CDマキシ シンデレラシンデレラ

    ★★★★★ 

    魔法が解けたシンデレラ。 キラキラしたサウンドの中に見せる切ない歌詞が、たまらなく愛しくなる。 ずっと好きだった”あなた”を、時に疑ってしまった。 気持ちを確かめるため、「別れたくない」の言葉が聞きたくて、「別れよう」と言ったら、返ってきたのは「今までありがとう」の言葉。 そのときはとても思い出にはできなかったけど、少しずつ時を過ごしながら思い出に変えていく。 そんなシンデレラが魔法が解けてからの物語。 今までの奥さんのシングルはバラード調の失恋ソングが多かったけど、今作では失恋ソングではあるが、それを受け止めて前へ進んで行こうという姿が、キラキラしたアレンジとも重なり、ただ切ないだけじゃなく、聴いていると心が温かくなってくるような曲に仕上がっている。 また、ジャケットやPVを見ると、トレードマークの赤メガネが黒メガネになっているだけでなく、スカートを履いていることからも、この「シンデレラ」が今までにない曲になっていることがわかる。 切ないけど、ほんのり温かい。 そんな奥さんのまた新たな一面が見れる一曲です。
  • CDマキシ シンデレラシンデレラ

    ★★★★★ 

    ★★★★★★魔法が とけてから はじまる “わたし”の物語 /     キラキラしたサウンドも! じっとりシリーズも!★★★★★★   ●   ●   奥華子 待望の 12thシングルは,ポップな曲調の キラキラ・サウンド。  ●   ジャケット写真をみれば わかるように,奥華子は この曲のために トレードマークであった 赤メガネを「黒」にし,メジャーデビュー後の6年半,プライベートですら はいていなかったというスカート姿で活動することにした。ポニーキャニオンも発売前からPVをフルコーラス公開するなど,強気の販売戦略。曲をきくために買うCDではない。曲をきいたからこそ買うCDである。  ●   ●   ラジオで,テレビで,街の有線で…。ながれてくる『シンデレラ』を すこしでも きけば,ノリのよいポップなサウンドが印象に のこる。編曲は島田昌典。aikoのインディーズ時代からの音楽プロデューサーであり,いきものがかり,JUJU,FUNKY MONKEY BABYS,秦基博などの楽曲をてがけている。いま “売れ線”の音をうみだしているのは この人だといっても いいだろう。その,ききやすい,いかにも きいたことのありそうなサウンドに のっているのは,「声だけで泣ける」と評され,路上ライブで10万人を止めた魔法の声。はじめて聞いた人でも,歌詞のすべてが はっきりと ききとれるはずだ。そして,しばらくすると, <     「あっ,これは失恋ソングなんだ」 >  ということに気がつくだろう。  ●   ●   奥華子本人いわく “まえむきな失恋ソング”。その あかるい曲調が 語るのは,ささやかな個人の ものがたりに すぎない。とつぜん ふれらて よわってしまった女性が やがて すこしだけ たちなおっていく。その,わずかな変化を歌にしただけのことだ。 <   「わかれたくない」と いってほしくて /   「わかれよう」と いったら /   「いままで ありがとう」と いわれた… > 本人にしてみれば悲惨。だけど,どこか滑稽に みえる主人公が,おちこみは するのだけれど それでも がんばる。そして,自分をふった あいてに いつか自分も「ありがとう」と いえるようになりたいという話。歌詞のなかに「あなた」は でてくるけれど,歌詞が えがいているのは 最後まで「わたし」の内面である。だが,この歌詞は,マイナスな心がプラスに転じる瞬間を ていねいに きりとっている。歌いあげているのは,きずついた人間が自分をいやす ちからだ。キラキラしたサウンドは,そんな,心の底の みえないところで はたらいている ちからの躍動だと かんがえれば,いっけんミスマッチな歌詞との関係にも 納得が いくだろう。  ●   曲のはじまりと おわりに ストリングスで 銅鑼のような音が はいっているのにも 注目してほしい。まるで,魔法が かかるときと,それが とけるときの音のようである。恋人が できて,つきあいはじめたときは,魔法が かかったように 世界が きれいにみえる。もちろん,それは すばらしいことだ。(奥華子には『魔法の人』という めずらしく しあわせな楽曲もある。) だが,それが魔法なのだと おもえば,失恋して世界が くらくなったとしても,自分をせめる必要はない。人は,魔法が とけてから,自分の ちからで あるきだす。その ちからこそ 根源的だ。実は,魔法だと おもっていたものも,その ちからから うまれてきた 花のようなもので,根や茎が しっかりしていれば,花は また さいてくれる。  ●   奥華子が イメージチェンジのために 赤メガネをやめたというのも象徴的だ。路上ライブ時代に 赤メガネを つけて 歌ってみたら,その場でCDが3倍 うれるようになった。そんな実話から,これまで 赤メガネは奥華子の必須アイテムであると されてきた。まさに,奥華子にとっての赤メガネは シンデレラにとっての魔法のようなものだった。しかし,いうまでもなく,メガネの色だけで曲が うれるはずはない。すべては,楽曲そのものの ちからが あってこその話だ。今回,奥華子は みずから“魔法”をといて,新曲『シンデレラ』で勝負する決意をみせたといって よいだろう。  ●   ●   実は,『シンデレラ』は,2011年の春にリリースされる予定だった。はっきりとは あかされていないが,一度はレコーディングまで したらしい。それが延期になったのは,奥華子自身が,震災後のこの時期に この曲は歌えないと,つよく主張したからだという。周囲の迷惑をしりながらも,奥華子は計画を全部 変えた。つくりかけていた『君の笑顔』という別の曲を完成 (初OAは 4月16日) させ,2011年の夏まで被災地をふくめ,全国各地で スマイルライブと題した無料ライブをおこなった。 ●全国ツアー 4th Letterの最終盤でグランドピアノ弾き語りで初披露された『シンデレラ』は,この スマイルライブの期間中,完全に封印された。それが ふたたび聞けたのは 7月11日の逗子海岸での「音霊」だった。なんと,パーカッションに演奏者をむかえ,手拍子をもとめての歌唱だった。●それからシングル発売まで さらに半年。11月19日のCD音源の初オンエアまででも4か月かかっている。時間が かかったのは,歌詞をてなおししたり、アレンジをやりなおしたということもあるが,その間も,奥華子は しばしば被災地をおとずれ,また,被災者のファンからのメッセージに ていねいに返事をかきつづけていたらしい。  ●   ポップな曲調の この曲が 震災後の日本の状況に あわなくて 発売が延期されたという説明は うそでないだろう。そうであれば当然,では,つぎは どのタイミングでリリースするかということについて,スタッフも 本人も,真剣に なやんだはずである。そう おもって曲を聞き,メガネを黒くして歌うようにしたことを あわせて かんがえてみると,この曲じたいが,もっと ふかいところで,あちこちに ちらばった かなしみに よりそいながら,そんな状況のなかからも 勇気をふるって生きていこうとする人たちへの共感に なっていることに 気がつく。延期後のリリース時期の決定に あたっては,いまの この時期ならば,この “まえむきな失恋ソング”の,キャッチーなサウンドの下に こめられた思いが きっと うけいれられると考えたのではないだろうか。わたしは そう,想像する。  ●   ●   ●   ●   カップリングの『卒業の時』は,かなり前に つくられたが 未収録だった曲。10thシングル『初恋』の初回特典として,ワンコーラス分の携帯ダウンロードが可能になっていたが,今回,あらたに編曲されて,フルコーラスが収録された。ちなみに『初恋』は,それをもって「奥華子といえば 失恋ソング」と いわれるようになった ヒット作である。  ●   『シンデレラ』の キラキラしたサウンドをきいて このCDを購入した人は,『卒業の時』で,普段の奥華子の曲調をしるだろう。シンプルなアレンジで,歌と声の ちからだけで きく人の心に ひびく曲。奥華子は,このような曲をたくさん うみだしてきた。  ●   そして,もっとディープな奥華子の世界をしるためには,3曲目から5曲目のライブ収録音源をきいてほしい。2010-11年の全国ツアー4th Latterのコンサートでの佳境,“じっとり”シリーズの3曲である。路上ライブ出身の奥華子は,このような弾き語りのスタイルで支持をあつめてきた。たぶん、奥華子じしんにとっても、ながくファンである おおくの ひとにとっても,CDは ショーウインドウのようなもので,CDに ある楽曲を バンドのいないライブの ひとりの舞台で どのように弾き語りするかというところが注目のまとであるはずだ。曲が完成するのは,CDが でた 後なのである。ちょうど,シンデレラの魔法が とけた あとに,その人の自分の あゆみが はじまるように。  ●   CDを買って,きいたら、つぎは ぜひ、ライブに でかけてほしい。そして よかったら、ライブ活動をささえるために、また つぎの2月22日発売のアルバムを買ってほしい。
  • DVD 2007春コンサート: Time Note At 渋谷c.c.lemonホール2007春コンサート: Time Note At 渋谷c.c.lemonホール

    ★★★★★ 

    このDVDは、2007年4月21日に渋谷のC.C.Lemonホールにて行われた、奥 華子コンサートの模様を収録したものです。 全編弾き語りのコンサートですが、バンドスタイルのものよりも、優しく切なく、時に力強く歌い上げる彼女の歌声や、見事としか言い様のない鍵盤捌きを堪能できます。 いやぁ、ホントに彼女の歌声は素晴らしい!!! 私は1曲目から涙腺崩壊してしまいましたよ。。。 今現在は、被災地支援、そして日本を笑顔にする為の『スマイルライブ』で全国を駆け回っている彼女ですが、いつかこのコンサートの様なホールで、その歌声を聴いてみたいです。 とにかく、素晴らしいライブDVDですので、皆さんにも是非購入して、その素晴らしさを味わってほしいです。
  • CD Time NoteTime Note

    ★★★★★ 

    奥華子をまだ知らない日本中のみんなに聞かせたくなるような、とても素晴らしい曲ばかりだと思います。
  • CD うたかたうたかた

    ★★★★★ 

    ピアノ中心のシンプルな楽曲に、ひねくれていない歌詞と声だから、読書しながらも、日記つけながらも、ドテっと寝ながら聴くも好しな。泡沫≠ニいうオープニング曲なんか黒いイメージもあって、狂気じみていないローラ・ニーロかもよ?
  • CDマキシ 初恋初恋

    ★★★★★ 

    普段はクラシックしか聴かない30代オヤジですが、コンビニでこの曲が流れているのを聴いたのが購入のキッカケでした。 「あなたは友達、今日から友達…」このフレーズをネットの検索にかけたら、出てきたのが、「奥華子」というアーティストの「初恋」という歌だったのです。約5年ぶりにクラシック以外のCDを購入する事となりました。男である自分が、この曲の詩にこんなに共感できる理由がよく分からないのですが、なんとも胸が締め付けられるような気持ちになります。女の子は大切にしないとダメですね。 車を運転しながらこの曲を聴くときには注意しましょう。涙腺が飛んでいってフロントガラスを破壊する危険性があります。 ヤマハの20万円のアンプとDENONのSACDプレイヤー、ディナウディオのスピーカーで聴いていますが、録音はこのシステムによく合うと思います。最高に心を癒やしてくれるひと時を与えてくれた奥華子さんに感謝です。
  • DVD はじめてバンドで歌います!はじめてバンドで歌います!

    ★★★★☆ 

    バンドが入ると雰囲気がこんなにも変わるものなんですね。個人的には弾き語りの方が好きです。このDVDにもDTS、5.1chサラウンドが収録されていません・・・。
  • DVD もちろん1人で弾き語り!もちろん1人で弾き語り!

