SACD 輸入盤

弦楽四重奏曲全集 東京クヮルテット(2005〜2008)(8SACD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
HMU807641
組み枚数
:
8
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明


ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集
東京クヮルテット(2005〜2008)
SACDハイブリッド・ボックスで登場!


2013年、44年の長き活動に幕をおろした東京クヮルテット。2002年からの最終メンバー(マーティン・ビーヴァー、池田菊衛、磯村和英、クライヴ・グリーンスミスの4名)となってからは、ハルモニアムンディからレコーディングを発表していました。なかでも、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲全曲は彼らの活動のいわば最後の集大成として注目のプロジェクトとなっておりました。彼らの日本での演奏活動の中心地であった東京・王子ホールで、ハルモニアムンディ・チームがレコーディングを行ったことも話題となりました。
 このたび、そんなベートーヴェンの全曲がボックス化。しかも、通常盤のみでの発売だった作品18もSACDハイブリッドへとマスタリングが施された注目の高音質での登場です。大変お買得なこのボックス、東京クヮルテットという、音楽史上のいまや「レジェンド」的存在の集大成を聴くことができます。(キングインターナショナル)

【収録情報】
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集


● 第1番ヘ長調 op.18-1
● 第2番ト長調 op.18-2
● 第3番ニ長調 op.18-3
● 第4番ハ短調 op.18-4
● 第5番イ長調 op.18-5
● 第6番変ロ長調 op.18-6
 録音時期:2006年5月、2007年2月

● 第7番 op.59-1『ラズモフスキー第1番』
● 第8番 op.59-2『ラズモフスキー第2番』
● 第9番 op.59-3『ラズモフスキー第3番』
 録音時期:2005年4月26-29日

● 第10番変ホ長調 op.74『ハープ』
● 第11番へ短調 op.95『セリオーソ』
 録音時期:2007年11月
 録音場所:ニューヨーク、アカデミー・オブ・アーツ&レターズ

● 第12変ホ長調番 op.127
● 第14番嬰ハ短調 op.131
 録音時期:2008年5月
 録音場所:バード大学フィッシャー・センター・フォー・ザ・パフォーマンツ

● 第13番変ロ長調 op.130&大フーガ op.133(第5楽章カヴァティーナと、最終楽章のアレグロの間に演奏)
● 第15番イ短調 op.132
 録音時期:2008年8月、9月
 録音場所:東京、王子ホール

● 第16番ヘ長調 op.135
 録音時期:2007年11月
 録音場所:ニューヨーク、アカデミー・オブ・アーツ&レターズ

 東京クヮルテット
  マーティン・ビーヴァー(ヴァイオリン)
  池田菊衛(ヴァイオリン)
  磯村和英(ヴィオラ)
  クライヴ・グリーンスミス(チェロ)

 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連する商品・チケット情報

  • 【在庫特価】マッケラス/ベートーヴェン:交響曲全集 基本的に快速なテンポ設定と強めのアクセント、第2ヴァイオリンを右側に配した正統的な楽器配置は前回同様。第九以外は二管編成オーケストラによるタイトで刺激的な響きを追及しており... ローチケHMV|2017年11月7日(火)
  • 【在庫特価】ギーレン/ベートーヴェン交響曲全集 ギーレン・ファンにはおなじみの映像版ベートーヴェン全集から音声部分をとりだしたCD版全集。 ローチケHMV|2017年11月7日(火)
  • アファナシエフ/悲愴、月光、熱情(輸入盤CD) 自分が最高の演奏ができるという確信を持てるまで、新しい作品をレパートリーに加えないアファナシエフが、68歳にして初めて録音した3大ソナタ。輸入盤は通常CDでのリリースになります。 ローチケHMV|2017年10月27日(金)
  • いまに生きるベートーヴェン クラシック音楽界全体が来る2020年の楽聖<求[トヴィヒ・ファン・ベートーヴェンの生誕250年に注目している。ベートーヴェンの音楽を味わい尽くし、このメモリアル・イヤーを十二分に楽しむため本作品を通じて、この記念年にしっかり備えたい。 ローチケHMV|2017年10月6日(金)
  • 【在庫特価】ペーター・マーク&都響の芸術劇場「第九」ライヴ! 1990年東京芸術劇場でのライヴ録音。フル編成のオケを前にしたマークは相変わらず踊り弾むような軽快なテンポをとり、見通し抜群。物々しさは欠片もなくサクサクスイスイ進みます。 ローチケHMV|2017年9月22日(金)
  • 【LP】若きレジェンド、エフゲニー・キーシンのベートーヴェン傑作群録音 ソロ・リサイタル録音としては10年以上ぶり。現代屈指のピアニスト、エフゲニー・キーシンがドイツ・グラモフォンと専属契約。第1弾リリースとなったベートーヴェン・アルバムがアナログレコードでもリリース。 ローチケHMV|2017年9月22日(金)

室内楽曲 に関連する商品・チケット情報

  • ポチェキン・ブラザーズ/The Unity of Opposites Melodiyaレーベルが力を注ぐ「若い芸術家たち」に焦点を当てるシリーズの1枚。ポチェキン兄弟は、ロシアを中心に世界中でソリスト、デュオの両面で演奏活動を10年続けている俊英です。ヴァイオリン2台(もしくはヴァイオリンとヴィオラ)という組み合わせのアンサンブルは珍しく、兄弟は常に個性をぶつけ合いながらも、調和の取れた演奏を披露することで知られています。 ローチケHMV|5時間前
  • 【在庫特価】寺神戸亮&長澤真澄/モーツァルト:初期ヴァイオリン・ソナタ集 長澤真澄と寺神戸亮。日本の古楽界を牽引する2人の世界的名手が、「バロック・ハープ」と「バロック・ヴァイオリン」で奏でる神童モーツァルト初期のソナタ集。在庫限りの特別価格です。 ローチケHMV|1日前
  • ジュリアード弦楽四重奏団/エピック録音全集(11CD) 1962年から1966年にかけてジュリアード弦楽四重奏団がエピック・レーベルに残した録音をまとめ、さらに1956年にやはりエピックに録音していたアメリカの作曲家ベンジャミン・リースとウィリアム・デニーの弦楽四重奏曲を加えた11枚組です。 ローチケHMV|7日前
  • エッシャー弦楽四重奏団/ドヴォルザーク:『アメリカ』、他 SACDハイブリッド盤。SACDハイブリッド盤。ニューヨークを拠点として活動しているアメリカのカルテット、エッシャー弦楽四重奏団。メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲全曲録音でも注目を集めるなか、ドヴォルザークの『アメリカ』、チャイコススキーの第1番、そしてボロディンの第2番が登場します。 ローチケHMV|7日前
  • リッチ&アルゲリッチ/レニングラード・リサイタル1961第2集 リッチとアルゲリッチが1961年4月22日にレニングラードで行ったライヴで、前日の演奏(第1集)とはプログラムが全く異なります。『シャコンヌ』、フランクのソナタ、『悪魔のトリル』などが収録されています。 ローチケHMV|7日前
  • デュオ・ビリンガー/フランク:ヴァイオリン・ソナタ、他 ヨーロッパを中心に評価が急上昇中のドイツ期待の姉妹デュオ、ヴァイオリンのレア・ビリンガーとピアノのエステル・ビリンガーが、セザール・フランクのヴァイオリン・ソナタを携え、Rubicon(ルビコン)初登場! ローチケHMV|2017年11月29日(水)

おすすめの商品