CD 輸入盤

マーラー:交響曲全集&歌曲集 バーンスタイン&VPO、コンセルトヘボウ、NYP、他(16CD)

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4590802
組み枚数
:
16
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

人気最高のマーラー全集!バーンスタイン / マーラー:交響曲全集(16CD)
1966年〜1988年にかけて収録。作曲者とつながりの深かったウィーン・フィル、コンセルトヘボウ、ニューヨーク・フィルを指揮してバーンスタインが思いのたけをぶちまけた過激でヘヴィーな演奏が集まっています。
 特に2番や3番、7番、9番といった大作での力のこめようは尋常ではなく、3度目のハンマーを復活させた6番など驚くほかないのめりこみぶりです。
 なお、当全集では『大地の歌』は同じユニヴァーサル・グループのデッカの音源を使用しています。いわずと知れたフィッシャー=ディースカウとの強烈な演奏で、第4曲など実に面白い仕上がり。第6楽章コーダ大詰めでの盛り上がりにも凄いものがあります。 また、当全集には交響曲と関係の深い歌曲集も数多く収録されています。ハンプソンとの『さすらう若者の歌』、『亡き子を偲ぶ歌』、『リュッケルトの詩による5つの歌曲』に、ポップ&シュミットの『子供の不思議な角笛』といったラインナップで、歌唱水準はどれも非常に高度。オーケストラの精妙かつ豊かな感情を湛えた伴奏も最高です。
 ちなみに、交響曲は第1番から第9番までと第10番第1楽章を収録しています。

・バーンスタイン/マーラー:交響曲全集&歌曲集(16CD)
@交響曲第1番ニ長調『巨人』
A交響曲第2番ハ短調『復活』
B交響曲第3番ニ短調
C交響曲第4番ト長調
D交響曲第5番嬰ハ短調
E交響曲第6番イ短調『悲劇的』
F交響曲第7番ホ短調『夜の歌』
G交響曲第8番変ホ長調『千人の交響曲』
H交響曲第9番ニ長調
I交響曲第10番嬰ヘ短調〜アダージョ
J交響曲『大地の歌』
Kさすらう若人の歌
L亡き子を偲ぶ歌
Mリュッケルトの詩による5つ歌曲
N歌曲集『子供の不思議な角笛』[13曲]

DEGIJKLMウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
@CHNアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
ABFニューヨーク・フィルハーモニック
Aウェストミンスター合唱団
Bニューヨーク・コラール・アーティスツ
Bブルックリン少年合唱団
Gウィーン国立歌劇場合唱団
Gウィーン楽友協会合唱団
Gウィーン少年合唱団
KLMトーマス・ハンプソン(Br)
Nルチア・ポップ(S)、アンドレアス・シュミット(Br)
Aクリスタ・ルートヴィヒ(M)、バーバラ・ヘンドリックス(S)
Bクリスタ・ルートヴィヒ(M)
Cヘルムート・ヴィテック(B-S)
Gマーガレット・プライス、ジュディス・ブレゲン、ゲルティ・ツィオマー(S)、
 トゥルデリーゼ・シュミット、アグネス・バルツァ(M)、
 ケネス・リーゲル(T)、ヘルマン・プライ(Br)、ジョゼ・ヴァン・ダム(B)
Jジェイムズ・キング(T)、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)

レナード・バーンスタイン(指揮)

録音:1985年FH、1987年@〜DN、1988年EL、1990年KM、
   1966年J、1974年I、1975年G [@〜FHK〜Mデジタル]

収録曲   

ディスク   1

  • 01. 交響曲 第1番「巨人」 第1楽章:Langsam.Schleppend.Wie ein Naturlaut-Im Anfang sehr gemachlich
  • 02. 交響曲 第1番「巨人」 第2楽章:Kraftig bewegt,doch nicht zu schnell-Trio.Recht gemachlich
  • 03. 交響曲 第1番「巨人」 第3楽章:Feierlich und gemessen,ohne zu schleppen
  • 04. 交響曲 第1番「巨人」 第4楽章:Sturmisch bewegt
  • 05. さすらう若人の歌 1.君がとつぐ日
  • 06. さすらう若人の歌 2.露しげき朝の野辺に
  • 07. さすらう若人の歌 3.灼熱せる短刀もて
  • 08. さすらう若人の歌 4.君が青きひとみ

ディスク   2

  • 01. 交響曲 第3番 第1部 第1楽章:Kraftig.Entschieden
  • 02. 交響曲 第3番 第2部 第2楽章:Tempo di Menuetto.Sehr maBig
  • 03. 交響曲 第3番 第2部 第3楽章:Comodo.Scherzando.Ohne Hast

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
20
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
DG COLLECTORSから歌曲を除いた11枚組の全...

投稿日:2013/05/06 (月)

DG COLLECTORSから歌曲を除いた11枚組の全集が出ているが、こちらはそれ以前に出た16枚組の方。歌曲を聴けるというのもうれしいが、カップリングに余裕があるというメリットも大きい。それでも、第2番は第3番の後ろに収録されてしまっている(あと、第10番の後ろから第8番が収録されている)。 また、この全集では、CDの入っている内袋(紙ジャケット)に1枚ずつマーラーの写真が使われていて、日常的なスナップなので外箱に使えるような品質ではないが、それだけに見ていてほほえましくなるようなものもあって貴重。 演奏は言うまでもなく現代最高のマーラーである。第9番にはより気合の入ったライブ録音も存在するが危うさと紙一重であって、私にはこの全集に収録されている第9番の方が好ましい。

楽山子 さん | 北海道 | 不明

1
★
★
★
★
★
 バーンスタインのマーラーには“ドラマ”...