    ★★★★☆ 

    ぐっと惹き付けられる声、そして鍵盤の音。その二つのハーモニー。最高にいいです!でも、2007年に発売されたDVDにはあったDTS、5.1chサラウンドの音声が収録されていないのが残念。
  • DVD 2007春コンサート: Time Note At 渋谷c.c.lemonホール2007春コンサート: Time Note At 渋谷c.c.lemonホール

    ★★★★★ 

    もう、何も言うことはありません。毎日観ています!永久保存。
  • CDマキシ ガーネットガーネット

    ★★★★★ 

    私も「時をかける少女」で奥華子さんを知りました。BD版で初めて「時かけ」を観ましたが、購入してから毎日観ています。主題歌の「ガーネット」、これはもう超大ヒット!映画を観て即、購入を決めて、現在CDが届くのを待っています。BDに収録されているミュージッククリップを何度も観ています。今も。
  • CD 恋手紙恋手紙

    ★★★★☆ 

     とにかく、名曲ばかりどの曲も素晴しいの一語につきます。皆に買ってくばりたい位です。ぜひ、ぜひ 聞いてみて
  • CDマキシ ガーネットガーネット

    ★★★★★ 

    私は『時をかける少女』を観て奥華子さんを知りましたが、こんなにも映画のイメージにあった曲を書ける奥さんはすごいと思います。 どちらの曲も歌詞・歌声・メロディー全てが映画にあっていて、本当に素晴らしいです。もし興味がありましたら是非映画を観ることをおすすめします。曲の良さが一層ひきたつはずです!!
  • CDマキシ ガーネットガーネット

    ★★★★★ 

    ガーネット、変わらないもの、どちらも心に響いてくる青春の歌。 ちゃんと歌詞を聴いてみてください!!かなぁり泣けます。もぅ、超HITですよ♪
  • CDマキシ ガーネットガーネット

    ★★★★★ 

    「あ、これいい歌だ。」と直感したのが『変わらないもの』。一度聴いたら忘れられない歌だ……衝動買い。
  • CDマキシ 小さな星小さな星

    ★★★★★ 

    最近ラジオでよく流れていて、耳から離れない曲です。サビの♪もっともっと近くにいてね〜 からは本当に胸がキュンとして、思わず守ってあげたくなってしまいます。癒されます☆ 1月末にある福井でのライブ楽しみにしてます。
  • CDマキシ ガーネットガーネット

    ★★★★★ 

    彼女の曲は、どこか懐かしいようで、悲しい気持ちそして少しの希望を与えてくれます。駅でのライブを聴いた時、直感的に「すごくいい!」と思い、その日のうちにアルバム購入していました。『やさしい花』も好きですが、この4枚目のシングルは、今までの作品よりも彼女自身の成長した姿やちょっとした変化が反映されていると思います。 これからの奥華子の作品も期待させる一枚です。

検索結果:34件中1件から20件まで表示

このページをご覧の皆様へ
HMV.co.jpでは、CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなど税込2,500円以上のお買い上げで、国内一括配送の配送料が無料となります。(一部送料有料指定商品を含む場合は有料となります)
本・雑誌・コミックを含むお買い上げ合計税込1000円以上のご注文も、国内一括配送料無料となります。(非会員購入は対象外)
国内最大級のECサイトです!Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

HMV.co.jp

情報の一部は(C)2014 Rovi Corporation., japan music data.により提供されています。
また、書誌データの一部は「BOOKデータベース」(著作権者:(株)トーハン/日本出版販売(株)/(株)紀伊國屋書店/日外アソシエーツ(株))の情報です。

HMV.co.jpの表示価格はオンラインでの買物のみに適用され、HMV店舗の表示価格と異なる場合がございます。

株式会社ローソンHMVエンタテイメント 東京都公安委員会 古物商許可 第302171105567号
Copyright © 1998-2014 Lawson HMV Entertainment, Inc