投稿日:2012/05/18 (金)

 バーンスタインのマーラーには“ドラマ”がある。元々ドラマティックに書かれている作品たちだから,客観的なアプローチであってもドラマティックに仕上がる。インバル,シャイー,M.T.トーマス,ジンマン…それぞれ,マーラーのドラマティックな音楽の素晴らしさを伝えてくれた(いずれも高音質で!)。が,バーンスタインはただでさえドラマティックな作品に,更にドラマを積み重ねる。ドラマティックな作品をドラマティックに演奏して聴かせてくれる。その相乗効果たるや凄まじく,音が音楽が耳に押し寄せてくる。  第1番の冒頭,キーンと鳴っている弦の上を木管がさえずる…その時,私は野原に立って,鳥がさえずるのを聴いている。第2番では,彼らの音に乗って,私が現実に経験した苦しさの記憶が押し寄せてくる。第3番では,昔の北海道旅行で体験した大自然に包み込まれている感覚を思い出すし,第4番では…と,全てが全てことごとく自己体験につながっていく。私の自己体験を音として感じてしまう。素晴らしい演奏は多々あれど,こんな風に聴かせてくれるのはバーンスタインだけです。

masato さん | 新潟県 | 不明

1
★
★
★
★
★
バーンスタインはマーラーの交響曲全集をD...

投稿日:2011/06/13 (月)

バーンスタインはマーラーの交響曲全集をDVD作品を除くと3度にわたって録音した唯一の指揮者であると言える。本盤におさめられた全集はその3度目のものであると言えるが、正確に言うと、バーンスタインは本全集を完成する前に惜しくも鬼籍に入ってしまったところだ。というのも、第8番、「大地の歌」そして第10番の新録音を果たすことができなかったからであり、それ故に、第8番については没後発見されたザルツブルク音楽祭でのライヴ録音(1975年)、「大地の歌」については英デッカにウィーン・フィルと行ったスタジオ録音(1966年)、そして第10番は2度目のDVDによる全集中の演奏(1974年)をCDに焼き直したものがおさめられているところである。このような若干の未完成というハンディはあるものの、本全集こそは、あまた存在する様々な指揮者によるマーラーの交響曲全集に冠絶する至高の超名全集と高く評価したい。バーンスタインは、かつてニューヨーク・フィルの音楽監督の時代には、いかにもヤンキー気質の爽快な演奏の数々を成し遂げていたが、ヨーロッパに拠点を移した後、とりわけ1980年代に入ってからは、テンポは異常に遅くなるとともに、濃厚な表情づけの演奏をするようになった。それは本全集においても例外ではなく、その演奏は、これまでの1度目、2度目の全集と比較してもテンポの遅さや濃厚さが際立っていると言える。しかしながら、他の作曲家による楽曲は別として、マーラーの交響曲や歌曲においては、こうしたゆったりとしたテンポによる濃厚さがすべてプラスに作用していると言えるだろう。そして、バーンスタインのアプローチは、ゆったりとしたテンポや濃厚な表情づけを基軸としつつ、変幻自在のテンポ設定や思い切った強弱の変化、そして大胆なアッチェレランドを駆使してこれ以上は求め得ないようなドラマティックな演奏を行っていると言えるところだ。マーラーの交響曲のテーマは、楽曲によって一部に例外はあるものの、基本的には死への恐怖と闘い、そしてそれと対置する生への妄執と憧憬であると考えるが、バーンスタイン以上にそれを音化し得た演奏は、テンシュテットによる最晩年の演奏以外には存在しないと言っても過言ではあるまい。こうした渾身の大熱演が我々聴き手の肺腑を打つのであり、前述のように、第8番や第10番、そして「大地の歌」など、1970年代以前の録音も一部に含まれてはいるが、本全集の各演奏こそは、史上最大のマーラー指揮者であったバーンスタインがその最晩年になって漸く成し得た究極の名演奏と言っても過言ではあるまい。マーラーに縁があった3つの超一流のオーケストラを起用したのも特徴であり、奥行きのある深沈とした表現が必要不可欠な第9番には北ヨーロッパの楽団ならではのくすんだいぶし銀の音色が魅力のコンセルトへボウ・アムステルダムを起用したり、壮麗な迫力を必要とする第2番にニューヨーク・フィルを起用するなど、各オーケストラの使い分けも実に考え抜かれた最善の選択がなされていると評価したい。第4番の終楽章ではボーイソプラノを起用するなど、若干のやり過ぎの感も否めないところではあるが、本全集全体の評価を貶めるほどの瑕疵があるわけではないものと考える。録音は、「大地の歌」と第10番を除くとすべてライヴ録音であり、とりわけ1970年代の録音である第8番や、本全集の最初の録音となった第9番など、やや冴えない音質のものも存在していると言える。数年前には、本全集全体のSHM−CD盤が発売されたが、リマスタリングされたものが第5番と「大地の歌」に限られており、音質改善効果がさほど見られなかったのは残念であった。いずれにしても、史上最高のマーラーの交響曲全集であり、今後はシングルレイヤーによるSACD&SHM−CD化をしていただくなど、更なる高音質化を大いに望んでおきたいと考える。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連する商品・チケット情報

交響曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト